ナルコレプシー

夜しっかり寝ているのに急に昼間眠くなって寝てしまったことがある方はいませんか?

もしかしたらそれはナルコレプシー(居眠り病)という病気かもしれません。

 

ナルコレプシーは、夜にしっかり寝ているにも関わらず昼間に急に眠くなってしまい、授業中、会議中、車の運転中などに限らず眠ってしまう病気です。

ですが、ナルコレプシーだと思いきや実は、夜の睡眠の質が悪くてぐっすり眠れてないから睡眠不足になって、昼間に突然眠くなってしまうということもあります。

 

ナルコレプシーという病気について知り、あなたがナルコレプシーなのか、それとも睡眠の質が悪いなど別の原因で昼間眠くなっているのか、ナルコレプシーだった場合どのように対処するのかなどを詳しく見ていきましょう。

ナルコレプシーってなに? どんな病気?

ナルコレプシーは通称居眠り病とも呼ばれる病気です。

寝ても寝ても眠くなってしまう過眠症と間違えられてしまったり、ただの怠け者と思われてしまうこともあります(怠け者ではなく病気です)。

 

10代のうちに発症することが多く、14~16歳で最も発症する確率が高いです。

30代以降に発症することはめったにありません。

世界平均で2,000人に1人が発症しますが、日本ではもっと高くて平均600人に1人がこのナルコレプシーを発症します。

 

ナルコレプシーに特徴的な症状は次のとおりです。

 

睡眠発作

睡眠発作とは、急に眠りに落ちてしまうことです。

夜にしっかり睡眠を取って朝起きても、昼頃になると耐えられないほどの眠気が現れて急に居眠りをしてしまいます。

怠けとかそういう問題ではないので、重要な会議中とか車の運転中でも関係なく眠りに落ちます。

 

1回の睡眠は30分~1時間程度で、寝た後はすっきりするのですが、その数時間後にはまた同じように急な眠気で居眠りしてしまいます。

 

情動脱力発作

情動脱力発作は、笑ったり、喜んだり、怒ったり、泣いたりなど感情が高ぶったときに、急に全身から力が抜けてしまう症状です。

 

これで急に倒れ込んでしまったり、ろれつが回らなくなってしまったりしますが、数秒以内にもとに戻ります。

ナルコレプシーの方に必ずこの症状が起きるわけではありませんが、高い確率で起きます。

 

入眠時幻覚

これも必ず起きるわけではありませんが高い確率で起きます。

睡眠発作で眠りに落ちる際に誰か人影や幽霊のようなものが見えたり(幻覚です)、幻聴が聞こえたりします。

 

人は眠った直後はノンレム睡眠といって深い眠りに入るのですが、ナルコレプシーの睡眠発作では、眠った直後に浅いレム睡眠が起きます。

人はレム睡眠のときに夢を見るので、睡眠発作で現実感のある夢を見ていると考えられています。

 

睡眠麻痺

入眠時幻覚と同じくナルコレプシーの方に高い確率で起きる症状です。

いわゆる金縛りで、睡眠発作で眠るときに起きます。

 

これもまた眠った直後にレム睡眠に入るからだと考えられています。

レム睡眠のときは身体は寝ているけど脳は活発に動いている状態なので、頭がまだ起きていても身体が上手く動かなくなってしまうのです。

 

 

ナルコレプシーの診断方法・診断基準は?+間違えやすい病気

ナルコレプシーは現在、アメリカ睡眠医学会・ヨーロッパ睡眠医学会・日本睡眠学会が作ったICSD-3(睡眠障害国際分類第3版)によると2つのタイプに分かれていて、診断基準が違います。

 

ナルコレプシータイプ1

・睡眠発作が3ヶ月以上続いている。

次のうちのどちらかか、両方が当てはまる

・情報脱力発作が起きている+睡眠潜時反復検査の基準を満たしている。

・髄液オレキシン濃度が基準以下である。

 

睡眠潜時反復検査基準とは、眠りに落ちるまでの平均時間が8分以下で、睡眠直後にレム睡眠が2回以上あることです

※髄液のなかにあるオレキシンというホルモンの濃度が一定の数値以下だと、ナルコレプシーの可能性が高いのです。

オレキシンがナルコレプシーの原因のひとつと考えられています

 

ナルコレプシータイプ2

・睡眠発作が3ヶ月以上続いている

・睡眠潜時反復検査基準を満たしている

・他の病気などで症状が説明できない

 

このような診断基準があるので、昼間に急に耐えられないぐらいの眠気があるだけではナルコレプシーとは診断されません。ナルコレプシーと間違えやすい病気もいくつかあります。

たとえば、

睡眠時無呼吸症候群

いびきをかく方ぐっすり眠れてる? 睡眠時無呼吸症候群と不眠の関係

むずむず脚症候群

足がむずむずして眠れない 不快なレストレスレッグス症候群の治療法

概日リズム睡眠障害

夜遅くならないと眠くならない・・・概日リズム睡眠障害の治療法

などです。

夜に睡眠時間があまり取れていないか、睡眠時間は取れていても眠りの質が悪くて昼間に睡眠不足で眠くなってしまいます。

 

ナルコレプシーであってもなくても昼間に強い眠気を感じてしまうと、車の運転や現場作業で事故を起こしてしまう可能性があって危険です。

昼間に強い眠気を感じて、それが一時的な寝不足じゃないなら内科や睡眠の専門医がいる病院に行きましょう

 

 

ナルコレプシーになる原因は?

ナルコレプシーになってしまう原因は、オレキシンというホルモンを作る細胞が免疫システムの異常で攻撃されてしまい、働かなくなってしまうことで起きると考えられています。

 

オレキシンは、人の身体のなかで覚醒状態を維持する働きを持っています。

なのでオレキシンの働きが弱くなると、覚醒状態を維持できなくなってしまい眠ってしまいます。

実際にこのオレキシンに働きかけることで眠らせる睡眠薬もあります。

 

 

ナルコレプシーの治療法・対策は? 日中の居眠り対策法

今のところナルコレプシーを根本的に治療する方法はまだ見つかっていませんが、昼間の睡眠発作を軽くする方法があります。

まずは夜間の睡眠時間を十分に取って、睡眠の質も高めることで昼間に突然眠気が来るのを抑えることができます。

 

昼寝をする

昼間に10~15分ぐらいで良いので昼寝を取れる時間があれば取りましょう。

ちょっとした昼寝をするだけで日中の眠気を抑えられますし、頭の疲れもすっきりしますよ。

デスクの上で昼寝を取るなら、こちらのデスクピローがAmazonで評判良いです。

私も昼休みにデスクで寝るのですが、腕が痛くなったり、おでこにあとがついたりするのでデスクピローがあると良いですよ。

 

ストレスを科学的に効果がある方法で発散する

ストレスは眠りの質を下げてしまいますのできちんと解消しましょう。

ストレスは、読書や音楽で効果的に発散できることが研究で分かりました。

他にもいろいろなストレス解消法があるので、ぜひこちらをご覧ください。

不眠の原因ストレスを科学的に効果がある6つの方法で解消しよう

 

寝る1~2時間前に入浴する

人はゆっくりと深部体温が下がってくると眠くなってきます。

入浴すると深部体温がじわじわ上がって、寝るころには段々と下がってきて寝付きが良くなります。

ただし、熱いお湯につかると逆に神経が興奮して寝つきが悪くなりますので、38~39℃のぬるま湯につかるようにしましょう。

 

寝る前にストレッチする

身体のこりは眠りの質を下げてしまいます。

お風呂から上がったあとに日頃こりやすい首や肩、手足をストレッチすると眠りにも良いですし、朝起きたときに疲れもよく取れますよ。

 

寝る1~2時間前からパソコンやスマホの画面から離れる、明かりを暗くする

人の体には自然な眠りを助けてくれるメラトニンという睡眠ホルモンがあります。

このメラトニンは光を浴びると抑えられてしまう性質があって、部屋の照明やパソコンやスマホの明かりは弱い光ではありますが、長時間浴びるとメラトニンの活動が低下する原因になってしまいます。

できれば寝る1~2時間前からパソコンやスマホからは離れて、部屋の明かりも弱くすると寝つきや熟睡感が良くなりますよ。

 

睡眠サプリを使う

実感までには少し時間がかかりますが、 薬とは違って副作用も依存性もないですし、忙しい方でも毎日飲むだけで睡眠の質を高めるサポートができるのでお手軽です。 

おすすめは実際に不眠だった妻が使ってみて良かったグッドナイト27000です。

使ってみた体験談も書きましたので、こちらもぜひ見てみてください。

不眠の妻がグッドナイト27000を使ったら眠れた体験談

 

眠気を覚ます薬を使う

ナルコレプシーの睡眠発作を抑えるために眠気を覚ますモディオダールという専用薬があります。

神経を刺激したり、身体をリラックスさせるホルモンの働きを邪魔して眠気を覚ましてくれます。

副作用はもちろんありますが昼寝したり、夜の睡眠の質を高めても睡眠発作がおさまらなければ薬を使うことも考えてみてください。

 

 

まとめ

ナルコレプシーは夜にしっかり寝ているのに昼間に急に眠気が現れて眠りに落ちてしまう睡眠発作や笑ったり、怒ったり、泣いたりなど感情が高ぶると身体から力抜けてしまう情動脱力発作などが特徴的な病気です。

 

ただ日中に強い眠気が起きるだけでは睡眠時無呼吸症候群やむずむず脚症候群など夜の眠りの質が落ちてしまう他の病気の可能性もあるので、病院でしっかり診断してもらいましょう。

 

もしナルコレプシーだと分かったらまずはこちらで紹介した不眠対策をして睡眠の質を高めて、可能であれば昼寝をして睡眠発作を予防しましょう。

それでも睡眠発作が抑えられなければ、最終手段として強制的に目を覚ます薬を使うことも考えてみましょう。