セロクエル

統合失調症や双極性障害と診断された方で不眠に悩んでいる方は多いと思います。そんな方に知っていただきたい薬がこの記事で紹介するセロクエルです。

 

セロクエルは統合失調症の薬ですが、強い不安感やうつ状態や双極性障害の躁状態など様々な応用方法のある薬です。ドーパミンやヒスタミン、セロトニン、アドレナリンといった様々な脳内ホルモンに働きかけて強烈な眠気を起こし、睡眠の質も上げてくれます。

 

セロクエルはどんな薬か、どうして眠気を起こしたり眠りの質が上がるのか、副作用や使ったことのある人の体験談も交えてこの薬について見ていきましょう。

セロクエルってどんな薬?

セロクエルは日本では2001年に発売された統合失調症の治療薬です。統合失調症は、幻覚や妄想にとらわれてしまう陽性症状と喜怒哀楽の感情が薄くなったり、あらゆる物事に意欲がなくなってしまうなどの陰性症状をあわせもつ病気で、ドーパミンというホルモンが過剰に作用していることなどが原因だと考えられています。

 

古い統合失調症の薬はこのドーパミンの働きを抑えることで、激しい妄想や幻覚といった陽性症状を治療することができましたが、陰性症状を改善することがほとんどできないほか副作用が強かったので、新しい薬としてセロクエルなどの薬が開発されました。

 

セロクエルはドーパミンを抑えすぎず、適度に抑える作用を持っていて、さらにセロトニンやヒスタミン、アドレナリン、ノルアドレナリンなど非常に様々な脳内ホルモンに作用することで陽性症状に加えて陰性症状の改善にも効果を持っています。副作用も古い薬と比べると減っているので、使いやすい薬になっています。

 

睡眠薬じゃないのにセロクエルでものすごく眠れる理由

ヒスタミンをブロックする

脳内ホルモンのひとつにヒスタミンというものがあります。ヒスタミンには、アレルギー症状を起こしたり、脳を覚醒させる作用などがあります。

 

そのためヒスタミンの働きをブロックする人は眠くなります。市販の睡眠薬のほとんどがこの作用を利用しています。鼻炎やアレルギーの薬もヒスタミンをブロックする作用があるので、同じ理由で眠気の副作用が出るものがあるのです(最近の薬では少なくなっていますが)。

 

ただし、ヒスタミンをブロックすることによって起きる眠気は耐性がつきやすく、飲み始めは寝られずにはいられないくらいの強烈な眠気に襲われても飲んでいるうちに眠気が少しずつ弱くなっていきます。

 

ドーパミンをブロックする

ドーパミンはやる気を高めたり、楽しい!気持ちいい!という感情を起こしたり、脳を覚醒状態にする作用を持っています。セロクエルは覚醒作用のあるドーパミンの働きを適度に抑えるので、これも眠気を起こす原因になります。

 

セロトニンの一部の働きをブロックする

セロトニンといえば、うつ症状の改善に効果的だとかリラックス作用があるということで有名だと思いますが、まったく逆の効果を発揮してしまうこともあります。

 

脳内ホルモンは受容体と呼ばれる場所にくっつくことで作用を発揮しますが、セロトニンが5-HT2Aという場所にくっつくと不安になりやすくなったり、なにかをしなければいけないという焦りが起こりやすくなってリラックスできなくなってしまいます。

 

セロクエルはセロトニンがこの5-HTAにくっつくことを防いでくれるので、リラックス作用が高まります。それだけではなく睡眠の質も上がります。

 

アドレナリンをブロックする

アドレナリンは興奮、怒りといったときに出るホルモンだとよく知られています。アドレナリンには血圧を上げる作用があるのですが、セロクエルはアドレナリンの働きも邪魔します。血圧が下がると人はぼーっとしたり、眠気を感じるので、これもセロクエルを飲むと眠くなる理由のひとつです。

 

 

セロクエルの副作用はどんなもの?

セロクエルは古い統合失調症の薬と比べれば少なくなっていますが、それでも手足のふるえ、身体がこわばって動きにくくなるなどの副作用があります。その他には先ほど説明した眠気に加えて生理不順、乳汁が分泌されてしまう、口のかわき、便秘、目のかすみ、怒りっぽくなる、体重増加などがあります。

 

体重増加はよくある副作用で、それにはヒスタミンのブロックが関係していて、ヒスタミンをブロックするとアレルギー症状がやわらいだり、眠気が起きますが、それと一緒に食欲が増えてしまいます。セロクエルのヒスタミンを邪魔する作用は強いので、食欲増加も起きやすく食べすぎて太ってしまうということがあるのです。

 

また、セロクエルは糖尿病の方には投与が禁止されていますので注意してください。

 

セロクエルの副作用のうち、手足のふるえ、身体のこわばり、生理不順、乳汁分泌といったものは副作用止めの薬がありますので、それを使うことでも防ぐことができます(アキネトン・タスモリンという薬です)。セロクエルは必要だけどこのような副作用がきつい場合は副作用止めの使用を検討してみましょう。

 

セロクエルの使用量について

セロクエルは1回25mgの1日2回~3回から開始して、最大750mgまで使うことができます。ただし眠気の作用はかなり強めなので不眠改善を目的として使う場合はそこまで多い量にはならないでしょう。

 

私の妻も頑固な不眠に悩んでいて使ったことがありますが、効きやすい体質なのか25mgだけでも不眠には十分でした。(副作用もかなり感じてしまいましたが・・・)。いつも悩んでいた悪夢はあまり見なくなりましたが眠気は飲んでいるうちに少しずつ弱くなってしまいました。

 

セロクエルは飲んでからどれくらいで効いて、どれくらい続く?

セロクエルは服用してから約2~3時間後に効果が最大になって、約3時間半で効果がほとんどなくなります。不眠の対策として使うのであれば就寝の2時間前ぐらいに飲むと効果的でしょう。

 

参考:セロクエル25mg錠/セロクエル100mg錠/セロクエル200mg錠/セロクエル細粒50%

 

 

セロクエルの価格について

セロクエルの価格は25mg錠で38.3円です。就寝前に1日1錠使用する場合の1ヶ月の金額は、38.3✕30=1,149円(健康保険適用で3割負担の345円)です。実際にはこれに薬局で調剤料や健康管理料などが加算されます。

 

 

セロクエルを使った他の人の体験談

他サイトからの引用ではありますが、セロクエルを処方されたけどどんな薬だろう・・・、不眠にセロクエルが本当に効くの?と思っている方はぜひ参考にしてみてください。

眠気 体重増加 頭痛が起きた 昼間も眠くてフラフラ

頭痛も頻繁 数時間は寝るというより意識が無い感じだ

放っておけば20時間寝ている 副作用の方が辛い

 

糖質。夜寝る前に眠剤+寝れない時にセロクエル25㎎。普通に気になる病状が消えて最近は安定してる。

ただ本当に寝つきが悪くなる時があって、その時は眠剤に追加してセロクエル飲んでる。

医者は12.5㎎を予防のために進めてるけど飲んだほうがいいかね?

もう気になる病状もないし、寝つきが異常に悪いだけなんだが・ェ・`)

 

この薬はいい感じに眠気がきてたからよく眠れて助かってた

もちろんほかの眠剤ものんでたけど でも、暴飲暴食してしまい太ってしまったのでほかの薬に変えてもらった

そしたら関係妄想、被害妄想が復活してきた…セロクエルのほうが合ってた 関係ないかもしれないけどセロクエル飲んでたときは、生理不順も治ってた 毎月来てびっくりした

引用元:セロクエル16錠目

 

他にも様々な意見がありましたが、とにかく眠いということ、太るということ(食べすぎてしまう)、いらいらしやすくなることがあるとスレッド内では書かれていることが多かったです。

 

 

睡眠薬じゃないけど、不眠を改善できる他の薬はある?

セロクエル以外にも不眠を改善することができる睡眠薬じゃない薬はあります。セロクエルを試してみたけど不眠には効かなかった、睡眠薬が効かなくなってきたという方は以下の記事を参考にしてみてください。

睡眠薬以外の薬が不眠を解消できる睡眠薬?

睡眠薬が効かないときの奥の手

睡眠薬が効かないときは飲み合わせもチェックしてみよう

 

まとめ

セロクエルは統合失調症の治療薬ですが、強い不安感やうつ症状、躁状態の治療など応用範囲の広い薬です。ドーパミンやヒスタミン、セロトニン、アドレナリンなど様々な脳内ホルモンに働きかけることで強い眠気を起こしたり、睡眠の質を高めます。

 

古い統合失調症の薬と比べると副作用は少なくなっていますが、それでも手足のふるえや身体がこわばって動きにくくなる、体重増加、乳汁が分泌してしまう、生理不順、目のかすみ、口のかわき、便秘、立ちくらみ、めまいといった副作用が出る可能性があります。糖尿病の方は使用が禁止されているので、注意してください。

 

実際に使用した方の声では、強い眠気や食欲の増加、怒りっぽくなるといったことが言われていました。こういった副作用が出てしまう場合は、この記事で紹介した他の不眠改善に効果的な薬を使うこともぜひ検討してみてください。