睡眠サプリ 成分 効果 おすすめ

  • 布団に入っても考え事をしてしまってなかなか眠れない
  • 寝ても眠りが浅いのか疲れがとれない
  • 日中なんとなく体が重い、だるい

よく眠れないって辛いですよね。

妻も夜になってもなかなか眠れないし、やっと眠れたと思ったらすぐ目を覚ましたり、変な夢を見たり・・・

不眠でずっとたいへんな思いをしてきました。

 

だから

「いろいろ調べて試してみたけど、イマイチ良い睡眠がとれない」

「薬は使いたくない・・・」

こういう気持ちよくわかります。

こんなときには睡眠サプリが良いですよ。

 

 妻もグッドナイト27000という睡眠サプリを選んで使ってみたら、初日から実感できて2週間もたつころには気づいたらスッと眠れて朝までぐっすりできるようになりました。 

毎日朝からすっきりした気持ちでスタート、よく眠れるとこんなに楽なんだ、って感動するくらいです。

 

こちらの記事で

  • 睡眠サプリって本当に効果あるの?
  • 睡眠サプリのメリット、デメリットは?
  • どれくらいで実感できるの?
  • 副作用や依存性はない?
  • 選び方やおすすめは?

こんな疑問に答えていきます。

睡眠サプリってどんなもの? 本当に効果はある?

睡眠サプリは睡眠サポートサプリ、休息サポートサプリともいわれていて、快眠を助ける栄養素が配合されたサプリメントです。

たとえば、

  • トリプトファン
  • GABA
  • テアニン
  • グリシン
  • カモミール、クワンソウなどのハーブエキス

などの成分が配合されています。

睡眠薬と比べると副作用がなくて安全だし、根本から眠れない悩みを助けてくれます(睡眠薬は一時しのぎでしかありません)。

 

でも「睡眠サプリって本当に効き目があるの?」って思いませんか?

私もそう思ってたんですが、よく考えてみるとビタミンCが美容に良いとか、鉄分不足で貧血になりやすくなるとか、乳酸菌で胃腸が整うとかと同じじゃない?って気づきました。

 

結局睡眠の質をサポートしてくれる栄養をとるんだから、そりゃ良い眠りもとれるよなーと。

それに、上で紹介した 睡眠サプリに使われている成分はどれもきちんと研究で快眠に良いって証明されてます。 

 

たとえば、こんな感じですね。

トリプトファン・・・リラックス、幸せホルモンともいわれるセロトニンの材料。

GABA・・・ストレスをやわらげる、体のこりをほぐしてリラックスさせてくれる。

テアニン・・・良質な睡眠をサポートしてくれて、朝起きた時のすっきり感、疲れがとれた感覚が良くなる。

グリシン・・・深部体温を下げるサポートをしてくれて、ぐっすり眠りやすくなる(寝る時に深部体温が下がると睡眠の質が良くなると明らかになってます)

カモミール、クワンソウなど・・・どれもストレスをやわらげて、リラックスさせてくれる働きがある。

 

実際に妻も使ってみて実感できたから、睡眠サプリは良いよって言えます。

 

 

睡眠サプリに副作用や依存性はないの?

睡眠サプリは、副作用も依存性もないです。

 そう言い切れるのは、薬の成分を使っていないから。 

実際に妻も睡眠サプリを3ヶ月使い続けましたが、副作用はなかったですしね。

 

薬は飲んだらすぐに、しかも効果が強力です、だから副作用もあるんです。

風邪で熱が出た時に風邪薬飲んだことありますよね。

飲んで1~2時間もすると熱が引いてきて、すごく助かります。

でも、風邪薬にも副作用はあって合わない人だと胃痛がしたり、肌が赤くなったり、吐き気がしたりするんですよ(あまり起きないですけどね)。

 

じゃあサプリは薬の成分を使ってないから効き目がないのかっていうと、そういうわけじゃないんです。

テストの勉強でたとえると、一夜漬けと毎日コツコツ勉強するのの違いみたいな感じ。

 

風邪薬とか睡眠薬は一夜漬けのほうです。

次の日のテストの点数は上がるかもしれない(即効性がある)けど、テストが終わったら忘れちゃいます(根本的な解決じゃない)。

しかも、睡眠時間を犠牲にしてるから次の日に眠気がすごい、体がだるい・重い・・・(副作用がある)。

 

サプリの方は、こつこつ勉強しているみたいなもの。

すぐには結果が出ない(即効性はない)けど、身につけば忘れにくい(根本的な解決になる)。

きちんと休憩と睡眠をとってやってるから元気もいっぱいです(副作用はない)。

 

 

睡眠サプリは使ってからどれくらいの期間で実感できる?

妻の場合は初日で実感できて、2週間もすると見違えるくらいになりました。

 でも使ってから最低1ヶ月は様子を見てください。やめてぶり返さないように3ヶ月くらい使ったほうが良いです。 

 

睡眠サプリは勉強でたとえたら、一夜漬けしないで毎日コツコツやっているようなもの。

どうしても1日2日で結果は出ません。

その代わりに副作用も依存性もなくて、安全です。

 

 

睡眠サプリのメリットとデメリット ほかの不眠対策と比べる

睡眠サプリのメリット

  • 睡眠薬のような副作用や依存性がない
  • 体質に働きかけるから、根本的な解決になりうる
  • 毎日飲むだけで良いから、ほかの方法よりお手軽
  • 実は、市販の睡眠薬を買ったり、病院に行くより安い

 

睡眠サプリのデメリット

  • 実感できるまで時間がかかる(最低1ヶ月です)
  • うつ病など病気からきてる不眠には力不足

 

 

 

ほかの不眠対策にはたとえばこんなものがあります。

どれも効果的ですが手間や時間がかかったり、副作用や依存性が怖いといったことがネックです。

 

食事を見直す

意外かもしれませんが、食事は睡眠と関係があります。

ジャンクフードやインスタントフードを多く食べたり、夜遅くにご飯を食べる習慣があると眠りの質が悪くなってしまいます。

そういった習慣を避けながら、睡眠のためにタンパク質や不足しがちなビタミンをとることで睡眠を改善できます。

 

運動する

身体を動かすと単純に疲れて眠りやすくなるだけじゃなくて、ストレスが発散させられてストレス性の不眠を解消できます。

太っているだけでも睡眠時無呼吸症候群などの病気になりやすくなって睡眠が悪化するので、やせるという意味でも運動は快適な睡眠のために効果的です。

 

睡眠薬や漢方薬を使う

夜眠れないときに即効性があってパワーもしっかりしているのは睡眠薬です。

どんな原因でもたいていの不眠に有効ですが、副作用がありますし、飲んでいるうちにだんだん効かなくなってきたり依存してしまうおそれもあります。

 

漢方薬の場合は、睡眠薬と比べるとパワーは落ちますがそのぶん副作用や依存性は少なくなっています。

ただ漢方の場合もまったく副作用がないわけではありません。

 

 

睡眠サプリの選び方は? 成分や価格など

睡眠サプリはお手軽で安全に不眠対策することができますが、販売されている睡眠サプリは種類が10種類以上もあってどれがあなたにあっているかはぱっと見でわかりづらいです。

こちらであなたに合う睡眠サプリの選び方を見ていきましょう。

 

選び方1.成分の量がちゃんと分かるもの

睡眠サプリで快眠できるかどうかは入っている成分と量が大切です。

なかには配合されている成分の名前だけしか分からないものもあります。

そういう睡眠サプリと比べると、どの成分がどれだけ配合されているか分かるものの方が信頼できますし、安心ですよね。

 

選び方2.高品質の証明があるもの

睡眠サプリのなかには、ちゃんとしているサプリメントなのか怪しいものもあります。

いくら睡眠サポート成分がたくさん配合されていると言われても、品質がしっかりしていなければ意味がありません。

 

睡眠サプリは、品質の良さを証明するために公的な機関から品質の認定を受けているものもありますのでチェックしましょう。

たとえば機能性表示食品などです。

 

機能性表示食品は科学的な根拠をもとに「睡眠サポート作用があります」ということを国が認める制度なので、信頼性で選ぶなら機能性表示食品の睡眠サプリが良いですね。

 

選び方3.口コミやレビューを確認する 悪い意見をチェックしよう!

睡眠サプリを選ぶ前に、口コミやレビューは気になると思います。

どのサプリも公式サイトのページでは良い意見ばかり紹介されているので、一般のユーザーが口コミを投稿しているサイトやブログを見た方が「本音の」意見を知ることができます

 

そのサプリをどんな人が、どれくらいの期間飲んだらどうなったのか? 感想は? 副作用はないか? などを事前にチェックしましょう。

 

選び方4.長く続けられる価格のもの

睡眠サプリは安ければ月3,000円程度から高いものでは8,000円強のものまであります。

もともと睡眠サプリには睡眠薬のような即効性はなくて、最低でも1ヶ月以上は使って眠れない体質に働きかけていくものなので、価格的にも長く続けられるものを選びましょう。

定期購入で通常購入より安く手に入るものもあるので、チェックしてみてください。

 

 

睡眠サプリはどれが良い? 安い 評判が良い 市販で買える

おすすめの睡眠サプリはグッドナイト27000という睡眠サプリです。

長いこと不眠で悩んでいた妻がこれを使って1ヶ月程度で少しずつやわらいできて、休みの日にぐったりしがちだったのが友達と遊びに行ったり、趣味を楽しむ元気が出てきました。

 

公式ページやAmazonなどで購入できます。

詳しくは下の記事で、ほかの睡眠サプリとも比較しているのでぜひご覧ください。

絶対参考になる不眠の妻が睡眠サプリグッドナイト27000を使った口コミ

あなたにぴったり合うものが見つかる睡眠サプリおすすめランキング

 

 

睡眠サプリの使い方や注意点

睡眠サプリは薬ではありませんが、場合によって注意しなくてはいけない点もあるのでこちらで説明します。

 

睡眠サプリの飲むタイミングは?

睡眠サプリは1日2~3回にわけて飲むものが多いです。

睡眠薬のように飲んだらすぐに眠くなってくるものではないので、寝る前に飲まなくても大丈夫です。

飲み続けることで眠れない体質に働きかけるものと思ってください。

 

妊娠中の方、妊娠計画がある方は基本的に使えない

睡眠サプリの多くは妊娠中の方や妊娠計画がある方向けにつくられているわけではないので、安全性が高いといってもなにか悪影響が起きる可能性もあります。

 

睡眠サプリのなかではマインドガードDX北の大地の夢しずくという2つだけが、妊娠中の方でも
安心して使えます。

 

アレルギーが起きることがある

睡眠サプリは自然由来の成分を使っているので、アレルギーが起きる人もいます。

アレルギー体質の人は気をつけなくてはいけません。

 

一部の薬と相性が悪い

睡眠サプリの成分のなかでテアニンやカモミールエキス、ラフマエキスは血圧関係の薬や一部の精神科系の薬と相性が悪いです。

元々そういった薬を使っている方は、睡眠サプリを使う前にかかりつけの先生に相談しなくてはいけません。

 

 

まとめ

睡眠サプリは、忙しい方でもできる安全で、お手軽な不眠対策です。

ほかの不眠対策と比べると毎日飲み続けるだけで良い、睡眠薬のような副作用や依存性がない、体質に働きかけるので一度良くなればやめても大丈夫というメリットがあります。

 

デメリットとしてはお金がかかること、実感できるまで最低1ヶ月以上の時間がかかること、合わないものを選ぶとまったく効果がないということです。

 

睡眠サプリを使うときはきちんと成分の配合量がわかるもの、高品質の証明があるもの、悪い口コミもひっくるめてわかるもの、続けられる価格のものを選びましょう。

おすすめは、長年不眠だった妻が使って良かったグッドナイト27000です。