更年期障害と不眠

最近やけに体がほてる、または疲れやすかったり、なんとなく気分が重くなりがちだったり、めまいや耳鳴りが起きて不眠に悩んでいる女性の方はいませんか? もしあなたが40代半ば以降であれば更年期障害で不眠や上に書いたような症状が起きている可能性があります。

 

もし更年期障害じゃなかったとしても「まだ先の話だから・・・」、「私にはまだ関係ない」と思わずに、いつかはやってくることなのでぜひ知識を身につけて更年期障害による不眠に対処しましょう。こちらの記事で更年期障害とはなにか、原因と対策について書いていきます。

更年期障害って具体的にはどういうもの?

更年期障害という言葉自体は有名だと思います。更年期障害は、45歳~55歳の女性に起こる一時的な症状で、上に書いたように体のほてり、肩こり、めまい、耳鳴り、疲れやすくなる、憂うつ、不眠になるなどのいわゆる体調不良と言われるものが頻繁に起こるようになります。

 

一時的と書いたように更年期障害は、永遠に続くものではありません。あくまで女性がこれぐらいの年代になると閉経に関連して一定期間起きる症状なのです。

 

更年期障害の症状は個人差も大きく、必ずしも症状のすべてを経験するわけでもなければ、ほとんど辛い症状を感じない人もいます。これは日常生活で受けているストレスの量や生活環境によっても左右されます。

 

 

更年期障害の原因はなに?

こちらも有名だと思いますが、閉経にともなって女性ホルモンの分泌量が急激に少なくなることで全身の活動をコントロールしている自律神経が大きく乱れることが原因で更年期障害の症状が起こります。

 

女性ホルモンには、妊娠を助けたり、女性らしい体をつくる働きをするエストロゲンと同じく妊娠を助けたり、乳腺を発達させる作用のあるプロゲステロンの2種類があります。

 

更年期障害になるとこの両方の分泌量が一気に減少します。エストロゲンは卵巣から生み出されているのですが、卵巣のエストロゲンを生み出す能力が低下してしまうのです。そして、卵巣にエストロゲンを作るように指示しているのは脳の視床下部という場所です。

 

視床下部は、エストロゲンを作り出す能力が低下してしまったことなどお構いなしに今まで通りエストロゲンを作りなさいと卵巣に指示を出します。そこで指示を出したとおりにエストロゲンが作られなくなると、視床下部は「なぜ? どうして?!」と混乱を引き起こします。

 

脳の視床下部はエストロゲンを作る指示だけではなくてストレスをコントロールするシステム、睡眠に関わるシステム、怒りや不安などの感情に関わるシステムなど体のなかの様々なシステムを監督しているので、視床下部に混乱が起きると上に書いたような様々な症状が起きてしまうのです。

 

 

更年期障害で不眠が起こる理由

上にも書いたように女性ホルモンのエストロゲンが減少することによって脳の視床下部という場所が混乱し、自律神経が乱れて更年期障害の症状が起こります。

 

視床下部が単純に睡眠をコントロールするシステムと関連しているので、更年期障害で不眠が起きやすい理由のひとつですが他にも起こる耳鳴りや肩こり、憂うつ感などの症状もまた不眠症を悪化させる原因になるのです。

 

また、更年期になるとがくっと減少するプロゲステロンは眠気を引き起こす作用があるため(プロゲステロンは排卵期に分泌量が増えるので月経前にやたらと眠くなるのはこのせいです)、プロゲステロンが減ることによっても寝付きが悪くなります。

 

 

更年期障害による不眠の対策

更年期になって閉経が起きると女性ホルモンの急激な減少が起こること自体は避けることができません。そのため、更年期障害による不眠症に対処するには、ホルモンバランスの急激な変化によるショックをやわらげることと、睡眠に良い生活習慣を送ることが大切です。

 

大豆イソフラボンを摂取する

最近有名になってきましたが、大豆に含まれる大豆イソフラボンという成分はエストロゲンのような働きをして更年期障害にともなう体調不良をやわらげるのに効果的であると言われています。

 

1日に納豆1パック、豆腐半丁、豆乳コップ1杯、油揚げ半分のいずれかを摂取できれば十分なので、積極的に大豆製品を食べましょう。

 

ホルモン補充療法を行う

こちらは更年期障害の症状がとても重く、日常生活に大きな困難が起きている場合に限って行いましょう。その名のとおり直接ホルモン剤を摂取することで更年期障害の症状を改善します。

 

効果はてきめんですが、薬を摂取するので副作用もつきものです。副作用としては不正出血や乳房の張り、下腹部の痛みなどがあります。

 

また、ホルモン剤にはエストロゲンのものやエストロゲン+プロゲステロンを両方摂取できるものがあり、エストロゲンのみを長期的に服用すると子宮がんのリスクが高まるので注意が必要です。エストロゲンとプロゲステロンの両方を摂取することでこのリスクは大幅に減ります。

 

睡眠に良い生活習慣を送る

睡眠に良い生活習慣で大切なことはまず、不眠症を悪化させることをやめることです。たとえば夜の喫煙や飲酒、カフェインの摂取などです。特にカフェインはコーヒーだけではなくチョコレートや紅茶、煎茶、玉露にも含まれるので知らないうちに摂っていたこともありえます。

 

これらをやめたうえで朝はしっかり太陽の光を浴びる、寝る数時間前にゆっくり湯船につかる、日常生活に軽い運動を取り入れるなどすることで寝付きを良くして、さらに睡眠の質もアップさせることができます。

関連記事:

夜遅くなっても眠くならないその原因はあなたの・・・

これだけで良いの? 不眠解消のために体を少し動かそう

太陽光を浴びれば自然に夜眠くなる 睡眠リズムをリセットしよう

 

 

まとめ

更年期障害は、閉経にともなって女性ホルモンが急激に減少することで、めまい、肩こり、不眠、憂うつ、いらいら、ほてりなどの様々な体調不良が起きる一過性のものです。

 

更年期障害は一度起きたら永遠に続くわけではないですが、長い場合10年弱悩まされる人がいることも確かです。ほとんど症状が現れない人もいるなど個人差も大きいですが、不眠その他の症状がきつくて耐えがたい場合はしっかりと対処しましょう。

 

ポイントは女性ホルモンが急激に減少するショックをやわらげてあげることと睡眠に良い生活習慣を送ることです。症状が重い方はホルモン剤で治療をすることも検討してみてください。