偏頭痛 予防したい

目の奥からくるようなズキズキとした頭痛、吐けないけどおえってなりそうなぐらいの吐き気・・・

こんな偏頭痛が夜に起きたら辛くて全然寝れませんよね。

私も偏頭痛持ちなのでよく分かります。

 

 偏頭痛の原因は、睡眠不足、ストレス、お酒やタバコなど いろいろなものがあります。

起こらないようにするには原因に気をつけるほかにも、 偏頭痛の予防に効果的なマグネシウムなどをとることが大切 です。

 

マグネシウムやあのズキズキに良い成分が配合されたサプリを使うのも良いですね。

ズキラックというサプリが2万個以上も売れていて満足度も96%と評判が良いですよ。

いざ合わなくても10日間返金保証があるので安心です。

毎日飲むだけで突然やってくるズキズキから解放されて夜も安心して布団に入れますよ。

 

こちらの記事で、偏頭痛に即効で効く対処法、偏頭痛の原因や起こさないための予防法について詳しく見ていきましょう。

まずは偏頭痛が起きてしまったときに即効で痛みや吐き気を抑える方法

市販の鎮痛薬を飲む:ロキソニン、イブ、バファリンなど

市販の鎮痛薬は即効性があるので、いつも持ち歩いておくといざというときに安心です。

市販の鎮痛薬で偏頭痛に効くのは、ロキソニンS、イブクイック頭痛薬、バファリンA、ナロンエースなどです。

 

このなかで一番パワーがあるのはロキソニンSです。

ただ、鎮痛薬を使いすぎると薬物乱用性頭痛という薬の使いすぎによる新しい頭痛が起きてしまうことがあります。

使いすぎには注意して、市販の鎮痛薬で抑えられないほどなら病院で見てもらいましょう。

 

痛んでいるところを保冷剤や濡らしたタオルなどで冷やす

偏頭痛で痛みを感じるのは、血管が広がることで「痛み」を感じる神経を圧迫してしまうせいです。

血管は冷えると縮まるので、痛みが起きている場所を冷やすことで血管を縮めて、神経の圧迫を防げるので偏頭痛をやわらげられるんです。

 

コーヒーを飲む

コーヒーにふくまれるカフェインには、脳の血管を縮ませる働きがあるのですぐに効果が出ます。

ただ、カフェインが良いならとエナジードリンクなどカフェインが大量に入ってるものを使うのはやめてください。

急に血管を一気に収縮させると、反動で逆に血管が広がってしまうので、症状が悪化してしまう可能性があります。

 

明るい光や大きい音をさける

偏頭痛は明るい光やうるさい音が原因で起きたり、悪化してしまうことがあるので、目を閉じたりサングラスをかける、うるさい場所からは離れるなどで対処しましょう。

 

 

 

偏頭痛が起きてしまう原因は? 色々な理由で血管が広がって神経を圧迫

偏頭痛で痛みや吐き気が起こるメカニズム

偏頭痛はいろいろな原因で、脳の表面で神経の働きが抑えられることで三叉神経(さんさしんけい)という部分が刺激されて、血管が広がったり、炎症を起こしてしまい痛みや吐き気が起こります

 

三叉神経は、顔の感覚(痛い、冷たい、熱い、なにかに触れた)を脳に伝える大きく三本に分かれた神経です。

この三叉神経が刺激されると強い頭痛や吐き気が起こるのです。

三叉神経への刺激は脳全体にゆっくりと伝わっていくので、偏頭痛は一度起こると数時間から長いと数日続いてしまうことがあるのです。

 

偏頭痛の引きがねになってしまう原因はなに?

  • 天候や気圧の急激な変化(特に温度と湿度の両方が高いとき)
  • 睡眠不足、睡眠リズムの乱れ
  • タバコ、お酒
  • ストレス、疲れ
  • ご飯を抜く
  • 明るい光、騒音、匂い
  • 女性ホルモンの乱れ(生理など)
  • チラミンを含む食べ物のとりすぎ

 

とてもたくさんありますが、私の場合は睡眠不足の日に起きることが多かったです。

よく寝るとぴたっと起きなくなるので、普段からぐっすり眠るのが大切ですね。

 

 

突然やってくるズキズキ、吐き気のお手軽な予防法 眠れない夜を卒業

寝る前のタバコ、飲酒を控える

タバコとお酒は偏頭痛を起こしやすくしてしまうだけじゃなく、睡眠も悪化させてしまいます。

タバコは神経を興奮させますし、お酒も一時的に寝付きを良くしますが眠りを浅くしてしまうので眠りには良くないです。

睡眠の質が悪化するのも偏頭痛を起きやすくしてしまうので、注意しましょう。

 

普段からお手軽にストレスを解消する

ストレスは偏頭痛の原因にもなりますし、寝つきが悪くなったり、ぐっすり眠れない原因にもなります。

 ストレスの解消には体を動かしたり、好きな本(雑誌やマンガでも良いです)や好きな音楽に周りのことを忘れるぐらい集中するのが良い ですよ。

科学的にもこの2つの方法は効果があると証明されています。

 

食事はしっかり食べて、チラミンのとりすぎに注意

ダイエットのため食事を抜いたりしてませんか?

 1日1食とか本当にほとんど食べないなど、極端な食事制限も偏頭痛を起こしてしまいます。 

 

食事はしっかり食べて、特に偏頭痛の予防に良いマグネシウムを積極的にとりましょう。

偏頭痛がよく起きる人はミトコンドリアという細胞の一部がうまく働いていないことが分かっていて、マグネシウムはこのミトコンドリアの働きを助けてくれるんです

簡単にマグネシウムがとれるのはサプリとか豆乳など大豆製品です。

 

逆に、偏頭痛を起こしやすくするチラミンをふくんだ食べ物のとりすぎに注意しましょう。

チラミンが多い食べ物には、チーズ、チョコレート、ココア、柑橘類(みかんやグレープフルーツなど)、赤ワインなどがあります。

 

サプリを使う

あのズキズキがやってくるだけでその日1日台無しになった気分になりますし、毎日サプリを飲むだけでいつ起こるか分からない不安から解放されるなら良いですよね。

 

ズキラックはマグネシウムのほかにもガンガン、ズキズキに良い7種類の成分を配合してます。

2万個以上売れていて満足度も96%と評判が良いです。

しかもいざ合わなくても10日間返金保証があるので安心ですね。

 

まとめ

偏頭痛の原因は、睡眠不足、ストレス、お酒やタバコ、女性ホルモンの乱れ・・・などいろいろです。

予防するためには、

 

  • 寝る前のお酒やタバコを控える
  • 普段からしっかりストレス解消する
  • 食事はきちんと食べて、チラミン(チーズやチョコレートなど)のとりすぎに注意する

 

などが大切です。

偏頭痛の専用サプリならズキラックが2万個以上も売れていて満足度も96%と評判が良いですよ。

いざ合わなくても10日間返金保証があるので安心ですね。

 

こちらで紹介した予防法をやればあなたも突然くる痛みが心配な毎日から解放されて、夜も安心して布団に入れる生活を取り戻せますよ。

なってから対処するより、偏頭痛が起こらない体づくりを目指しましょう!