運動で不眠対策

布団に入ってもなかなか眠れない・・・

疲れてるはずなのに眠れない・・・

こんな睡眠の悩みは、あなたの運動不足が原因かもしれません。

 

 人は肉体的によく疲れている方が寝やすいんですが、デスクワークや家事など体よりも頭を使ったり、精神的に疲れることが多い現代社会では運動不足で体が疲れないので眠りにくくなることがある んです。

 

それに体を動かすことはストレス解消に良いことも科学的に証明されています。

ストレスも神経を興奮させて寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなる原因なので、運動不足=ストレス解消がうまくできない=不眠になります。

 

なので不眠には運動が効果的なんです。

こちらの記事で、寝つきが悪くなったり、ぐっすり眠れなくなる原因や毎日忙しくてなかなか時間がとれないあなたにもできる簡単&短時間エクササイズで不眠を吹き飛ばす方法などを詳しく紹介していきます。

 

そうはいっても仕事に行って、家事をして、帰りに買い物したり、帰ってきたらご飯を食べてお風呂に入って、明日の準備をして、ちょっとゆっくりしたらもう1日が終わり・・・。

なかなか体を動かす時間って取れませんよね。

よく眠れなくなる原因はなに? 運動不足以外にもストレスや生活習慣が影響

運動不足

まずは先ほども説明したこちらです。

人が眠る理由は色々あるんですが、大きなもののひとつに肉体の疲労の回復です。

ですが、働くようになると体力仕事じゃない限り学生の頃よりも体を動かす時間が減ってしまいます(元々スポーツしない人でも体育の時間がありました)。

 

体が疲れてなければ、眠らなくちゃいけない理由がひとつ減りますからそれだけでも眠りの質が悪くなります。

しかも運動をすると体内では幸せホルモンともいわれるセロトニンが生まれやすくなって睡眠の質を高めてくれるのですが、運動不足だとセロトニンの働きも悪くなってよけいに眠りが悪化してしまうのです。

 

ストレス

ストレスもぐっすり眠れなくなる大きな原因のひとつです。

ストレスを長期間受け続けると、常に神経が興奮しやすい状態になってしまいます。

なので夜になって寝る時は本来リラックスしているはずの神経が興奮して目が冴えてしまうんです。

 

仕事は学生の頃のバイトと違って簡単にやめることはできませんし、ストレスを感じることは多いですよね。

運動もストレス解消をする方法のひとつなんですが、社会人になったら意識しないと運動量が減るのでストレスもうまく解消できずにたまりっぱなしになってしまいます。

 

生活習慣

生活習慣も睡眠に与える影響が大きいです。

特に寝る前のタバコやお酒、ついつい布団のなかでもスマホをいじったり・・・全部不眠を悪化させてしまいますよ。

 

タバコは神経を刺激して興奮させますし、お酒は寝つきはよくなっても酔いが覚めれば眠りが浅くなってぐっすり眠れなくなるし、寝る直前までPCやスマホをやってるとこれまた神経が興奮する原因になります。

タバコやお酒は今すぐやめるというのも難しいですから少しずつ見直していって、寝る直前までのPCやスマホはぜひ控えてみてください。

 

 

忙しくてもできる簡単な運動で良い睡眠をとろう 不眠解消!

散歩

日中は仕事で忙しい方でも、夜15~30分くらいならお時間も取りやすいと思います。

散歩は適度に体が疲れますし、運動が苦手な人でも普通に歩くだけならお手軽です。

運動嫌いな私でも散歩はできましたからおすすめですよ。

 

好きな音楽を聞きながら歩いてみたり、普段歩いている道でも周りに意識を向けてみると、意外と「こんなところあったんだ!」という発見があって楽しいです。

 

休日は昼間に散歩すると太陽の光を浴びられて一石二鳥です。

太陽の光を浴びることも睡眠に良い効果があるんです。

太陽の光を浴びると夜眠れるようになる 光と睡眠の関係

 

ストレッチ

これは本当に今日からでもすぐできるおすすめの運動です。

家の中でできるので人目は気になりませんし、道具もいりませんし、布団に入る前に5分もあればできます。

 

夜ストレッチすると寝つきも良くなりますし、翌日体のこりがよくとれますよ。

私も毎日やってますが、ストレッチをし忘れた日には次の日の体のだるさがいつも以上に感じますね。

 

デスクワークや家事をしてると首や肩がよくこりますから、ここらへんをしっかりほぐしましょう。

 

 

まとめ

運動不足は夜よく眠れなくなる原因のひとつです。

現代社会では、精神的な疲ればっかりたまって体が疲れてないから不眠になりやすいんです。

それに体を動かすとストレス解消になるので、普段からなかなか運動ができてないとストレスがたまってこれもまた眠りが悪化する原因になります。

 

普段仕事や家事で忙しくてもできる簡単な不眠対策エクササイズは、散歩とストレッチです。

散歩は15分~30分だけでも外の空気を吸って歩くと違いますよ。

心のなかのもやもやが少しスッキリしますし、適度に体が疲れます。

 

ストレッチは寝る前に5分もあればできるので、ぜひやってみてください。

こりやすい首と肩をほぐすと、寝つきも良くなりますし、次の日によく疲れがとれますよ。