妊娠中の不眠

妊娠する前は寝付きも悪くなかったのに・・・

妊娠してから不眠になって困っていませんか?

よく眠れないと精神的にも不安定になるし、赤ちゃんになにか悪い影響がないか心配ですよね。

 

妊娠初期に不眠になってしまう理由は、

  • ホルモンバランスの変化
  • 妊娠したことで、この先の不安(はじめての妊娠の場合)

が大きいです。

 

よく眠れないこと自体は赤ちゃんに悪影響はないので、まずは安心してください。

ただ 睡眠不足になると疲れがよくとれないし、注意力も落ちてしまうので、

つまずきやすくなったり、物にぶつかりやすくなったり危ないです。

しかも、免疫が落ちて風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます(妊娠中の高熱も赤ちゃんに良くない)。 

なので、不眠はガマンしないでしっかりと対策しないといけません。

 

睡眠薬は胎盤を通じて薬の成分が赤ちゃんに悪影響を与えてしまうので使えません。

ですが、ほかにも安全な不眠の対策法があるのでこちらの記事で紹介していきます。

しっかり眠れるようになれば、それだけで毎日体も精神的にも楽になりますよ!

妊娠初期に不眠になることはある? 妊娠すると眠れなくなる原因は?

妊娠をすると体に大きな変化が起こります。

つわりとか、食べ物の好みが変わるとか、ほかにも色々初期症状とかがありますよね。

そのなかのひとつで、妊娠初期に不眠になることもあります。

原因は大きくわけて2つあります。

 

ホルモンバランスの変化

妊娠すると女性ホルモンのバランスが大きく変化します。

 眠れなくなってしまう原因は、妊娠中にプロゲステロンという女性ホルモンが増えるから です。

 

プロゲステロンには体温を上げる働きがありますが、人は寝る時に深部体温が下がると自然に眠くなって、ぐっすり眠れるようになります。

プロゲステロンが増えると逆に体温が上がってしまうので、寝る時に深部体温が下がらないので眠りの質が下がってしまうんです。

 

そうするとなかなか眠れないし、寝ても眠りが浅い。

だから朝起きた時に疲れがとれなかったり、昼間うとうとしたりぼーっとしやすくなるんですね。

 

妊娠に対する不安

 もし妊娠がはじめてなら「不安」も眠れなくなる大きな原因 です。

子どもがほしくて妊娠したらまず嬉しい!って思いますよね。

男の子かな? 女の子かな? 名前はどうしようかな?

 

でも嬉しい気持ちとは逆に、不安な気持ちもきっとあるはずです。

  • 無事産まれてきてほしい、大丈夫かな
  • 赤ちゃんのためにどんな生活を送ればいいの?
  • 私に子育てきちんとできるかな、夫もちゃんと育児してくれるかな?
  • 貯金はしてるけど、本当に学費は大丈夫かな

ほかにも色々、考えだしたらキリがないですけど嬉しいことのはずなのに不安も感じます。

不安な気持ちが強くなるのはホルモンバランスの変化も関係してるんですけど、これがマタニティブルーとか言われますね。

 

不安がストレスになり、ストレスが睡眠の質を悪化させてしまいます。

寝るときになっても考え出すと止まらない・・・それで神経が興奮して眠れなくなってしまうんです。

 

 

妊娠中の不眠で赤ちゃんに悪影響はある?

妊娠してからよく眠れなくなってしまう人は少なくないです。

でも安心してくださいね。

 眠れないこと自体は、赤ちゃんに悪影響はないです。 

 

でも不眠とかよく眠れないのが続くとこんなことが

  • 疲れがとれなくて注意力が落ちる→つまずいてころびやすくなる、物にぶつかりやすくなる
  • 疲れがとれない、不安でイライラしやすくなる、夫との関係が悪化する
  • 体が弱って風邪を引きやすくなる

 

ころびやすくなるのも、なにかにぶつかりやすくなるのも、風邪を引きやすくなるのも危険。

妊娠中に高熱を出すとお腹の赤ちゃんに悪影響があることがわかってます。

なので眠れないのはガマンしないでしっかり対策しましょう。

 

 

妊婦さんができる安全な5つの不眠対策

まず前提として妊娠中に睡眠薬は使ってはいけません

睡眠薬は胎盤を通じて赤ちゃんに悪影響を与えることが分かっています。

 

でも眠れないのをそのままにしておくと、なにかにぶつかりやすくなったり、ころびやすくなって危険だし、免疫が落ちて風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます(妊娠中の高熱も危険です)。

そこで妊婦さんでもできる安全な不眠対策をこちらで紹介していきます。

 

寝る1~2時間前にスマホやパソコンは切り上げる

寝る直前までスマホをいじったりしてませんか?

人は光をあびると神経が興奮して目が覚めてしまいます。

光を浴びると脳が「朝だ!」と思いこんでしまうんですね。

 

本当は夜の部屋の明かりもあんまりよくありません(明かりを調節できるなら、夜は弱くしたほうがよく眠れますよ)。

でもスマホとかパソコンはもっと悪いです。

理由は部屋の明かりと違って、目に光が直接入るから。

 

寝る1~2時間前からスマホやパソコンは切り上げて、ゆっくりストレッチしたり、読書するのがおすすめですよ。

 

寝る前にストレッチする

ストレッチすると肩とか首とかのこりがほぐれて血流が良くなります。

血のめぐりがよくなれば全身に栄養もめぐりやすくなって、寝てよく疲れがとれるようになりますよ。

それに、軽くでも体を動かすとストレス解消になることがわかってます。

私も毎日寝る前にストレッチしてますけど、たまに忘れると次の日体がごりごりして、あーよく寝たって感じが減ります。

 

夜に考え事で眠れないときは、478呼吸法でリラックス

布団に入っても、色々と考え事で頭がいっぱいになって気づいたら夜中の2時、3時・・・

というあなたには478呼吸法がおすすめです。今すぐにできます。

4秒かけて息を吸う

7秒間息を止める

8秒かけて息を吐く

これを寝る前に布団のなかで3セットやれば、リラックスして眠りにつきやすくなります。

 

呼吸に意識を集中させてるから、不安なこととか考え事がその間吹き飛ぶんです。

不安なことを考えれば考えるほど神経が興奮して、目が覚めてきちゃいます。

だから、無理にでも気持ちをリセットするのが効果的なんです。

 

ストレスをしっかり解消する

妊娠するといろいろ不安なことも増えるし、疲れやすくなったり、イライラしやすくなったりストレスが多くなりますよね。

ストレスは不眠のもとですから、しっかり解消しましょう。

 

効果的なストレス解消法は、

  • 感情的に涙を流す(泣ける映画とかドラマとか見て泣く)
  • 好きな本を読んだり、好きな音楽を聞く

などです。

他にもいろいろなストレス解消法があるので、ぜひこちらもあわせて見てみてくださいね。

不眠の原因ストレスを6つの方法で解消しよう

 

妊婦さんでも使える安全な睡眠サプリを使う

 睡眠サプリは薬と違って副作用がなくて安全だし、毎日飲むだけで良いからお手軽です。 

妊娠中でも安心して使える睡眠サプリもありますよ。

北の大地の夢しずくというサプリです。

 

1日あたりたった123円ですし、25日間の全額返金保証もあります。

北の大地の夢しずくについて詳しくはこちら

北の大地の夢しずくの口コミについてはこちら

 

 

まとめ

妊婦さんが妊娠初期に寝つきが悪くなったり、ぐっすり眠れなくなってしまう原因は

  • ホルモンバランスが崩れて睡眠の質が下がる
  • 妊娠したことでこの先のことなどで色々と不安を感じる

ことの2つです。

 

 妊娠中の不眠自体は赤ちゃんに悪影響はありませんが、疲れがとれないせいでつまずきやすくなったり、物にぶつかりやすくなってしまうのでしっかり眠れないのを対策しましょう。 

ですが、睡眠薬は妊娠中に使うと胎盤をとおして赤ちゃんに悪い影響があることが分かっているので使ってはいけません。

 

睡眠薬を使わないでできる妊娠中の不眠対策は、

  • 寝る1~2時間前にスマホやパソコンはやめる
  • 寝る前にストレッチする
  • 寝る前に布団のなかで478呼吸法を使ってリラックスする
  • 感情的に涙を流したり、好きな本を読んだり音楽を聞いてストレス解消
  • 妊婦さんでも使える安全な睡眠サプリを使う

です。

 

おすすめは毎日飲むだけで良いからお手軽で、薬みたいな副作用がなくて妊婦さんでも安心して使える睡眠サプリです。

北の大地の夢しずくは1日あたり123円でお手頃でもし満足できなければ25日間全額返金保証もあるので、安心して試せますよ。

よく眠れると毎日それだけで体がびっくりするくらい楽になりますよ。あなたもぐっすり気持ちいい快眠をとりもどしましょう。

北の大地の夢しずくについて詳しくはこちら

北の大地の夢しずくの口コミについてはこちら