寝るときの姿勢、体位、睡眠

みなさんは寝るとき普段どんな姿勢で寝ていますか? 仰向け、うつ伏せ、横向き人によって違うと思います。ちなみに私は昔は横向きじゃないと眠れませんでしたが、今では仰向けで寝ています。

 

寝るときの姿勢は人それぞれだと思いますが、その姿勢によっては寝付きの悪さや睡眠の質の悪さを生み出してしまうことがあります。自分にあった体位で寝ることが睡眠の質を高めるポイントです。しかし、寝るときの姿勢だけではなくしっかり寝返りがうてる環境も非常に重要です。

 

仰向け、うつぶせ、横向きそれぞれにメリットとデメリットがあり、人によって最適な寝る姿勢は異なります。それぞれの寝る姿勢が睡眠に与える影響やどんな人にその体位が向いているのかをこちらで見ていきましょう。

 

仰向けで寝ることの良いところ、悪いところ

全身に重力が均等にかかるので体の一部分に負担がかかることがありません。血液循環もスムーズになり、血栓ができにくくなります。また、体と寝床が重力にはさまれることで正しい姿勢で寝ることができます。

 

ただし、重力によって舌がのどに落ち込んでしまいやすく、気道が圧迫されやすい姿勢でもあります。これは呼吸がしづらくなる可能性があるということであり、特に睡眠時無呼吸症候群の可能性がある方にはおすすめできない姿勢です。

睡眠時無呼吸症候群とは? 不眠との関係

 

仰向けは、胃腸や心臓、その他内臓になにかトラブルがある方や高血圧、低血圧、動脈硬化などの血流系にトラブルがある方におすすめの体位です。

 

うつぶせで寝ることの良いところ、悪いところ

仰向けの場合とは反対で、気道が確保されるため呼吸がしやすい体位です。さらに背骨への圧迫がないので、腰痛がある方には良い効果があります。

 

ただし、胸部や腹部が圧迫されてしまうため、胃腸の調子が悪い方や心臓にトラブルがある方にはおすすめできません。また、呼吸をするために首が左右のどちらかに向いてしまうので、首に負担がかかってしまう体位でもあります。

 

横向きで寝ることの良いところ、悪いところ

仰向けと違って重力で舌がのどに落ち込むことがないので、睡眠時無呼吸症候群の可能性がある方に良い体位です。うつぶせと違って胸部や腹部を圧迫することもありません。

 

さらに、ひざや腰を好きな角度に曲げて寝ることで腰痛をやわらげることもできます。しかし、横向きで毎日寝ていると片側の肩に負担が大きくなり、肩こりや首こり、肩の痛みにつながってしまいます。

 

結局は、寝返りが取れる大きさのベッドが重要

これまで寝るときの様々な体位によるメリットとデメリットをお伝えしてきましたが、より重要なのは寝返りがうてる大きさの寝床で寝ることです。

 

人は一回の睡眠で無意識に何度も寝返りをうっています。ずっと同じ体位で寝ることで体の一部分に負荷がかかって上で書いたようなデメリットの部分を体が受けてしまうからです。

 

体の一部分だけに負荷がかかりすぎないように寝返りをうつことが寝るときの体位で一番重要です。そのためには十分な大きさの寝床が必要です。ひとりで寝られる方でもできればセミダブル程度の大きさが質の高い睡眠を取るのには望ましいです。

 

睡眠の質を良くする寝具の選び方については別の記事で解説しているのでぜひご覧ください。

→毎日安眠するための寝具の選び方(近日公開予定です)

 

 

まとめ

寝るときの姿勢は寝付きの良さやぐっすり眠れるかどうかに影響と与えます。仰向けで寝るのが全身に一番バランスよく負荷がかかる寝方です。ただし、重力で舌がのどに落ち込むことがあるので、睡眠時無呼吸症候群の方にはおすすめできません。

 

うつぶせは、反対に気道が確保されるので呼吸をしやすい寝方です。背骨への圧迫もないので腰痛を持っている人にはおすすめの姿勢です。しかし、胸部と腹部を圧迫してしまうことには注意が必要です。

 

横向きに寝るのはいびきもかきにくいし、うつぶせと違って胸部や腹部の圧迫はありません。腰痛にも良い姿勢です。ただこの姿勢で寝ることを続けると片方の肩に負担をかけてしまい、肩こりや首こりの原因になってしまいます。

 

それぞれの姿勢にメリットとデメリットがありますが、なによりも重要なのはずっと同じ体位で寝続けないために、寝返りがしっかりうてる広さの寝床で寝ることです(個人的には、全身に均等に負荷がかかる仰向けで寝るのがおすすめです)。自分にあった姿勢で眠りにつくこと、そして寝返りがしっかりうてる寝具を使うことで眠りの質を高めましょう。