睡眠薬が効かない

市販の睡眠薬じゃもう効かない。

病院で睡眠薬をもらってるけど効かない。

だんだん効かなくなってきた。また眠れなくなるし薬が増えてしまう・・・。

こんな風に不安になっていませんか?

 

 睡眠薬が効かない、効きにくい原因はあなたの体に耐性ができてしまっているか、あなたに薬自体が合ってないか です。

そんなときは耐性ができるスピードを遅くする薬の使い方をしたり、耐性ができにくい薬や睡眠薬の代わりに使える薬にチェンジしたり、薬以外の不眠対策が必要です。

詳しくこちらの記事で見ていきましょう。

不眠症に睡眠薬が効かなくなる理由 耐性、薬が合ってない

睡眠薬に耐性ができてしまったから

人の体はいろいろなホルモンなどの働きで体温などをコントロールし、バランスを保っています。

睡眠薬を飲むと、睡眠薬が脳に作用して眠らせようとします。

それに対して人の体はバランスを保とうして、神経を刺激して目を覚まそうとします。

 

最初のうちは薬の力の方がずっと強いから眠れるんですが、段々と体がどんどん目を覚まそうとするのでそれまでの量では薬が効きにくくなってきます。

これが薬の耐性ができるメカニズムなんです。

 

眠れない原因に対して使っている睡眠薬が合ってないから

不眠症の原因は本当にいろいろあります。

ストレス、食事バランスの悪さ、生活習慣の乱れ、病気など・・・原因によって不眠が起きるメカニズムが違います。

それぞれにあわせた効果的な対処法や睡眠薬があるんです。

 

あなたの不眠のメカニズムにぴったり合う薬を選ばないと効果が落ちてしまうので、合っていない場合は睡眠薬が効かない、ということになってしまいます。

 

市販の睡眠薬は基本的に体のなかで目を覚ます作用を持っているヒスタミンというホルモンの働きを邪魔して眠気を起こします。

一時的なストレスや生活習慣の乱れからくる軽い不眠症には効果的ですが、 重い長く続くストレスやうつ病などの病気からくる不眠には力不足 です。

 

病院でよく処方される睡眠薬はベンゾジアゼピン系非ベンゾジアゼピン系といわれる分類の薬です。

GABAという場所に直接働きかけて不安をやわらげたり、体をリラックスさせたり、眠気を起こしてくれます。

市販の睡眠薬と比べると力が強くて、重いストレスや病気による不眠にも効果があります。

ただ、原因を改善してくれるわけではないので、飲み続けていると耐性ができてしまって段々と効かなくなってしまうんです。

 

それから特にうつ病などの病気の場合は、セロトニンドーパミンといったいろいろなホルモンの働きが組み合わさって不眠が起きているので、睡眠薬だけだとパワー不足ということもあります。

 

 

睡眠薬に耐性ができてしまった、不眠症に薬が効かないときの対策

睡眠薬を一度休む期間をおいて、耐性を作られにくくしたり、弱くする

少し睡眠薬の効きが悪くなってきた・・・

というぐらいなら、まずは耐性ができにくい薬の使い方をやってみましょう。

 

そのために、一度薬をやめる(休む)期間を作ることが大切です。

 に市販の睡眠薬は耐性が作られるのが早いので、使うときは1週間以内 におさえましょう。

 病院で処方される睡眠薬も1ヶ月以上連続して使わない ようにしましょう。

 

いったん薬をやめる期間をおけば耐性が作られないようにしたり、できた耐性を弱めることができます。

 

薬をやめる期間はどうしても睡眠が悪化しますから、このあと紹介する耐性ができにくい薬や薬以外の不眠対策も一緒にやって乗り切りましょう。

 

 薬を休んでいる期間にどうしても不眠で辛い、きつい、生活に支障が出るようでしたら我慢しすぎないで、薬を再開して また薬を休めるタイミングを見計らってください。

 

いつもの睡眠薬以外で眠りに効果的な薬を使う、原因の病気を治療する

睡眠の仕組みはとても複雑で、いろいろなことが絡み合って眠れなくなってしまいます。

ドリエルといった市販の薬や病院で処方されるマイスリーやハルシオンなどの睡眠薬が効きにくいなら、他の耐性ができにくい新しい薬を使ってみましょう。

それからもしうつ病やパニック障害などの他の病気が眠れない原因になっているときは、そちらの治療も大切です。

 

耐性ができにくい睡眠薬:ロゼレムを使う

ロゼレムは、睡眠ホルモンメラトニンに働きかけて寝つきを良くしてくれたり、昼夜逆転を治したりしてくれる薬です。

今までの睡眠薬と違って耐性ができる可能性はほとんどないです。

睡眠薬よりも自然な眠りを取り戻すにはこちらの方が向いています。

ただ、ぐっすり眠れないというタイプの不眠には向いてないです。

自然な眠りを取り戻す睡眠薬ロゼレム 効果や副作用は?

 

メラトニンは直接サプリメントでとることもできます。

詳しくはこちらをどうぞ。

メラトニンは睡眠リズムの乱れに良い! 効果や副作用は

 

耐性ができにくい薬:ベルソムラを使う

ベルソムラは、オレキシンという目を覚ます働きをしているホルモンを邪魔して眠らせてくれる薬です。

こちらはロゼレムと比べて寝つきが悪いのと熟睡感が少ないの両方に効果的です。

耐性も作られにくいですし、作用が違うので他の睡眠薬で眠れなかった人にも効果がある可能性があります。

新しい働きで依存性が少ない睡眠薬ベルソムラ

 

うつ病なら:デジレル、レスリンを使う

デジレル、レスリンはうつ病の治療薬ですが、睡眠作用がとても強いです。

5-HT2Aという神経を刺激してしまう部分をブロックして眠くしたり、眠りの質を高めてくれます。

睡眠薬と違って耐性はほとんどできません。

睡眠の質を上げる薬デジレル、レスリン

 

統合失調症なら:セロクエルを使う

セロクエルは主にドーパミンというホルモンの働きをブロックします。

ドーパミンは目を覚ます働きがあるので眠くなる薬です。

セロクエルは、他にも目を覚ましたり神経を刺激してしまうヒスタミンや5-HT2Aなどいろいろなホルモンの働きをブロックするので睡眠作用が強い薬です。

セロクエルは睡眠薬じゃないけどすごく眠れる 効果と副作用

 

 

これ以上薬を増やしたくないときは、睡眠サプリを使う

睡眠サプリは副作用もなくてもちろん耐性ができることもないので、これ以上ほかの薬を増やしたくないときには良いですね。

サプリメントって言っても、身体をリラックスさせてくれたりするトリプトファンGABA(ギャバ)といった睡眠に関係する栄養をしっかりと配合しているのできちんと眠りのサポートができるんです。

 

おすすめは実際に不眠だった妻が使ってみて良かったグッドナイト27000です。

使ってみた感想も書いたので、ぜひご覧ください。

眠れた! 不眠の妻がグッドナイト27000を使ったレビュー+成分や副作用は?

 

 

まとめ

睡眠薬が効きにくい、段々効きにくくなる原因は薬を飲んでいるうちに体に耐性ができてしまうからでした。

こんなときは耐性を作られにくくしたり、弱めるためにいったん睡眠薬を使うのを休みましょう。

 

ただ、どうしてもその間睡眠が悪化してしまうので、代わりにもともと耐性が作られにくい睡眠薬や睡眠薬の代わりに使える眠りに良い薬を使ったり、睡眠サプリなどで眠りをサポートしてあげてください。

下で紹介する不眠対策も合わせてやるともっと良いですよ。