光目覚まし時計と不眠

「寝る時間になってもなかなか眠くならない」

「昼夜逆転しちゃってなかなか元に戻らない」

こんなふうに睡眠リズムが乱れて困っていませんか?

休みの日につい夜更かしをしてしまったり、毎日の疲れとかストレスのせいかいつの間にか昼夜逆転してしまった・・・夜眠れないということありますよね。

 

昼夜逆転を元に戻すには、光目覚まし時計を使うのがお手軽です。

光目覚まし時計は、音だけじゃなくて光を使って起こしてくれる目覚まし時計なんですが、実は光が人の睡眠リズムをコントロールしているんです。

なので光目覚まし時計の光で朝はスッキリ、夜はスッと自然な眠りに戻るサポートにぴったり。

 前みたいに夜ぐっすり眠れるようになれば、疲れがすっきり取れるから毎日楽だし、休みの日にはやりたいことだってできる元気が戻ってきますよ。 

昼夜逆転対策のための光目覚まし時計のおすすめを評判から見る

 

どうして昼夜逆転して夜眠れなくなってしまうのか、昼夜逆転を対策・元に戻す方法を詳しく見ていきましょう。

昼夜逆転して眠れないのはなぜ? 夜にスマホやPCの使いすぎが原因

昼夜逆転してしまう大きな原因のひとつに、 夜にスマホやPCの使いすぎ があります。

 

人は強い光を浴びるとメラトニンという睡眠ホルモンが抑えられて目が覚めます。

なので朝起きて太陽の光を浴びると(目を通して光を受けると)目が覚めて、その15~16時間後にメラトニンがたくさん出て夜にまた眠くなるようになっています。

たとえば朝7時に起きて太陽の光を浴びると夜の10時とか11時くらいにまたメラトニンの作用で眠くなってくるんです。

 

ですが、 夜になっても明かりがついたままだと、太陽ほど明るい光じゃなくてもメラトニンが抑えられてしまって寝る時間になっても眠くならない→昼夜逆転 ということになってしまうんです。

特に スマホやパソコンから出ている光は部屋の明かりと違って直接目の中に入りますし、1時間2時間と続けてやってしまうことも多いので睡眠リズムがくずれてしまいやすい です。

 

1回睡眠リズムがくずれると寝る時間が遅くなるので、昼間とか夕方くらいに眠くなって寝てしまってよけいに昼夜逆転が戻りにくくなってしまうのです。

 

 

昼夜逆転の対策・夜眠れないのを元に戻す方法 光目覚まし時計がお手軽

昼夜逆転の対策には、朝にしっかり太陽の光を浴びることと昼間と夕方に眠らないようにすることが大切です。

プラスアルファで夜に寝つきが良くなる不眠対策をいっしょにやればもっと寝つきが良くなって昼夜逆転を元に戻しやすくなります。

 

寝る1時間前からスマホやパソコンを使わないようにする

スマホやパソコンの光は目から直接入りますし、1時間2時間と続けて使うことも多いので光が弱くても昼夜逆転の原因になります。

寝る1時間前からスマホやパソコンをなるべく使わないようにしましょう。

 

寝る1~2時間前にお風呂に入る

人は寝るときに深部の体温が下がると寝つきが良くなったり、ぐっすり眠れるようになります。

 お風呂にじっくり入ると深部体温がじわじわと上がって、寝るころにゆっくり下がってきて寝つきやすく なります。

 

光目覚まし時計を使う

光目覚まし時計は、普通のものと違って音+光で起こしてくれる目覚まし時計です。

 

忙しいと朝に意識的に太陽の光を浴びるのも難しいですよね。

 

光目覚まし時計は、太陽と同じように強い光を浴びせて起こしてくれるので昼夜逆転の対策にはぴったりなんです。

 忙しくても普通の目覚まし時計みたいにセットするだけで毎朝睡眠リズムを調節してくれて昼夜逆転を元に戻すために良いです 

光目覚まし時計について詳しくはこちらの記事で書きましたので、ぜひチェックしてみてください。

昼夜逆転対策のための光目覚まし時計のおすすめを評判から見る

 

 

まとめ:昼夜逆転で眠れない時は光目覚まし時計で対策するのがお手軽

毎日決まった時間に眠れない・・・

寝る時間になってもなかなか眠くならない・・・

といった昼夜逆転や睡眠リズムの乱れを元に戻す、対策するには光目覚まし時計がお手軽です。

 

 光目覚まし時計は明るい光を浴びると目が覚める人のメカニズムを使って、寝起きすっきり夜はスッと自然に眠くなる自然な睡眠リズムを取り戻してくれます 

前みたいに夜ぐっすり眠れれば、毎日疲れがよく取れるので楽だし、休みはなにをしようかなって楽しみになりますよ。

あなたもぜひ昼夜逆転対策をして、夜自然に眠くなる感覚を取り戻しましょう。

昼夜逆転対策のための光目覚まし時計のおすすめを評判から見る