睡眠サプリの成分をチェック

睡眠サプリってたくさん種類があってなにが違うのかぱっと見わかりづらくないですか?

特にサプリの成分ってたくさんあってなにがどう良いのか・・・

 

こちらの記事では睡眠サプリの成分の特徴や副作用、どれがあなたに向いているのかを紹介していきます。

 

 睡眠サプリによく配合されている成分は、テアニン、GABA(ギャバ)、トリプトファン、クワンソウエキス、ビタミンB群 があります。

どれも睡眠に良いですがそれぞれの特徴は、

 

テアニン→寝ても疲れがとれない、朝スッキリ起きられないときに良い

GABA(ギャバ)→ストレスがたまっているときに良い

トリプトファン→いつもリラックスできない、落ち込みやすいときに良い

クワンソウエキス→寝つきが悪い、ぐっすり眠れないの両方に良い

ビタミンB群→疲れやすいのに良い

といった感じです。

 

副作用について・・・と書きましたが実はどの成分にも副作用はないです。

ただ自然由来の成分もあるのでアレルギーには注意が必要なのと他の薬といっしょに飲むと相性が悪い成分もあります。

 

上の成分がバランスよく配合されてていろんなパターンで良いのはグッドナイト27000という睡眠サプリです。

 

ここからもっと詳しくそれぞれの成分の特徴とその成分のサプリ、睡眠サプリの選び方などを見ていきましょう。

 

睡眠サプリの代表的な成分6つ 特徴と副作用は?

副作用と書きましたが、実は睡眠サプリに配合されている成分はどれも安全なものばかりで副作用はありません。

ただ自然由来の成分もあるのでアレルギー体質の方は注意が必要です。

それから薬といっしょに飲むと相性が悪い成分があるので、そちらも注意してくださいね。

 

疲れをよく取って目覚めすっきり:テアニン

テアニンはお茶やきのこ類にふくまれているうま味成分のひとつです。

200mg以上をとると 朝起きた時の疲労感が取れやすくなったり、朝目覚めた時のスッキリ感が良くなる ことが研究で分かっています。

テアニンを配合して、国から睡眠サポートに効果があると認められた機能性表示食品の睡眠サプリもあるくらいです。

ただ、 テアニンは血圧の薬と相性が悪いので薬を飲んでいる方は注意 してください。

 

テアニンが多い睡眠サプリ

グッドナイト27000

爽眠α

 

ストレスをやわらげる:GABA(ギャバ)

ギャバは一時期チョコレートに入ってるとか発芽玄米に入ってるとかで有名になりましたよね。

実はこのGABAにはストレスをやわらげたり、リラックスさせてくれる働きがあります。

 ストレスのせいで神経が興奮して寝つきが悪くなっている人には良い 成分です。

 

GABAが多い睡眠サプリ

グッドナイト27000

ギャバ(GABA)DHC

 

リラックス、安心:トリプトファン

リラックスしたり、幸せな気持ちに大切なセロトニンというホルモンのことを聞いたことがありませんか?

このトリプトファンはセロトニンのもとになる成分なんです。

トリプトファンを直接とっても脳に届かないので、トリプトファンをとると体のなかで幸せホルモンのセロトニンに変わります。

それからセロトニンはメラトニンという睡眠ホルモンにも変化するので、 トリプトファンをとればリラックス・安心のセロトニン+睡眠のメラトニンパワーで眠りをサポートできる んです。

 

トリプトファンが多い睡眠サプリ

グッドナイト27000

マインドガードDX

 

スッと自然な眠りをサポート:グリシン

グリシンは魚介類にたくさんふくまれているアミノ酸の一種です。

グリシンを寝る前に3,000mg以上とると深部体温がじっくり下がって自然な寝つきをサポートしてくれます。

 人は寝る時に深部体温が下がると寝つきが良くなったり、ぐっすり眠れるようになるのでグリシンで快眠ができる んです。

 

グリシンが多い睡眠サプリ

ファイン グリシン3000

 

寝つきが悪い・ぐっすり眠れないの両方に:クワンソウエキス

クワンソウは沖縄で有名なハーブで、別名眠り草とも言われています。

沖縄では昔から眠りに良いとされて使われていましたが、最近では眠りに良い成分もクワンソウから見つかっていてその力が証明されています。

 クワンソウの眠り成分は、神経の興奮を抑えてくれるので寝つきが悪いのとぐっすり眠れないの両方に良い です。

 

クワンソウエキスが多い睡眠サプリ

マインドガードDX

 

疲れをとるために大切:ビタミンB群

ビタミンB1、B2、B6、B12といったビタミンB群は睡眠サプリのメインの成分になることはないのですが、とても大切です。

炭水化物やタンパク質などから エネルギーを作る働きを持っていて疲れをとるのに必要 なんです。

それから ビタミンB12は夜に自然に眠くなる、日中は目を覚まして活動する睡眠のリズムを整えるためにも大切 です。

 

 

結局どの成分が良いの? 睡眠サプリの選び方とおすすめ

ここまで紹介してきた代表的な成分はどれも快眠サポートには良いですが、

「結局私に向いてるのはどのサプリなの?」

というところが一番気になりますよね。

こちらでまずは睡眠サプリの選び方をお伝えしたうえで、おすすめのサプリも紹介します。

 

睡眠サプリの選び方

1.配合成分がきちんと分かるものを選ぶ

睡眠サプリで満足な睡眠がとれるかどうかは入っている成分と量が大切です。

なかには何が入ってるのかも分からないサプリメントもあります。

そんな睡眠サプリと比べると、どの成分がどれだけ配合されているか分かるものの方が信頼できますし、安心ですよね。

 

2.高品質なものを選ぶ

いくら睡眠サポート成分がたくさん配合されていても品質がしっかりしていないとダメですよね。

高品質なのがぱっと見て分かるのは機能性表示食品の睡眠サプリです。

機能性表示食品は科学的な根拠をもとに「睡眠サポート作用があります」ということを国が認めているので、機能性表示食品の睡眠サプリは品質を信頼できるんです。

 

3.口コミや評判を確認する

物を買う時はやっぱり口コミや評判は気になりますよね。

一般のユーザーが口コミを投稿しているサイトやブログを見ると実際に使った人の「本音の」意見を知ることができます。

そのサプリをどんな人が、どれくらいの期間飲んだらどうなったのか? 感想は? 副作用はないか? などを事前にチェックしましょう。

 

4.長く続けられる価格のものを選ぶ

睡眠サプリは安ければ月4,000円程度から高いものでは8,000円強のものまであります。

もともと睡眠サプリには即効性はなくて、最低でも1ヶ月以上は使って眠れない体質に働きかけていくものなので、価格的にも長く続けられるものを選びましょう。

 

おすすめの睡眠サプリは実際に妻も使ったグッドナイト27000

睡眠サプリの選び方をふまえて、一番のおすすめは実際に妻も使ってみて良かったグッドナイト27000です。

こちらで紹介した代表的な成分のテアニン、GABA、トリプトファン、グリシンを配合していて、それぞれどれくらいの量配合なのかきっちりわかりますし、機能性表示食品なので信用できます。

楽天市場でデイリーランキング1位もとっていて評判も良いですね。

 

グッドナイト27000について詳しくはこちら

使ってみたレビューも書いたのでよかったら見てみてください。

妻がグッドナイト27000を3ヶ月使った口コミ 効果や副作用はどうだった?

 

そのほかにも睡眠サプリの成分やコスパ、評判などで比較したランキングも作っているのでぜひ参考にしてみてください。

睡眠・快眠サプリメントの比較ランキング

 

 

まとめ

睡眠サプリの成分で代表的なものはテアニン、GABA、トリプトファン、グリシン、クワンソウエキス、ビタミンB群の6つです。

どれも快眠には良いですが、それぞれ特徴があって

 

テアニン→寝ても疲れがとれない、朝スッキリ起きられないときに良い

GABA(ギャバ)→ストレスがたまっているときに良い

トリプトファン→いつもリラックスできない、落ち込みやすいときに良い

クワンソウエキス→寝つきが悪い、ぐっすり眠れないの両方に良い

ビタミンB群→疲れやすいのに良い

といった感じです。

 

睡眠サプリを選ぶときには、成分・品質・口コミや評判・価格の4つがポイントです。

この4つをクリアしてる一番のおすすめはグッドナイト27000です。

上で紹介したテアニン、GABA、トリプトファン、グリシンの4つの成分+αが配合されてるのでどんなときにも良いですね。

 

あなたにあった睡眠サプリを選んで、前日の疲れを残さない、朝からすっきりスタートできる毎日を取り戻しましょう。

 

グッドナイト27000の公式サイトはこちら