むずむず脚症候群

夜寝ようとして横になると足がむずむずして動かさずにはいられない

手足を内側からかきむしりたくなる

足の内側を虫がはってるような不快感がある

こんな症状で不眠に悩まされていませんか?

これはむずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)という病気のせいかもしれません。

 

変な名前の病気ですが、夜寝ようと思って足にこんな不快感があると辛くて眠れないですよね。

むずむず脚症候群の原因は、ドーパミンという脳内ホルモンの働きが不足していたり、鉄分不足だったり、他の病気が引き金になったり、遺伝などがあります。

治療のためには鉄分の補充や薬を飲むことなどが必要です。

 

こちらでむずむず脚症候群の原因や治療法などについて詳しく見ていきましょう。

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)ってどんな病気?

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)は、眠ろうと思って寝床についたり、イスに座ってじっとしたりしていると、手足がむずむずして動かしたくなったり、なにかが足をはうような不快感を覚える病気です。

 

むずむず脚症候群という名前ですが、足だけじゃなくて腕や関節部分がぞわぞわするという症状もあるようです(私の妻がそうでした)。

 

動かすと症状がやわらぐので常に体を動かしてしまい、そのせいで寝つきが悪くなります。

なんとか寝つけても無意識に動かしてしまうので眠りの質がひどく落ちてしまいます。

 

この症状は夕方から夜にかけて強くなり、特に寝るときによく現れます。

男性よりも女性がなりやすく、さらに年齢が上がるほどかかりやすくなるという研究結果があります。

 

 

足がむずむずしてしまう原因はなに? ドーパミンや鉄分などが関係

ドーパミンの働きが弱まる。

ドーパミンという脳内ホルモンがあります。

ドーパミンは楽しい、わくわくする、やる気といった感情に関係しているのですが、そのほかにも神経同士で情報を伝達する働きを持っています。

そのためドーパミンの働きがなにかのきっかけで弱くなると、情報伝達がうまくいかなくなってむずむずや不快感が起きてしまうのです。

 

鉄分不足

鉄分は血液の材料になりますが、そのほかにもドーパミンなどの脳内ホルモンの働きをサポートする役目を持っています。

そのため鉄分が不足してしまうとドーパミンの働きが弱ってしまい、むずむず脚症候群の症状が出てしまうことがあるのです。

 

他の病気が原因:腎不全、リウマチ、パーキンソン病など

他の病気が原因でこの症状が発生することもあります。

たとえば、腎不全(特に透析をされている方)、リウマチ、パーキンソン病といった病気です。

 

薬の副作用

ドーパミンの働きが弱ってしまうことでこの病気の症状が現れるので、ドーパミンの働きを抑える薬の副作用として現れることもあります。

 

統合失調症という病気の治療薬は、ドーパミンの働きを抑えるのが主な作用なので、むずむず脚症候群を副作用として引き起こしやすいです。

 

遺伝

年齢が上がるとむずむず脚症候群になりやすくなりますが、40代以下の方でなってしまう場合は遺伝的要因も考えられます。

親が同じ症状を持っている場合、遺伝性の可能性が高くなります。

 

 

足がムズムズして眠れないのはもう嫌だ! むずむず脚症候群の治療法

鉄分をよくとる

鉄分不足はドーパミンの働きを低下させて、足のむずむずを起こしてしまう原因になります。

卵やレバーには鉄分が豊富ですので、積極的に食べましょう。

 

サプリからの摂取でも大丈夫です、私の妻も同じ症状がありましたが市販の鉄分サプリを摂取したら「まったくないわけではないけど、眠れなくなるほど酷いのはなくなった」と良くなりました。

使っているのはこちらです。

ディアナチュラ ヘム鉄 With サポートビタミン2種 30粒

 

足のむずむずを悪化させるカフェイン、アルコール、タバコを控える

カフェイン、アルコール、タバコは、症状を悪化させることが分かっています。

カフェインもアルコールもタバコも単純に睡眠の質を下げてしまい、寝ても疲れが取れにくい原因になりますので、できれば控えましょう。

お酒を飲まないと眠れない。寝酒をなるべく楽にやめる方法

 

むずむず脚症候群の治療薬を使う

むずむず脚症候群の治療薬はあるのですが、どれも原因をもとから治療することはできません。

副作用も当然ありますので、まずは鉄分の補充とカフェイン・お酒・タバコを控えてみてそれでも症状が良くならないときに薬を使うようにしましょう。

 

むずむず脚症候群に有効な薬は次の3つです。

ちなみにむずむず脚症候群を病院で診てもらうときは、睡眠障害の専門をかかげているところか神経内科や精神科などが専門になります。

 

ビ・シフロール

ドーパミンのような働きをして足がむずむずするのをやわらげてくれる薬です。

むずむず脚症候群の患者の約8割に有効だったという研究報告があります。

 

ニュープロパッチ

こちらは貼り薬です。

肩やふとももに貼って1日1回貼りかえるだけで24時間薬の効果が持続するので、日中にも症状がでる人に効果的です。

 

レグナイト

神経の興奮を静める働きを持つGABAという神経システムを活発化させて、症状を抑えます。

足のムズムズと一緒に不眠の症状にも効果があります。

 

リボトリール、ランドセン

GABAのなかでも睡眠、不安をやわらげる部分に働きかけて効果を発揮します。

むずむず脚症候群の症状の解消のほかに眠りを深くしたり、不安をやわらげる効果で、不眠症や悪夢にも効果的です。

 

 

まとめ

夜に手足がむずむずして動かしたくてしょうがなくなったり、足になにかがはうような不快感が起きるときはむずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)という病気のせいかもしれません。

 

むずむず脚症候群の原因は、脳内ホルモンのドーパミンの働きが弱くなっていることや鉄分不足、他の病気の症状、遺伝的要因が挙げられます。

 

治療法としては鉄分を補給すること、カフェインやタバコ、アルコールは症状を悪化させるので控えましょう。

これらの方法をとっても症状が良くならなければ、薬を使う必要がありますので、睡眠障害の専門医や神経内科などで診察を受けましょう。