枕と肩こりと不眠

原因がよく分からないけどぐっすり眠れない、朝起きたときに頭痛や肩こり、首こりをしょっちゅう感じてに困っている方はいませんか?

 

その原因があなたが毎日使っている枕の場合があります。多くの不眠の原因はストレスや病気ですが、実は枕選びも非常に重要なのです。枕が合っていないと朝起きた時の頭痛や肩こり・首こりの原因になったり、熟睡感が減ってしまう可能性があります。

 

ぴったり自分に合った枕を選ぶことで、それらを改善することができます。こちらの記事で枕選びの重要性や枕選びのポイントについて詳しく見ていきましょう。

そもそも枕はなんのためにある?

すごい基本的なところからですが、人が毎日寝る時に枕を使うのは頭部と首を支えて、体にかかる負担をできるだけ減らすためです。だからこそ枕が自分に合っていないと上に挙げたような頭痛や肩こりの原因になったり、睡眠の質が低下してしまうのです。

 

敏感な方ですと旅行先などで枕が変わると眠れないからとマイ枕を持っていく方もいらっしゃいますよね。単純に自分の枕に安心感を覚えるというのもあるでしょうが、枕が睡眠に与える影響は大きいのです。

 

 

自分にあってない枕で肩こりや頭痛が起きる原因は?

たとえば、枕が硬すぎると頭の重さと枕で首を圧迫してしまい、朝起きたときの首こり、肩こりの原因となってしまいます。

逆にやわらかすぎると頭や首の位置が沈みやすく不安定になります。

この場合も首に負担がかかり、睡眠の質が悪くなります。

 

枕が高すぎる場合は、あごが引いた状態になるので気道(体内への空気の通り道)が圧迫されやすくなって呼吸がしづらくなり、低酸素状態を引き起こしてしまうため熟睡できなくなります。

 

逆に枕が低すぎる場合は、心臓との位置関係と重力の働きで脳に血液が多く送られるようになり神経が刺激されてしまい、その結果睡眠の質が悪くなってしまいます。

 

 

自分にあった理想の枕選びのポイントは?

枕は大きさ、高さ、素材、形など非常に様々なものがあり、個人差もあるのでこれが一番良いというものはありません。

枕選びの特に重要なポイントは枕の大きさと高さ、そして枕の中身の素材(枕の堅さ)です。

 

枕の大きさはどれくらいが良い?

枕の幅はある程度ないと、寝返りをうったときに頭が落ちてしまい睡眠には良くありません。

一般的に販売されている枕の大きさは幅60cm程度あり、これぐらいあれば十分です。

 

より大きい幅70cm程度のもの(ホテルでもよく使われるサイズです)だとよりゆったりとした寝心地になるので特に理由がなければ幅広のものを選んでも良いでしょう。

女性や頭が小さめの方は60cmでも十分な寝心地です。

 

 

枕の理想の高さは?

これは体格によって微妙に異なりますが、平均的には男性が4cm、女性が3cm程度と言われています。

一番良いのは枕を買うときに試してしっくり来るものを選ぶことですが、店舗によっては試しに使ってみることができない場合や通販で枕を購入するときがありますよね。

 

そんなときはあえてやや低めの枕を購入して、タオルを枕の下に敷いて高さを調節するという方法もあります。

今お使いの枕が合っていないと感じる方もタオルを使ってちょっと高さを調節するだけでも、だいぶ寝やすさが変わるかもしれませんのでぜひ試してみてください。

 

 

おすすめの枕の中身の素材はどれ? それぞれの特徴

枕の中身の素材は枕の堅さにダイレクトに繋がります。

それだけではなく素材によって当然感触やメンテナンスの仕方が変わってきますので、自分のライフスタイルに合わせたものを選びましょう。

 

低反発ウレタン

ゆっくりと沈んでゆっくり戻る独特の素材です。

頭と首の形にフィットしますので、頭と首にかかる重さを分散させられ、首こりや肩こりが起きにくいです。

 

ただし、通気性が悪く、熱や匂いがこもりやすいうえに丸洗いができません。

冬の寒い時期になるとやや硬くなったり、濡れているようなさわり心地になることがあるのもデメリットです。

1年程度の短いスパンで交換することが前提であれば、睡眠にはとても良いです。

 

パイプ、ストロー

ストローを細かく切ったような形の素材です。

使われているパイプの性質によって自分にあった硬さを選ぶことができます。

また、通気性が良いうえに丸洗いができるので清潔に使えます。

耐久性も高いため4,5年程度は使うことができます。

 

デメリットとしては寝返りをうったときの音が気になったり、ふんわりした感じの枕に慣れている方には、でこぼこした感触が気になることがあります。

 

羽根

掛け布団にも使われるふんわりした感触が特徴的な素材です。

汗をよく吸い・乾きやすく、熱もこもりにくい、夏は涼しく、冬は暖かくなります。

長く使ってもへたりにくいのも良いところです。独特の匂いがあり、アレルギーが起きる可能性もあるのでそこは注意が必要です。

 

そばがら

そばがらは、その名のとおりそば粉を取るときにそばの実から取られた殻のことです。

昔からよく枕の中身の素材として使われています。

適度な硬さがあり、通気性がよく汗もよく吸うのが特徴です。

触れるとひんやりした感じがあるので夏には気持ちいい素材です。

 

しかし、元が食品の殻なのでしっかりと手入れをしないと虫がわいたり、カビやダニが発生するデメリットがあります。

また、そばアレルギーの人は使うことができません。

 

ポリエステル綿(わた)

綿のような素材ですが、天然の綿ではなく、合成繊維です。

適度なやわらかさとクッション性があります。

お手頃な価格なのが魅力ですが、乾きにくく、夏場に汗をかくとじとっとしてしまうことがあります。

 

また、使っているうちにへたってきて、弾力性が落ちてきます。

丸洗いできるものとできないものがありますので買う時に注意が必要です。

 

 

まとめ

自分にぴったり合った枕を選ぶことで、睡眠の質を上げ、起きたときの頭痛や肩こりなどを改善することができます。

枕選びで重要なポイントは枕の大きさ、高さ、堅さの3つです。

 

枕の大きさは幅70cm程度のものを選ぶとゆったりとした寝心地になります。

高さは男性4cm、女性3cmが良いと言われていますが、個人差があります。

 

一番良いのは実際に試してみてしっくり来るものを選ぶことですが、あえて低いものを買ってタオルなどを敷いて高さの調節をするのもおすすめです。

 

素材はそれぞれ様々な特徴がありますが、堅めが好きな方はそばがらやパイプのものを、やわらかめが好きな方は低反発ウレタンや羽などが良いでしょう。