抑肝散加陳皮半夏が不眠に効く

最近よくいらいらしたり、ちょっとしたことで怒りやすくなって寝付きが悪い、ぐっすり眠れないという方はいませんか?

でも睡眠薬に頼るのは副作用や依存してしまうのが怖い・・・そんなときは抑肝散加陳皮半夏という漢方薬がおすすめです。

この漢方薬は特に、体があまり丈夫じゃない、最近いらいらしている、胃腸が弱い、うつっぽい方に向いている漢方薬です。

 

漢方薬は普通の薬より副作用が少なくて睡眠薬のような依存性もありません。

「漢方薬って本当に効くの?」という声もありますが、漢方薬には医学的効果があることが最近多くの研究で証明されています。

実際に日本でも病院で処方してもらうこともできるので、その効果は認められています。

 

 

抑肝散加陳皮半夏の効果や使い方、副作用などについてこの記事で詳しくみていきましょう。

そもそも漢方薬ってどういうもの? 本当に効果があるの?

漢方薬は生薬と呼ばれる植物を乾燥させたものを複数組み合わせて作られる薬のことです。

漢方は中国から5~6世紀頃に日本で伝わり、日本でも独自の発展を遂げてきた歴史があります。

古くから漢方は経験によってこういった症状にや患者に効くと少しずつデータが集められてきましたが、最近になって西洋医学と同じように漢方が持っている医学的な作用についての研究が進んでいます。

 

漢方薬はいくつかの生薬を組み合わせることで、それぞれの欠点を補いあっているのが特徴です。

西洋の薬と比較するとがつんと飲んだその日から効くような感じではなく、少しずつ体質に働きかけて症状を改善していく感じです。

 

即効性はありませんがその代わりに副作用が少なくて依存性もないのが漢方薬のメリットです。

 

 

抑肝散加陳皮半夏の効果は? 抑肝散となにが違う?

抑肝散加陳皮半夏は、種類の生薬を調合して作られる漢方薬です。

抑肝散という別の似たような漢方薬がありますが、その名のとおり抑肝散に陳皮と半夏という生薬を加えたものがこの漢方薬です。

抑肝散との違いは、吐き気や腹痛の副作用が起きにくくなっていることです。

 

抑肝散加陳皮半夏に含まれる生薬について紹介します。

 

柴胡(サイコ)

セリの仲間であるミシマサイコという植物の根っこです。

解熱、炎症を抑える、鎮静の作用があります。

 

釣藤鈎(チョウトウコウ)

カギカズラという植物の茎です。

解熱、鎮静、血圧を下げる作用があります。

 

朮(ソウジュツ)

キクの仲間であるホソバオケラという植物の根っこです。

消化促進作用、血糖値を下げる作用があります。

 

茯苓(ブクリョウ)

マツホドといわれるきのこの一種です。

精神を安定させる働きがあり、その他にめまいや動悸に効果的です。

 

甘草(カンゾウ)

その名のとおりカンゾウという植物の根っこです。

アレルギーや炎症を抑える、解熱、ストレスをやわらげる作用があります。

 

川芎(センキュウ)

セリの仲間であるセンキュウという植物の根っこです。

鎮痛作用や血行を良くする働きがあります。

 

当帰(トウキ)

セリの仲間であるカラトウキという植物の根っこです。

鎮痛、炎症を鎮める作用があり、冷え性や貧血にも効果的で、女性の体調不良に特に有効です。

 

陳皮(チンピ)

これはミカンの皮を外で干して1年間乾燥させたものです。

炎症やアレルギーを抑える作用があるほか、消化も促進します。

 

半夏(ハンゲ)

サトイモの仲間であるカラスビシャクという植物の根っこです。

吐き気、めまい、頭痛を抑える効果があります。

これら個の生薬を組み合わせることで抑肝散加陳皮半夏うつ症状、いらいら、更年期障害、不眠症に効果的です。

元々体があまり強くない方で、胃腸が弱い方、いらいらで不眠症になっている方に有効です。

 

抑肝散加陳皮半夏には即効性がある? 効果が出るまでどれくらい?

先ほども書きましたが、漢方薬自体が体質に働きかけて少しずつ症状を改善していくものが多いので 抑肝散加陳皮半夏も即効性にはあまり期待できません。 

西洋の睡眠薬や抗不安薬といわれる薬は飲んだその日から、早ければ30分~1時間後には効果が出ます。

抑肝散加陳皮半夏の場合は、早ければ数日で遅ければ1ヶ月程度は様子を見なくてはいけません。

 

 

副作用や依存性を多少は我慢しても早く効果を感じたい場合は睡眠薬を使うしかありません。

寝付けない、眠れないときの睡眠薬はどれが良い?

ぐっすり眠れないときの睡眠薬はどれが良い?

 

 

抑肝散加陳皮半夏の使い方は?

漢方薬といえば「煎じて飲む」ものというイメージが強いかもしれませんが、現在日本で使われている漢方薬の多くは顆粒エキスという生薬を乾燥させて配合して顆粒状にしたものを使います。

顆粒エキスを粉薬のように直接飲むか、お湯に溶かして飲みます。

 

西洋の薬では薬ごとに何mgという錠剤やカプセルなどがあり、その量を調節して効き目を調節しますが、現在の日本で使われる漢方薬の多くは1日7.5gまでと決まっていて、1日2~3回食前または食事と食事の間に分けて飲みます。

抑肝散加陳皮半夏

引用元:いらいらや不眠に抑肝散加陳皮半夏

 

抑肝散加陳皮半夏は不眠症に効果的な漢方薬ではありますが、睡眠薬と違って寝る直前に飲むものではなく、1日に何回か飲む薬なのでそちらもご注意ください。

薬の作用で眠らせるというよりかは、漢方薬で体質を改善して眠りやすくするとイメージしてください。

 

 

抑肝散加陳皮半夏に副作用はある?

漢方薬は普通の薬と比べれば副作用は少ない方ですが、まったくないということではありません。

抑肝散加陳皮半夏に起こる副作用は、吐き気、胃の不快感、下痢などがあります。

ただし、陳皮と半夏に消化促進作用と吐き気止めの作用がありますのでそこまで多くはありません。

 

また、めったにありませんが偽性アルドステロン症という副作用があります。

偽性アルドステロン症では、体内でカリウムというミネラルが失われてしまい、むくみ、血圧上昇、だるさ、手足のしびれ、けいれんなどが起きてしまうことがあります。

これらの症状が出た場合、すぐに主治医に連絡を取って服用を中断するなど指示をもらってください。

 

 

抑肝散加陳皮半夏の価格

抑肝散加陳皮半夏の価格はツムラというメーカーのもので1gあたり15円です。

1日の通常量は7.5gなので、1ヶ月毎日処方された場合の薬代は、

7.5×27.7×30日=3,465円(健康保険適用で3割負担の1,040円)です。

実際にはこれに調剤料や健康管理料など薬局で料金が加算されます。

 

 

まとめ:抑肝散加陳皮半夏の効果、副作用 不眠には?

抑肝散加陳皮半夏種類の生薬を組み合わせた漢方薬で、不眠症に効果的です。

元々体が強くない、胃腸が弱い、いらいらやうつで不眠を持っている方に有効です。

 

内科など病院で処方してもらうことができるので、あなたに当てはまるようであれば主治医にお願いしてみてはいかがでしょうか。

 

漢方薬は、普通の薬のように飲んだその日からずばっと効くようなものではありませんが、その代わりに副作用が少なく、依存性や段々効きにくくなってくるということがないのがメリットです。

ただし、副作用は少ないといってもまったくないわけではありませんので、注意は必要です。