デジレルと不眠

不眠解消の薬といえば睡眠薬と思っていませんか?

睡眠薬じゃないけど寝付きを良くしたり、眠りの質を高めたりする薬があるんです。

それがデジレル、レスリンです(両方同じ薬ですが、商品名が違います)。

 

デジレル、レスリンは元々うつ病の薬なのですがうつに対する効果が弱い代わりに、睡眠の質を高める働きがあります。

そのため睡眠のサポーターとして処方されることも多いのがこの薬の特徴です。

 

「不眠だと医師に言ったらデジレルを処方された」

「不眠にデジレルが効くって聞いたんだけど・・・」

という方はぜひご覧ください。

デジレル、レスリンの効果や使用量、副作用はどんなものがあるのか、実際に使ってみた感じについて詳しく書いていきます。

デジレル、レスリンってどんな薬? 主な作用は?

デジレル、レスリンは1991年に発売された抗うつ薬(うつ病の治療薬)です。

今よく使われている抗うつ薬は幸せホルモンとも言われるセロトニンの働きをアップさせることでうつ症状を改善します。

 

さらにデジレル、レスリンは一部セロトニンの作用を邪魔するのでさらにうつへの効果が高くなっています。

 

「矛盾してない?」って思われた方がいらっしゃると思います。

セロトニンといえば、安らぎ、安心、リラックス、睡眠にかかせないというイメージがあると思いますが、まったく逆の効果を持つこともあるのです。

 

その違いはセロトニンが働きかける場所の違いです。セロトニンなどの脳内ホルモンは、受容体と呼ばれる場所にくっつくことでセロトニンはリラックス作用などを発揮します。

 

セロトニンが5-HT1Aと呼ばれる受容体にくっつくと幸せホルモンとしての作用が生まれます。

ただしセロトニンが5-HT2Aという場所にくっつくと逆に不安になったり、焦りを感じたりしてしまうのです。

 

 

デジレル、レスリンが不眠に有効な4つの効果

1.セロトニンの作用を高める

不眠を引き起こす原因のひとつとして脳内でセロトニンというホルモンの作用が不足していることが挙げられます。

脳内でセロトニンは神経の先から放出されて、先ほどの受容体にくっついてリラックスなどの効果を発揮します。

 

セロトニンが不足すると特に理由もないのに色々なことに不安になりやすくなったり、なにかをやらなくてはいけないという焦りが出てきやすくなったり、眠りの質が落ちてしまったりします。

 

放出されたすべてのセロトニンは必ず受容体にくっつくわけではなく、くっつかなかったセロトニンは再利用するために神経のなかに再吸収されます。

 

デジレル、レスリンにはセロトニンが神経に再吸収されるのを防ぐ効果があります。

そうすると受容体にくっつかなかったセロトニンも長い時間放出された場所に残ることになるので、受容体にくっつきやすくなります。

そうすることでセロトニンのリラックス効果が強くなるのです。

 

2.一部のセロトニン受容体へくっつくことを防ぐ

セロトニンは受容体にくっつくことでリラックス作用が起きると言いましたが、上に書いたように受容体にはいくつか種類があってくっつく場所によっては逆の効果を発揮してしまいます。

 

1番目の作用でただセロトニンの濃度をアップするだけだと5-HT1Aだけでなく5-HT2Aにも多くくっついてしまうので、安眠やリラックス効果が弱くなってしまいます。

 

そこでデジレル、レスリンはセロトニン濃度をアップすると同時に5-HT2Aにセロトニンがくっつくのを邪魔して、5-HT1Aにセロトニンがたくさんくっつくようになり、安らぎを与えてくれます。

 

さらに5-HT2Aをシャットアウトすると強い眠気を起こしたり、睡眠の質を上げたりする作用があり、これも睡眠に良い効果を与えます。

 

3.覚醒物質ヒスタミンの作用を邪魔する

アレルギーの薬を飲んで眠くなったことはありませんか?

それはアレルギーの薬がヒスタミンという覚醒物質の働きをブロックするからです。

 

脳内でヒスタミンをブロックされるとアレルギーの症状を抑えられると同時に、眠くなってしまう副作用があります。

デジレル、レスリンはヒスタミンの働きをブロックする効果も持っているので、寝付きを良くする効果があります。

 

ただしヒスタミンをブロックすることによって起きる眠気は耐性がつきやすいので、飲んでいるうちに眠気はおさまってきます。

 

4.アドレナリンの働きを邪魔して、血圧を下げる

アドレナリンといえば、興奮・怒りのホルモンとして有名ですよね。

アドレナリンには血圧や血糖値を上げる作用があるのですが、デジレル、レスリンはアドレナリンの作用を邪魔するので血圧が下がります。

 

血圧が下がるとぼーっとしたり、だるくなったり、眠くなったりします。

そのためこの作用も眠気を起こす要素のひとつです。

 

 

デジレル、レスリンの気になる副作用

デジレル、レスリンは他の抗うつ薬と比べると眠気以外の副作用が少なく、依存性もほとんどありません。

起きる副作用は便秘、口の渇き、目のかすみ、尿が出づらくなる、めまい、低血圧、動悸、ふらつき、立ちくらみ、だるさなどです。

血圧を下げる作用があるので、元々低血圧の方は注意が必要です。

 

また、ごくまれに起きる副作用ですが持続性勃起障害というものがあります。勃起した状態がいつまでも元に戻らなかったり、戻りにくくなるものです。

 

この副作用を放置していると、陰茎の血管にダメージを与えて勃起不全になってしまうこともあるので、出てしまった場合は、医師に連絡して即座に服用をやめなければなりません。

 

ちなみに私の妻の場合は就寝前に25mgを服用していますが、副作用らしきものは朝起きたときに低血圧がやや辛くなった程度でした。

 

薬の副作用が怖くて使いたくない、使っても大丈夫なの?と気になる方はぜひこちらもご覧ください。

睡眠薬は危険? 副作用や薬がないと眠れなくなるのが怖い

 

 

デジレル、レスリンは不眠対策に使うなら量はどれくらい?

デジレル、レスリンには25mgと50mgの錠剤があります。

不眠の改善に使われる量は25~100mgと言われています。

 

小さいころからずっと不眠症に悩んでいた妻でも50mgを使ったら夢を見にくくなって、ぐっすり眠れた感じがしたそうです。

 

ただ、50mgを服用しているときは朝起きたときの低血圧がいつもより強いようで、なかなか起きられなかったりぼーっとしたりしてしまいました。

 

 

デジレル、レスリンは飲んでからどれくらい効く? 作用時間について

デジレル、レスリンの作用時間は6~7時間です。

一般的に理想的な睡眠時間に近い作用時間なのがありがたいですね。

 

飲んでから3~4時間後に効果が最大になり、その後徐々に効果が落ちてきます。

そのためちょうど夕食頃(19~20時頃)に飲めばちょうど23~24時頃に眠気が強くなってくるでしょう。

参考サイト:デジレル錠 インタビューフォーム-Pmda

 

 

デジレル、レスリンの価格

デジレル、レスリンは25mgで約16円、50mgで約29円です。

たとえば1日1回就寝前に、50mgを1ヶ月処方された場合の薬の値段は、29円×30日で870円です。

 

健康保険を適用すれば3割負担で290円になります。

実際はこれに薬局での処方せん料や調剤料、指導料などが値段に加算されます。

1ヶ月に約290円なら、不眠で悩んでいる方はかかりつけの医師にお願いしてみるのもありではないでしょうか。

 

 

デジレル、レスリンを使った他の人の体験談

他のサイトからの引用ですが、デジレル、レスリンを実際に使った人の声を掲載します。

「デジレルを処方されたけど、どんな薬かもっと知りたい」という方や「不眠に効くって聞いたけど本当かな?」と思っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

レスリンって抗鬱剤だったんだ。何だかよくわからないまま就寝前に飲んでた。

副作用で眠気があるとは言われてた。スゴイ眠気で30分起きてられなかったんだよね。

今は不眠でどんどん眠剤が増えてる。いっそのことレスリンに戻してもらいたい。
眠剤より朝辛くないよ。眠気が残ってるなんて思った事無かったもん。鬱も全然良くなってないしさ。
次の通院で相談してみよう。いいスレだ。スレの皆さんありがとう。

 

私は寝る前にレスリン・レンドルミン・リーマス
死んだように朝までグッスリ
昨日なんか電気付けっぱなしで朝まで寝てたw

 

レスリンは夜だけに出されてるよ。ルジオミールと一緒に。
この前までマイスリーも一緒だった。今はなし。
ゆったりと眠れてる気がする。そうでない時もたまにあるけど。

引用元:レスリン・デジレル part2

 

引用元のページを見ると、うつ症状への効果はさっぱりだけど、とにかく眠くなるという声が多かったです。

 

 

睡眠薬じゃないけど、不眠を改善できる他の薬はある?

デジレル、レスリン以外にも不眠を改善することができる睡眠薬じゃない薬はあります。

デジレル、レスリンを試してみたけど不眠には効かなかった、睡眠薬が効かなくなってきたという方は以下の記事を参考にしてみてください。

睡眠薬以外の薬が不眠を解消できる睡眠薬?

睡眠薬が効かないときの奥の手

睡眠薬が効かないときは飲み合わせもチェックしてみよう

 

 

まとめ

デジレル、レスリンは、セロトニンの作用を高める、ヒスタミンの作用を邪魔して覚醒レベルを下げる、アドレナリンの作用を邪魔して血圧を下げて体温を下げる4つの効果で寝付きの悪さや睡眠の質を改善する作用があります。

 

眠気以外の副作用や依存性も少ないですが元々低血圧の人やまれではありますが持続性勃起障害という副作用には注意が必要です。

睡眠の改善として一般的に使われる量は25~100mgで、作用時間は6~7時間、寝る時間と起きる時間から逆算して使えば次の日に眠気が残りにくい薬です。

 

ただし、睡眠薬ではないので直接の睡眠作用はありませんので、眠くはなっても寝付けないという可能性もあります。

そういった場合は睡眠薬といっしょに使うことも検討してみてください。