頭内爆発音症候群

寝ようとしたときや眠りに落ちる瞬間に、急に頭の中でなにかが爆発するような音や銃声(バアン! ドン! ドカーン!といった音)がしてびっくりしたり、ちょくちょく起きてなかなか眠れないとあなたは困っていませんか?

実はこれは頭内爆発音症候群という病気の症状なのです。

 脳出血や脳に重大なダメージが起きたことによる症状ではないですし、命の危険があるものでもありませんのでまずはご安心ください。 

 

頭内爆発音症候群はストレスなどが原因で寝る時に脳の電源がうまく切れないせいで起こると考えられています。

頭内爆発音症候群にはどのような特徴があって、どうして起きてしまうのか、予防・解決策はどんなものがあるか、病院に行くなら何科が良いのかなど詳しく見ていきましょう。

寝る前に音が聞こえる頭内爆発音症候群ってなに? 金縛りとも関係あり

頭、爆発というキーワードを見たら、怖いですし不安な気持ちにもなりますよね。

ですが頭内爆発音症候群は頭が爆発するわけじゃなくて、眠りに落ちる瞬間や起きる直前の眠りが浅いときに、爆発音、破裂音や雷が落ちたときみたいな音が聞こえる病気です。

 

実際にそういう音が周りで起こっているわけではなく、脳内の聴覚をコントロールしている部分が誤作動を起こしてこのような音が聞こえてしまうのです。

 

脳出血が起きたとか、てんかんの症状だとか、死んでしまうような病気ではありません。

人によっては雷が落ちる音、大きな物同士がぶつかる音など様々な音に聞こえます。

音といっしょにぴかっと目の前が光った感覚をおぼえたり、電気ショックを浴びたような感覚になったり、身体が高いところから落ちるような感覚を味わう人もいるようです。

 

どれくらい起こるかも人によってまちまちで、一生で何回かしか起きない人もいれば、毎日のように起きる人、毎日起きるかと思えば突然止まってまたしばらくして再発する人などいます。

起きる年齢も10代~高齢者までと幅が広いです。

 

頭内爆発音症候群は金縛りとも関係があると考えられていて、ある調査では頭内爆発音症候群に悩んでいた人の30%は金縛りにも悩んでいたことが分かっています。

金縛りについても記事を書いているので、詳しくはこちらをどうぞ

金縛りの原因は幽霊? いいえ違います。金縛りの予防法と対策法

 

 

頭内爆発音症候群が起きる原因はなに? ストレスや疲労がたまってる

残念ながら頭内爆発音症候群が起きてしまう原因はまだ詳しくは分かっていません。

ただ、ワシントン大学病院の精神科のブレイン助教授の説では、寝るときに脳が徐々に電源をオフにしていくのですが、うまく電源のオフができなかった部分が残ってしまったときに聴覚をコントロールしている部分が誤作動を起こしてしまうからではないかと考えられています。

 

誤作動を起こしてしまう理由は ストレスや肉体的な疲れ、普段良い睡眠が取れてないせいで疲れがたまっているせい ではないかと言われています。

 

上にも書きましたが金縛りとも関係があると考えられていて、金縛りは本来眠るときに最初深い眠りが来るはずなのが浅い眠りが来てしまうことで体が動かなくなったり、黒い影を見るといった幻覚が見えてしまいます。

金縛りの原因もまたストレスや肉体的な疲れなんです。

 

 

睡眠時に爆発音が聞こえる頭内爆発音症候群の治療する方法

頭内爆発音症候群は、聴覚をコントロールしている部分の誤作動で起きている症状なので、脳出血が起きているとか死んでしまうわけではないので、そこだけはまずご安心ください。

 

とはいえ、寝るときにドーン!とかバーン!とかなってたら寝付きも悪くなりますよね。

寝る前にリラックスしたり、睡眠の質を高めたり、ストレスをうまく発散したり、うつ病の治療薬が、頭内爆発音症候群の予防・対策に効果的です。

参考:I have exploding head syndrome

 

またいつあの音が鳴るか分からない不安から解放されて、また前みたいにぐっすり眠りましょう。

よく眠れた日の朝のスッキリした気持ちが取り戻せますよ。

 

寝る1~2時間前にじっくり入浴する

リラックスといえばこちら。

人は深部体温が下がっていくと眠気を感じたり、眠りの質が良くなることが分かっています。

じっくり入浴すると一時的に深部体温が上がるのですが、お風呂から上がると時間とともに少しずつ深部体温が下がっていきますので質の高い睡眠を取るためにとても良いんです。

 

血行も良くなってこりやすい肩などがほぐれるので、こちらもリラックスに良い理由です。

ただ、熱すぎるお湯は逆に神経が興奮して寝つきが悪くなってしまうので、つかるのは38℃程度のぬるま湯にしましょう。

 

寝る1時間前から好きな本を読んだり、好きな音楽を聴く

イギリスのサセックス大学の研究によると好きな本を読んだり、音楽を聴くとストレスの6~7割が解消されることが分かっています。

本や音楽に没頭して他のことを忘れてしまうことが大切です。

寝る前のスマホをやめて代わりに読書したり音楽を聴くのがおすすめですよ。

 

寝る前に軽くストレッチする

こちらもリラックスに効果的です。

首、肩、足などこりやすいところを寝る前にほぐすとよく眠れますし、翌朝起きたときの疲れの取れた感じが全然違います。

私も毎日やってますがたまに忘れてそのまま寝てしまうと翌日なんだかこりが酷いです。

 

寝る前に478呼吸法を試してみる

478呼吸法は、4秒かけて息を吸って、7秒間息を止めて、8秒かけて息を吐き出すという呼吸法です。

こんな簡単なことですがリラックスに良くて、寝る直前にやると寝つきが良くなります。

寝つきが悪いときの即効対策法478呼吸法

 

睡眠サプリを使う

 頭内爆発音症候群の原因になるストレスや疲労を解消するには、睡眠の質を高めることが大切 です。

 

睡眠サプリは良質な睡眠をサポートしてくれる成分に特化していますし、薬と違って副作用もないから良いですよ。

よく眠れないせいで疲れがたまってた妻もグッドナイト27000っていう睡眠サプリを使ったらたった2週間でも昔みたいにぐっすり眠れて、毎日朝からすっきりスタートできるようになりました。

使ってみたレビューも書きましたので、ぜひご覧ください。

眠れた? 妻がグッドナイト27000を使ったレビュー

 

 

頭内爆発音症候群が良くならない 病院に行くならメンタルクリニックか神経内科

ここまでのいろいろなリラックス法や眠りの質を高める方法を試してみても寝るときの爆発音が良くならないなら、病院に行って頭内爆発音症候群に効果的といわれるうつ病の薬や安定剤などを処方してもらうのも手です。

 

病院に行く場合は、 メンタルクリニックや神経内科 などが専門科です。

メンタルクリニックというと身構えてしまうかもしれませんが、普通の会社員や主婦も仕事の精神的な疲れがたまって体調不良になったときに通っていたりします。

怖いところではないので、ご安心ください。

 

 

まとめ

頭内爆発音症候群はその名のとおり寝ようとしたときや起きる直前の眠りが浅いときにバーンといったような爆発音や雷が落ちたような音が聞こえたり、頭の中で感じる病気です。

なかにはぴかっとフラッシュをたいたような、または電気ショックを受けたような感じを受ける人もいます。

 

原因ははっきり分かっていませんが、ストレスや疲れのたまりすぎで聴覚の誤作動が起きると考えられています。

 寝る前にリラックスすること、日々のストレスをしっかりと発散すること、よく寝て疲れをとること、うつ病の薬などで症状を予防・治療できます。 

 

寝る前にリラックスしたり、よく寝て疲れやストレスを取るには、寝る前にお風呂に入ったり、ストレッチしたり、478呼吸法をしたり、睡眠サプリを使ってみてください。

睡眠サプリなら実際に妻が使って、昔みたいによく眠れて疲れがすっきり取れるようになったグッドナイト27000が良いですよ。

 

またいつあの音が鳴るか分からない不安から解放されて、安眠できる夜を取り戻しましょう。

ぐっすり眠れれば普段の疲れもよく取れて毎日朝から良い気持ちでスタートできますよ。