眠れないうつにはリフレックス

うつ病の方で、抗うつ薬を使っても睡眠薬を使ってもぐっすり眠れない、段々と効かなくなってきた・・・と困っている方はいませんか?

そんな方にぴったりの薬があります。

それはリフレックス・レメロン(両方同じ薬)という薬です。

 

この薬は、抗うつ薬ではあるのですが強い眠気を引き起こしたり、睡眠の質を高めて不眠も改善する効果がある薬です。

その作用は、セロトニンやヒスタミンといった脳内ホルモンに働きかけることで起こります。

 

リフレックスはどんな薬か、なぜ眠くなったり眠りの質を高めるのか、副作用や使ってみた人の体験談などリフレックス、レメロンについてこの記事で詳しく解説していきます。

リフレックス、レメロンってどんな薬? 作用と効果

リフレックス、レメロンは名前は違いますが、それぞれ別の会社から発売されている同じ薬で日本では2009年に発売された比較的新しい抗うつ薬です。

リフレックスが発売される前はルボックス・デプロメール、ジェイゾロフト、パキシルなどのSSRIと呼ばれる薬がうつ病の治療薬として多く使われていました。

 

これらの薬の主な作用は、セロトニンの働きが悪くなってしまうことがうつ症状に繋がるということに注目して、セロトニンが脳内で放出されたあとに再利用するために吸収されてしまうことを防いでセロトニンの働きを助けることです。

 

リフレックス、レメロンはそれとは違って、直接セロトニンやノルアドレナリンの放出量そのものを増やすなどの効果でうつ症状への効果を発揮します。

 

セロトニンは不安をやわらげたり、理由もなくなにかをやらなくちゃいけない焦りや憂うつ感を軽くするなどの効果があり、うつ病の治療に効果的です。

ノルアドレナリンはやる気や集中力を高める作用があり、うつ病の体のだるさ、意欲や集中力が落ちてしまうといった症状に効果的です。

 

上で挙げたルボックス、デプロメール、ジェイゾロフト、パキシルなどは使ってから1ヶ月ぐらい立たないと効果が実感できないと言われていますが、リフレックスは使ってから数日で効果を実感することもある即効性があります。

 

リフレックスの作用をもう少し詳しく話すと、受容体という場所が関係しています。

セロトニンやノルアドレナリンなどのホルモンは、脳内で放出された後に専用の受容体という場所にくっついてはじめて効果を発揮します。

 

セロトニンの場合は5-HT1Aという受容体にくっつくことでリラックスなどの作用が得られます。

また、セロトニンのα2という受容体はセロトニンの放出量をコントロールしていて、セロトニン分泌量が多いときは減らす働きを持っています。

リフレックスはα2の受容体の働きを邪魔することでセロトニンの放出量を増やします。

※同じメカニズムでノルアドレナリンの放出量も増やします。

 

さらに、リフレックスはセロトニンの5-HT2Aという受容体の働きをブロックします。

5-HT1Aとは逆に5-HT2Aにセロトニンがくっつくと不安になったり、そわそわしたり、憂うつになったりします。

5-HT2Aをブロックすればセロトニンは5-HT1Aにくっつきやすくなるので、うつ症状への効果が高まるのです。

 

 

リフレックス、レメロンが不眠に効果がある理由

ヒスタミンの働きをブロックするから

脳内ホルモンのひとつにヒスタミンというものがあります。

ヒスタミンには、アレルギー症状を起こしたり、脳を覚醒させる作用などがあります。

 

そのためヒスタミンの働きをブロックすることで、人は眠くなります。

市販の睡眠薬のほとんどがこの作用を利用しています。

鼻炎やアレルギーの薬もヒスタミンをブロックする作用があるので、同じ理由で眠気の副作用が出るものがあるのです(最近の薬では少なくなっていますが)。

 

抗うつ薬のなかには同じようにヒスタミンをブロックする作用を持っているものがありますが、リフレックスのブロック力はとても強力で、抗うつ薬のなかでもトップクラスです。

 

ただし、ヒスタミンをブロックすることによって起きる眠気は耐性がつきやすく、飲み始めは寝られずにはいられないくらいの強烈な眠気に襲われても飲んでいるうちに眠気が少しずつ弱くなっていきます。

 

セロトニン受容体5-HT2Aをブロックするから

上に書いたセロトニン受容体5-HT2Aをブロックすると、セロトニンを効率的に5-HT1Aにくっつかせることができる他に、リラックス作用が高まったり、睡眠の質が高くなったりします。

 

 

リフレックス、レメロンの副作用にはどんなものがある?

リフレックス、レメロンには他の抗うつ薬によくある性機能障害、吐き気、不眠、口の渇き、便秘、目のかすみといった副作用は少ないです。

 

その代わりに、強い眠気と食欲増加の副作用が多いです。

眠気については上に書いたとおりですが、食欲増加にもヒスタミンをブロックすることが関わっています。

ヒスタミンをブロックすると眠気が起きたり、アレルギー症状が抑えられるのですが食欲が増加してしまうことが分かっています。

 

また、動悸や血圧上昇という副作用も少なくないです。

これはリフレックス・レメロンが作用を高めてしまうノルアドレナリンに血圧や心拍数を上昇させる働きがあるからです。

その他にもリフレックス・レメロンを使っている人たちの間では「鮮明な悪夢を見る」という声があります。

 

 

リフレックス、レメロンの使用量と価格について

リフレックス、レメロンには15mgの錠剤と30mgの錠剤がありますが、まずは1日1回就寝前に15mgからスタートします。

最大で45mgまで増やすことができます。

 

最近発売された薬ということもあってジェネリックがありません。

価格は非常に高く、15mgあたり170.8円もします。

 

たとえば1日1錠15mgを毎日処方された場合1ヶ月の薬代は、170.8×30=5,124円(保険適用で3割負担の1,708円)です。

実際には薬局でこれに調剤料や健康管理料などが加算されます。

 

 

リフレックス、レメロンはどれくらい効果が続く? 作用時間は?

リフレックス・レメロンは飲んでから約1時間後に効果が最大になって、その後徐々に効果が落ちていき、約32時間後にはほとんど効果がなくなります。

 

効果が32時間も続くので、夜寝る1時間前に飲んで8時間たっぷり寝てもまだまだ効果が続くということなので、翌日に眠気やだるさが持ち越しやすいのがこの薬のネックです。

 

32時間ずっと一定の効果というわけではなくて段々と効果は減ってきますし、リフレックス・レメロンの強い眠気は飲んでいるうちに少しずつ弱くなってきますが、それでも眠気が残ってしまいやすいことに注意しましょう。

参考:リフレックス錠15mg/**リフレックス錠30mg

 

 

リフレックス、レメロンが向いている人はどんな人?

  • 他の抗うつ薬ではうつ症状への効果がいまいちだった。
  • 他の抗うつ薬では、性欲減退、吐き気、目のかすみ、口のかわきなどの副作用が多かった。
  • 酷い不眠や食欲の低下に悩んでいる。

リフレックス、レメロンは寝付きの悪さもぐっすり眠れた感じがしないのも改善することができます。

 

 

リフレックス、レメロンを実際に使った人たちの体験談

他のサイトからの引用になりますが、体験談を掲載します。

「他の抗うつ薬が効かなかったからこの薬を試してみたい・・・」

「うつで酷い不眠に悩んでいる」

という方はぜひ参考にしてください。

現在リフレックス飲用3週目

初日は手足が妙に熱っぽくダルさと眠気もあって自分が自分じゃないような妙な感覚だった。
二日目以降はそういった変な症状もないが
夕食後の飲用で眠気がひどくなる時もあるよ。
確かに不安な感じは減少したが、仕事に行きたくない感は全く変わらない気がする。
これは根本的に薬じゃ解決しない気もするが…

あと、やたらと夢がリアルな感じがするかな?
起きてもハッキリと覚えているし、自分の思うままに動ける夢?
言葉では言い表し難いけどそんな気がするよ。

 

リフレックス飲み続けて2年半なんだけどいまだにめちゃくちゃ眠たくなる
夢しょちゅう見るし自分で夢を引き延ばそうとしてしまう
3錠飲んでた時もあったし1錠でいい時もあった
今は2錠だけどどういう基準で増えたり減ったりしてるのかよくわからん

 

15㎎処方されて1週間。まだ昼近くまで眠気が残る。
他の眠剤の影響もあるのかな?

でも幾らか鬱の落ち込みは緩和されてきた感じ。
体重は変化なし、このまま太らないで欲しい

引用元:【リフレックス】ミルタザピン18錠目【レメロン】

 

 

睡眠薬じゃないけど、不眠を改善できる他の薬はある?

リフレックス、レメロン以外にも不眠を改善することができる睡眠薬じゃない薬はあります。

リフレックス・レメロンを試してみたけど不眠には効かなかった、睡眠薬が効かなくなってきたという方はぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

睡眠薬以外の薬が不眠を解消できる睡眠薬?

睡眠薬が効かないときの奥の手

睡眠薬が効かないときは飲み合わせもチェックしてみよう

 

 

まとめ

リフレックス、レメロンは、それまでの抗うつ薬とは違ってセロトニンやノルアドレナリンの放出量を直接増やすことで抗うつ効果を発揮します。

この薬はそれ以外に強い眠気を起こし、睡眠の質を高める作用があるのが特徴です。

 

酷い不眠に悩んでいたり、他の抗うつ薬が効かなかったという方にはおすすめですが、作用時間が約32時間と長いため眠気やだるさを翌日に持ち越してしまいがちなのと薬の値段が高いのがネックです。

他の抗うつ薬にありがちな副作用は少ないですが、食欲増加の副作用があるため体重増加を気にされる方は注意が必要です。