女性特有の不眠

排卵日や排卵前後、生理前になると眠れなくなる、そのせいか疲れが取れない、イライラする・・・

あなたはこんな風に困っていませんか?

 

これは実は肌をきれいにしてくれたり、女性らしさを作ってくれる女性ホルモンが原因かもしれません。

 

こちらで、女性ホルモンと睡眠の関係や排卵前後、生理前に眠れなくなるときの対処法について詳しく見ていきましょう。

女性ホルモンと睡眠の関係 排卵日前後や生理前に眠れなくなるのはどうして?

女性が生理の時期や排卵前後の時期に不眠になりがちなのは2つの女性ホルモンの働きが関係しています。

女性ホルモンにはエストロゲンプロゲステロンの2種類があって、この両方が睡眠とも大きく関わりがあるのです。

 

エストロゲンってどんな女性ホルモン?

女性らしさを作るホルモンです。

肌質や髪質を良くしてくれるなど女性らしさをサポートしてくれるほかに、睡眠や安心感・幸福感に関わるセロトニンというリラックスホルモンが作り出されるのを助けます。

 

エストロゲンの量は、排卵直前がピークで排卵が過ぎると一気に減ります。

その後、ある程度の量を保ちますが、生理前にまたぐっと減って、次の排卵までに少しずつ増えていきます。

 

なので生理が終わって排卵直前までは睡眠を促すセロトニンの働きが活発になるので、眠気が強くなってよく眠れます。

反対に排卵後のしばらくの間と生理前寝付きが悪くなったり、ぐっすり眠りにくくなってしまうのです

 

プロゲステロンってどんな女性ホルモン?

基礎体温を上げたり、妊娠を助ける働きを持つホルモンです。

人がぐっすり眠るためには、深部体温がゆっくり下がる必要があります。

深部体温がゆっくり下がることで眠くなったり、睡眠の質が良くなるのですが、プロゲステロンには深部体温を下げにくくしてしまいます。

 

プロゲステロンの量が多くなると寝付きが悪くなったり、眠りの質が悪くなってしまいぐっすり眠れないので、日中に強い眠気やイライラが起きてしまうことがあるのです。

 

プロゲステロンはエストロゲンとは逆に、排卵が終わってから次の生理まで分泌量が多くなるのでその期間は不眠に悩まされる方は多いと思います。

 

 

女性ホルモンだけじゃない! 女性が不眠になりやすい理由

女性の方は月経の関係で女性ホルモンが月の中で大きく変わるので、どうしても生理前後・排卵前後で体調不良になりやすくなりますが、その他にも眠れなくなってしまう理由がいくつかあります。

 

過剰なダイエットで栄養不足

女性ならダイエットをしている方は多いと思いますが、ダイエットのために食事の量を極端に減らしすぎてはいませんか?

ダイエットをしている女性のなかには、食事を減らせばやせるということでとにかく食事の量を減らしまくってしまう方がいます。

 

ですが食事全体の量を減らしてしまうと睡眠を助けてくれるセロトニンメラトニンといったホルモンの材料になるトリプトファンビタミンB6といった栄養が足りなくなって、眠りの問題が起きやすくなってしまうのです。

 

ダイエットで食事制限するときは炭水化物(ご飯やパン、麺)と脂質(油物)は抑えめにしても、タンパク質(お肉や魚)、ビタミン、ミネラルは減らさないように気をつけましょう。

※昔は肉を食うと太ると言われたものですが、今では肉を食べても太らないことが分かっています(太る主な原因は炭水化物と脂質)。

 

眠れないときに見直したい食事の内容について、詳しくは別の記事で紹介しているのでぜひこちらもご覧ください。

眠れない原因は食事かも? こんなもの食べてたら要注意!

 

鉄分不足で貧血が起きる

実は貧血も不眠や肩こり、憂うつな感じになったり、疲れやすくなるなど体調不良の原因になるんです。

女性はどうしても月経の関係で血が多く出てしまうので、そのぶん男性よりも血の材料になる鉄分が必要になります。

現代の食事だと、食事から毎日十分な鉄分をとるのが難しいので貧血に悩まされている女性は多いんです。

 

なかには普通の健康診断の血液検査だと分からない隠れ貧血の人もいます。

原因不明の体調不良に悩んでいたら、隠れ貧血も疑ってみてください。

詳しくは別の記事で書いていますので、ぜひご覧ください。

女性ならまず疑ってみて!眠れない原因は「貧血」かも

 

 

排卵日前後、生理前の不眠対策! 女性特有の眠れない日から抜け出そう

バランスの良い食事:トリプトファン、ビタミンB6、B12、鉄分は大事!

上にも書いたように、バランスの良い食事がまず不眠の予防に大切です。

特にセロトニンの材料になるトリプトファンやビタミンB6、血液の材料になる鉄分は大事で、その他にビタミンB12は人間の睡眠リズムを調節する働きを持っているのでこれも欠かさずとるようにしましょう。

 

お手軽に食べられてこういった栄養素が豊富なのはです。

卵焼き、目玉焼き、ゆで卵、他にも色々食べ方あって食べやすいし、すごく健康に良いですよ。

※昔は卵はコレステロールが高いから食べ過ぎるとダメ、と言われていたときがありますが、最新の研究だと卵をたくさん食べても問題ないということが分かってます。

 

大豆製品を積極的にとろう

大豆製品にふくまれている大豆イソフラボンが女性ホルモンのような働きをするという話を聞いたことがありますか?

日頃から大豆製品をとっていれば女性ホルモンのバランスの変化で起きる体調不良を小さくすることができるんです。

豆腐、豆乳、納豆など安くて普段の食事に取り入れやすいのでぜひ意識してみてくださいね。

 

体を冷やすものを食べたり飲んだりするのを控える

体が冷えることが多いと、自律神経が乱れやすくなっていろいろな体調不良が起こりやすくなってしまいます。

コーヒーで有名なカフェインは、体を冷やす効果があるほか目を覚ます効果もありますからなるべく控えましょう。

コーヒー以外にもカフェインが実はふくまれているチョコレートウーロン茶、体を冷やしてしまう冷たい飲み物ナスきゅうりは普段からあまり取りすぎないようにしましょう。

 

ピルを使う

ピルは経口避妊薬ということで有名だと思いますが、実は中身は女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンです。

ピルを使うともちろん避妊にもなるのですが、月経の周期で女性ホルモンの量が大きく変動してしまうショックをやわらげてくれます。

 

ピルは、排卵前には極端に眠くなる、生理前と生理後しばらくすると眠れなくなるという症状の波も抑えられますし、生理痛やPMS(月経前症候群)も軽くすることができます。

 

副作用が気になる方もいると思いますが、現在使われているピルは正しく使えば副作用はほとんどありませんので安心してください。

ただし、タバコを吸う人や血栓症の方、妊婦さんは使ってはいけません。

詳しくは産婦人科などで聞いてみましょう。

 

睡眠サプリを使う

「ピルってなんか怖い」って思いませんか?

女性ホルモンバランスの乱れで眠れないのが治る、副作用は少ないって言っても、どうしてもピル使うのは不安になりますよね。

 

そんなときは 副作用がまったくない睡眠サプリが良い ですよ。

よく眠れないせいで疲れがたまりがちだった妻もグッドナイト27000を使ったら、たった2週間でぐっすり眠れるようになってどんよりした日が少なくなりました。

 

グッドナイト27000は国に認められた機能性表示食品で安心ですし、女性のレビューサイト@cosmeでも評判が良いからおすすめです。

→グッドナイト27000について詳しくはこちら(公式サイト)

グッドナイト27000を妻が使ってみたレビューはこちら

 

 

まとめ

 排卵日前後や生理前などに体調が悪くなったり、眠れなくなったりするのは女性ホルモンのバランスが乱れるから です。

そのほかにも女性は月経による貧血や過度なダイエットで起きる栄養不足も体調不良や不眠が起きやすいです。

 

こんなときは、まずバランスの良い食事をとる(特に鉄分や大豆製品)、体を冷やさないことが大切です。

 

これでダメなら女性ホルモンを安定させるためにピルを使うのもアリです。

最近のピルは正しく使えば副作用も少なくて危険性は低いです(妊婦さんや喫煙している方、血栓症の方は使えません)。

 

そうはいってもピルは怖いっていう気持ちはどうしてもありますよね・・・。

そんな場合には副作用がまったくなくて、毎日飲むだけでぐっすり眠れる睡眠サプリが良いですよ。

 

おすすめは、実際に妻が使って2週間で実感、どんよりした日が少なくなって毎日スッキリできたグッドナイト27000です。

国に認められた機能性表示食品ですし、有名なレビューサイトの@cosmeでも評判が良いから安心ですね。