生活習慣と不眠

「どうしても二度寝しちゃう・・・」

「仕事中なのにうとうとする」

「昼間なんとなくだるい・・・」

寝つきが悪いと睡眠時間が短くなってしまうし、寝つけてもぐっすり眠れないとこんなふうに悩んでしまいますよね。

 

こちらの記事で仕事や家のことで忙しいあなたでも超簡単にできて、毎日感動するほどぐっすり&朝スッキリになる方法10コを紹介します。

 

 ぐっすり眠れない毎日が続いて今はなんとかやっていても、そのままにしておくと肌荒れしやすい、太りやすい体質にもなりますから注意が必要 です。

こちらで紹介する方法でぐっすり眠れるようになれば毎日疲れがよく取れてだるさがなくなりますし、朝から1日良い気持ちでスタートできるあの頃を取り戻せますよ!

睡眠サプリを使う 毎日飲むだけで良いからお手軽

気持ち良い朝日

妻もよく眠れないせいで疲れがたまって、シャキッとしない毎日でしたがグッドナイト27000という睡眠サプリを使ったら 2週間でスッキリ眠れるように なりました。

 

最初は「サプリメントってちゃんと効果あるのかなあ」と思っていましたが、国に認められた機能性表示食品で、評判も良いということで選んだグッドナイト27000があたりでした。

 

薬じゃないので副作用もないし、忙しくて時間がなくても毎日飲むだけで朝から良い気持ちでスタートできるから良いですよ。

グッドナイト27000について詳しくはこちら

 

市販の睡眠薬を使う 飲んだその日に即効で効く!

病院に行かなくても薬局やドラッグストア、Amazonや楽天といった通販で市販の睡眠薬が買えます。

飲んだその日にすぐ眠れますから、寝つきが悪いのが続くときには頼りになりますよ。

ただ1週間以上使い続けると、だんだん効かなくなってきたり、やめたときによけいに眠れなくなったりとかが起きるかもしれないので気をつけましょう。

 

 

 

体を動かす まずは寝る前のストレッチから

寝つきが悪かったり、夜ぐっすり眠れない原因のひとつに体の疲れと精神的な疲れのバランスが悪いことがあります。

今の人は仕事や家のことで精神的なストレスはたまっているのに、あまり体を動かさないから体が疲れてなくて眠りが悪くなってしまうんです。

 

ただ毎日のように忙しいと運動するのって難しいですよね。

寝る前にストレッチするだけなら5分もいりませんし、寝つきが良くなって目覚めたときも体が軽い感じがしますから良いですよ。

特にこりやすい首や肩をよくほぐしましょう。

 

 

寝る1~2時間前にゆっくりお風呂に入る

人は体の深部体温が下がっていくと体がリラックスして寝つきが良くなったり、眠りの質が良くなります。

湯船にじっくり使って体のなかまで温めると、お風呂からあがったあと少しずつ深部体温が下がっていくので、寝るころに眠くなってきます。

 

熱すぎるお湯につかると逆に神経が興奮して眠りが悪くなってしまうので、38~39℃のぬるま湯につかりましょう。

最初はお風呂入れるの面倒かもしれませんが、疲れもバッチリとれますからおすすめです。

 

 

寝る1~2時間前からスマホやパソコンを触らない

人は目から光を感じると睡眠ホルモンメラトニンの働きが抑えられてしまう体のしくみを持っています。

だから朝に太陽の光を浴びるとすっきり気持ちよく目が覚めたりするんですね。

 

スマホやパソコンは、太陽の光と比べたらすごく弱いですけど太陽の光と違って直接目に入るものですし、長時間続けてさわってしまいがちですよね。

スマホやパソコンの光でもメラトニンの働きが抑えられて、夜に眠れなくなってしまう原因になりますから、寝る1~2時間前からやめましょう。

 

 

寝る前のタバコとお酒をやめる

寝る前にタバコを吸ったり、お酒を飲んでいませんか?

タバコを吸うとす眠気を吹き飛ばす働きがあるドーパミンを活性化させてしまいます。

お酒の方は、酔ってる間は寝つきが良くなるんですが、時間が経って酔いが覚めていくと眠りが浅くなりますし、アルコールが分解されてできるアセチアルデヒドが神経を刺激してよけいに眠りの質が悪くなってしまいます。

 

眠りの質が下がると睡眠時間はしっかりとっていても、

「寝ても疲れがとれない・・・」

「昼間眠い」

といった原因になりますから、寝る前のタバコやお酒はひかえましょう。

 

 

ストレス解消 感動の涙を流す、好きな本や音楽に夢中になる

寝つきが悪くなったり、ぐっすり眠れなくなる大きな原因のひとつはストレスです。

ストレスを解消するためには、感動して涙を流したり、好きな本や音楽に夢中になることが大切だと研究で分かっています。

ぜひ時間があるときに試してみてくださいね。

不眠の原因ストレスに効く! 簡単な6つの解消法

 

 

寝つきが悪いときに良い「478呼吸法」をやる

ちょっとした呼吸法で気持ちがリラックスして眠りにつきやすくなります。

やり方は、4秒数えながら息を吸って、7秒数えながら息を止めて、8秒数えながら息を吐くだけでこれを3セット繰り返しましょう。

寝る前に考え事が多い人には特に良いですよ。

 

 

今すぐできる! 眠くなるツボを押す

ツボには医学的効果が認められていることをご存知でしたでしょうか。

血流が良くなったり、自律神経の乱れが整ってリラックスしやすくなって、安眠できますよ。

即効!10コの眠くなるツボと押し方を紹介

 

 

ハーブティーを飲む 安眠の香りでリラックス

ハーブティーには気持ちを落ち着かせて、寝つきを良くしてくれるものがあります。

ラベンダーティーやカモミールティー、パッションフラワーティーなどが眠れないときには良いですよ。

香りでリラックス 安眠できるハーブティー7選

 

 

不眠対策ベスト10のまとめ

「最近寝るのに時間がかかる」

「ぐっすり眠れてないのかな? 寝ても疲れが取れない・・・」

忙しくてなかなか時間がないあなたには、毎日飲むだけで夜はスッと眠れて朝はすっきり良い気持ちでスタートできるようになる睡眠サプリがおすすめです。

 

妻もグッドナイト27000という睡眠サプリを1ヶ月続けたら、やる気にあふれた楽しい毎日をすごしてます。

あなたも前みたいに朝からスッキリスタートできる日々を取り戻しましょう!

睡眠サプリのおすすめ比較ランキング 評判や口コミ、コスパで選びました