睡眠薬以外の不眠に効果的な薬

不眠で睡眠薬を処方されているけど効かないor最近効きにくくなってきたと困っていませんか?

睡眠薬を飲んでいるのに効かなかったり、効きが悪いのは薬に耐性ができてしまったか、あなたにその睡眠薬があっていないかです。

 

効き目が弱くなってきたからと睡眠薬の量を増やすとキリがないし、副作用も怖いですよね。

そんなときは 睡眠薬じゃないけど不眠に効果的な薬を使う+薬以外の不眠対策をいっしょにやるとまたよく眠れるようになりますよ。 

睡眠薬以外で眠れる薬にはデジレル(レスリン)、リフレックス(レメロン)、セロクエルなどがあります。

 

こちらの記事でほかの薬や薬以外の不眠対策について詳しく見ていきましょう。

睡眠薬が効かない原因、理由はなに? どうして段々効かなくなるの?

睡眠薬に耐性ができてしまったから

今多く使われている睡眠薬は昔の薬と比べるとマシなんですが、それでも耐性ができやすいのでしばらく使い続けていると効き目が落ちてきてしまうのです。

 

最近新しく出たロゼレムやベルソムラという睡眠薬は耐性ができて効きにくくなるということが少ない薬ですので、そちらの薬を使っている場合はあまり問題になりません。

睡眠リズムを整える安全な睡眠薬ロゼレム

起きてる状態を保つスイッチを切る睡眠薬ベルソムラ

 

不眠の原因がほかの病気だから

睡眠薬はどんな原因で眠れなくなっていても効果的ですが、原因を元から治療できるわけではありません。

たとえばうつ病などの精神疾患で不眠になっていた場合は、ある程度睡眠薬で眠れるようになってもうつ病の治療ができるわけではないので、いまいち効き目が弱い・・・という感じになってしまうことがあります。

そんなときは元になっている病気を治療することが一番の不眠対策になります。

 

睡眠薬の作用時間があなたにあっていないから

実は睡眠薬には効果が短時間だけ続くものと長時間続くものがあります。

短い方が体に良い、長いと体に悪いというわけではなくて、寝付きが悪いときには短時間のもの、ぐっすり眠れない・夜中に目が覚めてしまうときには長時間のものが合っているのです。

 

長時間の睡眠薬は飲んでから効果が現れるのが遅いものもありますので、寝付きが悪い不眠に使ってもいまいちです。

逆にぐっすり眠れないのに短時間の睡眠薬を使うと寝付きは良くなってもすぐに効果が切れて、また眠りが浅くなってしまうのです。

寝付けないときの睡眠薬一覧

ぐっすり眠れないときの睡眠薬一覧

 

一時的なストレスや生活習慣の乱れではなくて、うつ病のような他の病気が原因で不眠が起きている場合は睡眠薬を使ってもいまいち効き目が弱くなってしまうことがあります。

 

 

睡眠薬が効かないときに使える代わりの眠れる薬4選

睡眠薬が効きにくくなったり、最初から効き目がイマイチなときは睡眠薬の量を増やしてしまいがちですよね。

ですが、睡眠薬の量を増やしてもキリがないですし、副作用も増えてしまいます。

 

そこで睡眠薬以外にも眠りをサポートする効果がある薬を紹介します。

 睡眠薬の量は増やさないでぐっすり眠ることもできますよ。 

 

デジレル、レスリン

これはうつ病の薬ですが、うつへの効果は弱い代わりに眠りを深くする力があります。

作用時間は9時間ぐらいで、飲み始めてから2時間後ぐらいに一番効果が強くなって少しずつ効果が弱くなってきます。

 

寝る1~2時間前に使うとちょうど良い効き具合になります。

副作用はあまりありませんが、便秘、目や口が乾く、めまい、立ちくらみ、動悸、勃起した状態が止められない持続性勃起障害などがあります。

眠りの質を高める薬デジレル、レスリンが不眠に有効な4つの作用

 

リフレックス、レメロン

リフレックスもデジレルと同じくうつ病の薬です。

デジレルと比べるとうつに対する作用も強いし、睡眠にもよく効きます。

 

飲み始めてから1時間ぐらいで一番効果が強くなって段々と効果が弱くなりますが、元々の作用時間が32時間ぐらいととても長いので、寝る数時間前に飲んでも翌日まで眠さが残ってしまうことが多いのがデメリットです(飲んでるうちに少し慣れてきます)。

副作用として吐き気や悪夢などがあります。

爆睡できる抗うつ薬リフレックス、レメロン

 

セロクエル

これは統合失調症という病気の薬ですが、神経が興奮してしまい心が不安定になりがちな人やかんしゃくを起こしてしまいがちな人に処方されることもあります。

睡眠作用がとても強くて、とにかく眠れます。

眠気はデジレルよりも強いです。

 

作用時間は9時間程度で、飲んでから1時間後くらいに一番効果が強くなって、少しずつ効果が弱まってきます。

副作用は立ちくらみ、筋肉がこわばって体の一部が動きづらくなる、食欲が増える、生理不順、妊娠していないのに母乳が出てしまうなどがあります。

セロクエルは睡眠薬じゃないのに眠れる作用がもりだくさん

 

レボトミン、ヒルナミン

これも統合失調症の薬ですが、 睡眠作用がとてもとてもとても強く、この記事で紹介する薬の中では最強です。 

作用時間は9時間程度で、飲んでから1時間後くらいに一番効果が強くなって少しずつ弱まります。

 

副作用にはやる気の低下、だるい、筋肉がこわばって体の一部が動きづらくなる、立ちくらみ、食欲が増える、生理不順、妊娠していないのに母乳が出てしまうなどがあります。

 

私の妻も重い不眠で悩んでこの薬をしばらく使っていたことがありますが、「とにかくだるいし眠いし起きられない。起きようとする気力もわかない」と言っていました(今は使っていません)。

不眠対策を色々試して、睡眠薬もひととおり使ってみてそれでも眠れない妻でもこれだけ効いたので、本当の最終手段です。

 

 

睡眠薬が効かない時は薬を使わない不眠対策もやろう

「睡眠薬が効かないんだから、他の方法じゃ眠れるようにならないよ・・・」と思っていませんか?

ほかの不眠対策を一緒にすれば、睡眠薬だけじゃ眠れなくても+αで眠れるようになる可能性がありますし、ぐっすり眠れた感覚は間違いなくアップしますよ。

 

寝る1~2時間前に入浴する

人はゆっくりと深部体温が下がってくると眠くなってきます。

じっくり入浴すると深部体温がじわじわ上がって、寝るころには段々と下がってきて寝付きが良くなります。

熱いお湯につかると逆に神経が興奮してしまうので、38~39度くらいのぬるま湯につかりましょう。

 

寝る1~2時間前から照明を弱くする、光を浴びないようにする

人は夜になって周りが暗くなるとメラトニンという眠くなるホルモンを体内で放出します。

ですが強い光を浴びるとこのメラトニンの放出が邪魔されてしまい、不眠になりやすくなってしまいます。

部屋の明かりを調節できるなら、弱くしたり、スマホやパソコンの明るさを抑えて自然な眠気を邪魔しないようにしましょう。

 

寝る前にストレッチする

身体のこりは眠りの質を下げてしまいます。

お風呂から上がったあとに日頃こりやすい首や肩、手足をストレッチすると眠りにも良いですし、朝起きたときに疲れもよく取れますよ。

 

478呼吸法でリラックスする

寝る前にベッドの上でできる即効不眠対策のひとつに、478呼吸法というものがあります。
4秒息を吸って、7秒息を止めて、8秒息を吐く、ただこれだけです。

これを3セットもやるとリラックスして眠りにつきやすくなります。

呼吸に意識を集中させることができるので、寝る前に考えごとをしてしまう方には特に効果的です。

 

睡眠サプリを使う

不眠で悩んでいた妻もグッドナイト27000という睡眠サプリを使ったら、たった2週間でも眠りが見違えるようになりました。

成分と作用が専門家に認められた機能性表示食品ですし、使った人の評判も良かったので買ってみたらこれが正解、おすすめです。

レビューも書きましたので、ぜひあわせて見てみてください。

妻がグッドナイト27000を3ヶ月使い続けたレビュー 効果や副作用は?

 

 

まとめ

睡眠薬が効かない原因は、耐性ができてしまったりあなたに睡眠薬のタイプがあっていないことです。

ただ睡眠薬の量を増やしても副作用も増えてしまいますから、代わりに睡眠薬以外で不眠に効果がある薬を使うのも良いですよ。

 

 副作用が軽めなのではデジレル(レスリン)で、パワーがあるのはリフレックス(レメロン)やセロクエル、レボトミン(ヒルナミン)です。 

 

薬以外の不眠対策法もいっしょにやれば薬を増やさないでも眠れる可能性が高くなりますから、ぜひやってみてください。

おすすめは不眠の妻が使って2週間で良い睡眠がとれるようになったグッドナイト27000という睡眠サプリです。