セディール

夜に不安やいらいら、次の日を思うと憂うつになって眠れないときってありませんか?

それが一時的なものなら良いのですが、ストレスがたまってしょっちゅうになってしまうと辛いですよね。

 

「なんとか安心して眠りたい、でも薬を使うのは怖い・・・」と思っても睡眠薬を使うのは副作用が怖いし、依存してしまうのではないかと心配になりますよね。

 

そんなときにはこの記事で紹介するセディールという薬が効果的です。

不安をやわらげてくれる効果があり、他の薬と比べると副作用も依存性もほとんどありません。

セディールとはどんな薬なのか詳しい働きや他の抗不安薬などとの違い、副作用や依存性などについて詳しく見ていきましょう。

セディールってどんな効果がある薬? 不眠には効果がある?

セディールは、抗不安薬という分類の薬です。

不安をやわらげたり、いらいらを抑えたり、憂うつな気分を落ち着かせる効果があり、ストレスなどによる不安、不眠、いらいらで困っている方に処方されます。

 

これまでの抗不安薬にはない新しい作用を持っていて、安心・幸せのホルモンとも言われるセロトニンのような働きをして不安・いらいら・憂うつ感・不眠症状を改善します。

 

詳しい働きについては少し複雑になるのですが、次のとおりです。

セロトニンなどの脳内ホルモンは受容体という場所にくっつくことで快楽、精神の安定、やる気、怒り、眠気など様々な作用を発揮します。

 

セロトニンは5-HT1Aという受容体にくっつくと安心したり、睡眠の質が改善します。

また、5-HT1Aはセロトニンが過剰に放出されないようにコントロールする作用も持っていて、セロトニンがくっつくと「もう十分だからこれ以上出さないように」と脳に指令を出す働きがあります。

 

逆に5-HT2Aという場所にセロトニンがくっつくと不安になったり、そわそわしやすくなったり、不眠が悪化したりします。

 

脳内でセロトニンが不足していると受容体は少しでもセロトニンをたくさん受け取ろうとして受容体自身の数を増やします。

そうすると少しのセロトニンに敏感になって5-HT2Aが反応してセロトニンの放出を抑えてしまい、よけいにセロトニンが不足してしまうのです。

 

セディールはセロトニンの代わりに5-HT1Aにくっつくいてリラックス効果などを発揮しつつ脳にセロトニンが十分にあることを伝えて受容体の数を減らします。

受容体の数が減るとセロトニンに敏感に反応して放出を抑えていた働きが少なくなってセロトニンがしっかりと出るようになります。

 

さらにセディールはセロトニンがくっつくと逆効果の不安や不眠を起こす5-HT2Aの受容体も減らしてくれるのでよりリラックス効果が期待できるのです。

 

 

セディールと他の抗不安薬の違い 強さや安全性について

今使われているほとんどの抗不安薬や睡眠薬はベンゾジアゼピン系と呼ばれるタイプの薬ですが、セディールはまったく別のタイプの薬です。

 

多くの方が心配されている睡眠薬などの副作用が危険であるとか、使うと依存してしまい薬がないと生きていられなくなるというイメージはベンゾジアゼピン系の薬から来ています。

 

代表的なベンゾジアゼピン系の抗不安薬
  • デパス
  • ワイパックス
  • レキソタン
  • ソラナックス

ベンゾジアゼピン系の薬には麻薬のような副作用や依存性あるわけではありませんが、まったくないとも言えません。

ところがこのセディールには、ほとんど副作用や依存性がないため安全性が高いです。

その代わりセディールは即効性がないうえに不安やいらいらを強力におさえるパワーがありません。

 

薬は効果が強いほど副作用も強くなるので必ずしもデメリットとは言い切れません。

毎日感じる強い不安をなんとかしたいと思っている方にはパワー不足でしょう。

また、この薬は飲んだ日からすぐ効くような薬ではなくて最低でも効果の実感には2週間~1ヶ月は必要です。

 

そのため「今すぐに不安やいらいらをどうにかしたい、眠りたい!」という方には向いていません。

ですが日々不安を感じやすかったり、なにかをやらなくちゃいけない衝動にかられるときがある方には良いですし、安全性の高い薬でじっくりと不眠や不安、ストレスに対処をしていくのも大切です。

 

 

セディールの副作用にはどんなものがある?

セディールには副作用がほとんどありませんが、眠気やふらつき、だるさ、食欲不振、吐き気が起きてしまうことが低確率であります。

 

 

セディールの作用時間は? 飲んでからどれくらい効く?

飲んでから約1時間~1時間半作用します。

ですが、睡眠薬や他の抗不安薬と違って飲んで即効で効果を発揮するタイプの薬ではなく、ゆっくり体質を変えていくタイプの薬なので寝る前だけではなく1日3回に分けて使います。

参考サイト:セディール錠5mg/セディール錠10mg/セディール錠20mg

 

 

セディールの使用量と価格について

セディールは通常1日30mgからはじめて最大で60mgまで増やすことができます。

価格はやや高めで10mgで28.8円です。1日30mgを1ヶ月処方されたとすると、

28.8✕3✕30=2,592円(健康保険適用で3割負担の777円)という計算になります。

実際はこれに薬局での調剤料や健康管理料などが加算されます。

 

 

セディールを使ってみた感じは?

他のサイトからの引用となりますが、使っている人の感想をいくつか紹介いたします。

セディールを処方されたけど実際は使うとどんな感じなんだろう、不安やそわそわでよく眠れないけど睡眠薬などは怖いという方はぜひ参考にしてみてください。

 

(前略)1日3回10mg×3
不安感やイライラが軽減されたよ
でも目的が>>33ならメジャーを飲んだほうが良いかも

 

※「>>33」は他のコメント番号のことで、動悸を抑えるためにセディールを使っているという内容でした。

メジャーとは、メジャートランキライザーの略称です。

抗精神病薬と言われる薬のことで、主に統合失調症という病気の治療や強い不安を抑えるときに使われる薬です。

 

止めたら落ちる時の幅が大きくなった。
底上げされてたと思う。
不安やイライラの緩和が目的で、思ったほど落ち着かず、一度は処方外れた。
ただ、自分は薬の副作用が出やすくて、他にまともに飲める抗不安薬がなかったから、結局戻ってきた。
現在は40mg/day、自分的には底上げ要員。

 

初セディール
このスレでは副作用報告少ないみたいだけど動悸と軽い吐き気が来たorz
なんだコレ…
慣れれば出なくなるのか…?

 

飲み始めて2ヶ月ほど
一回20㍉を朝昼晩
昨日薬剤師さんに、セディールが効いてくればもっとよくなるんですけどね~
なんて言われた 2ヶ月たっても効力発揮しないなんてなんか飲ませる意味あんのこれ…
おかげでワイパックス頼りっきり

 

引用元:◯●セディール3錠目◯●

 

引用元のページを見ると、多くの人が「効き目がよく分からない」とコメントしています。

中には上のように効果を実感している人もいますのでこの薬の効果の弱さや即効性がないことがそのまま現れているようです。

 

やめたいのにやめられなくなったという書き込みは見られなかったので、依存性が少ないという点は信頼性が高いです。

 

 

まとめ:セディールの効果と副作用 不眠には?

セディールは、セロトニンのような働きで受容体に作用してストレスなどによる不安やいらいら、それらが原因で起きる不眠に効果的な抗不安薬です。

 

セディールの特徴まとめ
  • 副作用や依存性がほとんどない。
  • 即効性やパワーはないが、少しずつ不安・いらいらしやすくなった体質を改善できる。
  • 価格がやや高め。

 

効き目を実感できるようになるには最低でも1ヶ月程度は必要で、他の抗不安薬と比べるとパワーもないですがとにかく安全性が高く、一度改善できればやめても不安やいらいらがまた戻ってくるということがないのがセディールの良いところです。