睡眠薬の副作用を抑える

不眠でお悩みの方の中には、睡眠薬や抗不安薬、抗うつ薬といった薬を服用されている方もいると思います。

その薬の副作用が辛い・・・

効き目はあるんだけど副作用をどうにかしたい、副作用さえなければ・・・

と思っている方はいませんか?

 

睡眠薬などの副作用は、その睡眠作用とは切り離せないものですが、薬の飲み方などをちょっと変えるだけで少なくできます。

この記事で睡眠薬などにありがちな副作用とその対策法について紹介していきますので、ぜひご覧ください。

睡眠薬の副作用のおさらい どんな副作用があるの? 薬による違い

まずは、睡眠薬や抗不安薬などにありがちな副作用について見てみましょう。

薬の副作用だと思っていたが違ったとか体調不良だと思っていたら薬の副作用だったということがあります。

なにが副作用でなにが副作用じゃないのかを見極めることが大切です。

 

 

睡眠薬・抗不安薬にありがちな副作用

病院で処方される睡眠薬や抗不安薬といった薬のほとんどはベンゾジアゼピン系または非ベンゾジアゼピン系といわれる薬です。

 

これらの薬の副作用で共通して多いのは、翌日に眠気やだるさを持ち越してしまう、寝る前の記憶がなくなる(健忘)、足元がふらつくことです。

 

これらの薬は長期間(1ヶ月以上)飲み続けたあとに急に薬をやめたり、量を大きく減らすと、離脱症状というとても様々な体調不良が起きます

 

たとえば、 憂うつになる、そわそわする、イライラしやすくなる、頭痛、耳鳴り、めまい、動悸、やる気の低下、手足のふるえやしびれ、吐き気など です。

 

(非)ベンゾジアゼピン系の睡眠薬や抗不安薬の種類

  • ハルシオン、ハルラック、トリアゾラム錠
  • レンドルミン、グッドミン、ブロチゾラム錠
  • リスミー、塩酸リルマザホン錠
  • エバミール、ロラメット
  • ロヒプノール、サイレース、ビビッドエース、フルニトラゼパム錠
  • ベンザリン、ネルボン、ニトラゼパム錠
  • ドラール
  • ダルメート
  • ソメリン
  • リーゼ、クロチアゼパム錠
  • デパス、エチゾラム錠
  • ソラナックス、コンスタン、アルプラゾラム錠
  • コントール、バランス
  • セルシン、ホリゾン、ジアゼパム錠
  • セパゾン
  • エリスパン
  • コレミナール
  • レスミット
  • セレナール
  • メレックス
  • グランダキシン
  • メイラックス
  • レスタス
  • メンドン
  • リボトリール、ランドセン
  • ワイパックス、ユーパン
  • レキソタン、セニラン、ブロマゼパム錠
  • マイスリー、ゾルピデム酒石酸塩錠
  • アモバン、ゾピクロン錠
  • ルネスタ

など

 

ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系以外の睡眠薬には、ロゼレムとベルソムラ、そして市販の睡眠薬に多い抗ヒスタミン薬という薬があります。

 

ロゼレムの副作用

ロゼレムという睡眠薬は、健忘や足元のふらつきといった副作用はありません。

副作用として多いのはめまい、頭痛で、まれなケースですが女性の場合生理不順が起きる可能性もあります。

実際に使っている人の声では、眠れるようにはなったけど極端に眠りが浅くなったとか、悪夢を見るようになったというものもあります。

 

ベルソムラの副作用

ベルソムラという睡眠薬はロゼレムと同じく健忘や足元のふらつきといった副作用はありませんが、睡眠薬なのでやはり翌日に眠気やだるさを持ち越してしまう副作用はあります。

 

また、報告されているものでは悪夢や金縛りに襲われることがあるということです。

さらに注意していただきたい副作用があって、それは「自殺念慮」です。

この副作用は「自殺したい衝動が起きる」というものです。

元々死にたい・・・という気持ちがわいてくるうつ病や躁うつ病の方が使用されるのはできるだけ避けたほうが良いでしょう。

 

ただ、この副作用は100%の確率で起きるわけではなく、自殺念慮については服用した人の0.2%が起きる確率です(500人に1人)ので、他の睡眠薬がどうしても合わないときはベルソムラを選ぶのも手です。

 

 

市販の睡眠薬(抗ヒスタミン薬)の副作用

ドラッグストアなどで販売されている市販の睡眠薬なら安全かと思われるかもしれませんが、こちらも薬なのでやはり副作用はあります。

 

市販されている睡眠薬のほとんどは抗ヒスタミン薬という種類の薬で、副作用もほとんど同じです。

翌日に眠気やだるさを持ち越したり、目のかすみ、便秘、口の渇き、動悸といった副作用があります。

 

抗うつ薬の副作用(デジレル、レスリン、トラゾドン)

デジレル、レスリン、トラゾドン錠という薬はうつ病の薬なのですが、うつに対する効果が弱い代わりに睡眠を改善する力が強いので不眠症状の改善を目的に処方されることがあります。

 

デジレル、レスリン、トラゾドン錠の副作用は、めまいや足元のふらつき、低血圧などが多いですが、他のうつの薬と比べると少ないです。

まれな副作用ですが持続性勃起障害といって無意識に勃起状態が持続してしまうといった症状もあります。

 

 

睡眠薬などの副作用を減らす具体的な方法

睡眠薬などの量を減らす

とても単純ですが、薬を減らせばその分副作用は少なくなります。

そのぶん眠りの力も弱くなりますから、自分の不眠に対して薬の量が多すぎると思う場合は薬を減らすのがまず大切です。

 

注意していただきたいのは、ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系といわれる薬を使っている方は、一気に薬をゼロにしたり大きく減らしてはいけないということです。

 

離脱症状といって、よけいに眠れなくなったり、頭痛やイライラ、そわそわ、不安、吐き気などが起きてしまうからです。

離脱症状を防ぐためには少しずつ薬を減らしたり、作用時間が長い薬に変えるなどの方法が必要です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

睡眠薬の離脱症状を可能な限り減らす具体的な方法

 

単純に薬を減らすと眠れないというときは、薬を減らす代わりに睡眠サプリを使うのも手です。

身体をリラックスさせてくれたり、ストレスをやわらげるために必要な栄養素を補給して寝付きの悪さやぐっすり眠れないといった睡眠の問題を助けてくれます。

 

薬とは違って副作用もないですし、依存する危険性もありません。

実際に不眠だった妻が使ってみて良かったのはグッドナイト27000です。

使ってみたレビューも別の記事で詳しく書きましたので、ぜひご覧ください。

眠れた? 不眠の妻がグッドナイト27000を使ったレビュー+成分や副作用は?

 

睡眠薬の副作用は少し我慢してみる

 辛い副作用をどうにかしたくてこの記事を読んでるのに!  

と思ったらすみません。

でも副作用をある程度(2週間ぐらい)我慢してみるのは大切なんです。

ある程度同じ薬を飲み続けていると副作用に慣れて、特に問題なくなるという人は結構います。

 

副作用さえなければ悪くないんだけど・・・と思っている場合は、ある程度我慢してみるの良いですが、次の日眠すぎてどうしようもないとか、ふらふらしてケガをしそうとか日常生活に問題が起きているぐらいになると薬を減らしたり、変えたりした方が良いです。

 

睡眠薬などの種類を変える

こちらも分かりやすい方法ですが、副作用が辛い場合は自分に薬があっていない可能性があるので自分に合う薬に変えてもらうのもひとつの手です。

 

ベンゾジアゼピン・非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を使われているのでしたら、上で紹介したロゼレムやベルソムラという薬に変えてみたり、デジレルという薬を追加しながら睡眠薬を減らすというやり方もあります。

 

また、同じベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系という分類の薬でも人によって効き目は違いますので、薬を変えることで副作用がやわらぐ可能性はあります。

寝付きが悪い方が使う睡眠薬はこれだ!

熟睡できない、眠りが浅いときの睡眠薬はどれが良い? 特徴と選び方

 

ジェネリックの薬を使っていたら、オリジナルを使う

ジェネリック医薬品という言葉を聞いたことがありませんか?

薬局に行くと「同じ成分を持っている同じ薬で、ジェネリックの方が安いという説明を受けたことがあるかもしれません。

 

ですが、これだとちょっと違います。

確ジェネリック医薬品は有効成分は同じですが、薬に使われているコーティング剤や添加剤といった有効成分以外のものが違うのでオリジナルの薬と効き目が変わることがあるのです。

 

実際、人によってはジェネリックでは効き目が悪かったり、副作用が辛いけどオリジナルなら大丈夫という人もいります。

 

もしもジェネリックの薬を使っていたら、薬局で「ジェネリックじゃないやつをください」とお願いすると、オリジナルの方を出してくれるので、試してみてください(少し薬の値段は高くなりますが・・・)。

 

薬を飲む時間を変えてみる

睡眠薬や抗不安薬の副作用で悩まれる場合は、翌日になっても眠かったり、だるかったり、足元がふらついて危ないなどの副作用で悩んでいることが多いのではないでしょうか。

 

薬の作用する時間が短い薬に変えても次の日の眠気やだるさ減らすことができますが、薬を飲む時間を変えることでも対処できます。

薬局で説明を受けたり、薬の説明書を一緒にもらうと睡眠薬は「就寝前に服用」となっていると思います。

 

睡眠薬だから当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、薬によって作用する時間が違うので、寝る直前に飲むよりも寝る数時間前に飲むと次の日に眠気とかを持ち越すのがマシになったりします。

 

たとえば、ロヒプノールという薬を例に挙げます。

作用時間はだいたい7時間ぐらいの薬ですが、夜の12時に寝るとして就寝前に飲むとだいたい朝7時ぐらいに効果がきれてきます。

 

ただ、作用時間を過ぎたらまったく効果がなくなるかといえばそうではなく、完全に体から薬が抜けるまでは弱くなってはいますが効果が残っています。

この場合だと朝起きたあとも眠気やだるさなどが残る可能性は十分にあります。

 

そこで飲む時間を寝る1時間~1.5時間前にずらせば薬の作用時間は朝の5時半~6時までと短くなります。

そこからさらに少しずつ薬は体から抜けていきますので、起きる頃には副作用もより弱くなっていきます。

 

ただし、このように薬を服用する時間をずらす場合には注意が必要で、当然薬を飲んでちょっとすると眠気やだるさがやってくるので寝る前になにか作業をしようとしている場合はおすすめできません。

 

寝る1時間前くらいからあとは寝る準備をするぐらいであれば、睡眠薬を飲む時間をずらしてみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

睡眠薬の副作用で日常生活が辛いときは、翌日に眠気やだるさを持ち越したり、ぼーっとするなどの症状で困っている場合が多いと思います。

 

そういった副作用さえなければ睡眠薬で眠れるのに・・・と思っている場合は単純に薬の量が多すぎる可能性があるので薬の量を減らしたり、自分に合う作用時間の薬に変えるのがまず考えられる副作用対策です。

 

また、どうしても耐えきれないというわけではなければ、飲んでから1~2週間様子を見るのもありです。

その間に副作用が自然に落ち着いてくる可能性は十分あります。

 

そして今飲んでる薬がジェネリックならオリジナルに変える、薬を飲む時間をずらすといったことでも翌日に感じる副作用をやわらげることができます。