栄養ドリンク

 ぐっすり眠れなくて疲れが取れない、疲れがたまっている・・・ そんなときに疲れを吹き飛ばすため栄養ドリンクを飲むことってありますよね。

栄養ドリンクのほとんどは研究結果に基づいて疲労回復効果が認められていますので、安いものでも疲労には確実に効きます。

 

でも疲れを取るためにと寝る前に栄養ドリンクを飲んでいませんか?

それがぐっすり眠れないのを悪化させている原因かもしれません。

 

その理由は、カフェインやアルコールが配合されている栄養ドリンクが多いからです。

こちらの記事で毎日の疲れをリフレッシュするためのおすすめの疲労回復ドリンク、寝る前に飲んでも安眠を邪魔しない栄養ドリンクを紹介していきますので、ぜひ見ていきましょう。

疲れが取れないからと寝る前に栄養ドリンクを飲むと、疲れが悪化してしまう理由

毎日の疲れが取れないから栄養ドリンクを飲んでなんとかしのいでいる方は結構いると思います。

確かに栄養ドリンクは疲労回復に効果的なのですが、寝る前に栄養ドリンクを飲んでいませんか?

 

栄養ドリンクのなかには、カフェインや少しですがアルコールが含まれているものが結構あります。

カフェインは神経を刺激して目を覚ましたり、利尿作用(トイレが近くなる効果)があります。

 

なので、疲れを取ろうと思って寝る前に栄養ドリンクを飲むと眠りが浅くなったり、夜中にトイレで目を覚ましてしまい、睡眠の質が悪くなります。

アルコールも同じく一時的に体をリラックスさせたり、寝付きを良くする効果がありますが、こちらも利尿作用を持っていますし、酔いが覚めてくると一緒に眠気も覚めて眠りが浅くなってしまいます。

 

さらにアルコールが分解されたあとに生まれるアセトアルデヒドという物質が神経を刺激する作用を持っているので、睡眠の質を悪化させます。

こうしたカフェインとアルコールの働きのせいでよけいに疲れが取れにくくなり、悪循環を引き起こしてしまいます。

 

一時的な疲れを吹き飛ばすためにアルコールやカフェインが含まれる栄養ドリンクを飲むなら、寝る前に飲むのは避けて、毎日のように飲まないようにしましょう。

 

 

おすすめの疲労回復ドリンクの前に 種類と効果の強さについて

よく眠れなくて疲れが取れないという方におすすめの栄養ドリンクはなにかといえば、やっぱり睡眠に悪い影響がないノンカフェイン・ノンアルコールのドリンクです。

 

最近の栄養ドリンクは、ノンカフェイン・ノンアルコールのものも多く販売されていますが、たくさん種類があってどれがどういう風に聞くのか、なにが違うのかわからないという方はたくさんいらっしゃると思います。

 

おすすめのものを紹介する前に、栄養ドリンクに関する大切な知識をお伝えします。

栄養ドリンクの分類と入っている成分についてです。

まず、栄養ドリンクには以下の4つの種類があります。

 

第二類医薬品

医薬品として認められている栄養ドリンクです。

効果と副作用、吸収のデータなどが研究で明らかになっているので、最も効果が高いです。

ただし、その分最も副作用や他の薬などとの相互作用に気をつけなければいけません。

 

第三類医薬品

こちらも医薬品として認められています。

第二類医薬品と同じで研究結果に効果が裏付けられていますが、こちらの方が副作用が少ない成分が使われています。

そのぶん疲労回復効果は第二類医薬品と比べると弱いです。

 

医薬部外品

医薬品としては認められてなくて第二類・第三類医薬品の栄養ドリンクと比べるとパワーが弱いですが、安全性は第三類医薬品より高いです。

 

清涼飲料水

ジュースに分類されるもので、エナジードリンクなどと言われているモンスターエナジーやレッドブルなどがそうです。

医薬品ではないので疲労回復効果はないですが、エナジードリンクはカフェインが多めに含まれていますので、一時的に眠気を吹き飛ばしたり疲労を感じさせなくさせます。

ですがこれは疲労回復ではなくて元気の前借りなので、あまりたくさん使うべきではありません。

 

この4種類の栄養ドリンク、疲労回復ドリンクから効果や副作用、価格から自分にあったものを選ぶと良いでしょう。

ちなみに価格は第二類医薬品>第三医薬品>医薬部外品>清涼飲料水となっていて、効果が強いほど価格も高くなっています。

 

がつんと疲労回復したい→第二類医薬品

効果と副作用、価格のバランス→第三類医薬品か医薬部外品

とりあえず一時的にでも良いから眠気を取りたい→エナジードリンク(清涼飲料水)

といった感じです。

 

 

栄養ドリンク、疲労回復ドリンクの有効成分の効果はなに?

栄養ドリンクを選ぶにあたって上に書いた大まかな種類と強さなども大切ですが、入っている成分を見て選ぶのも大切です。

栄養ドリンクや疲労回復ドリンクによく入っている成分について見てみましょう。

 

ビタミンB1、フルスルチアミン

ビタミンB1は、人が活動するためのエネルギーを作り出すのを助けたり、神経の働きをサポートする作用を持っています。

フルスルチアミンは、ビタミンB1と同じ効果を持っていてビタミンB1よりも吸収されやすい特徴があります。

ビタミンB1が不足するとエネルギー不足になりやすくなって、めまいや疲労、だるさを感じやすくなってしまいます。

 

ビタミンB2

皮膚や粘膜の状態を健康にする働きがあります。

ビタミンB2が不足すると口内炎や結膜炎が起きやすくなったり、ホルモンバランスが崩れて精神的に不安定になることもあります。

 

ビタミンB6

体がエネルギーを作り出すのをサポートする効果や体をリラックスさせてくれるGABAやセロトニンといった体内物質を作り出すのにも関わっています。

不足すると疲れやすくなったり、気持ちが不安定になりやすくなったりします。

 

ビタミンE

主な作用は抗酸化作用で、老化やシミ、動脈硬化、生活習慣病を予防してくれます。

そのほかにも自律神経を整えて気持ちを安定させてくれたり、血行促進作用で肩こりを改善してくれます。

 

ナイアシン

皮膚や粘膜を正常に保ち、血流を改善する効果があるので肩こりにも良いです。

不足すると胃腸や気持ちが不安定になってしまいます。

 

パンテノール

パントテン酸というビタミンに変わって、免疫力を高めて風邪などの病気にかかりにくくしてくれます。

 

コンドロイチン

関節痛をやわらげてくれるということで有名な成分です。

実は高血圧や動脈硬化を防ぐ効果もあります。

 

タウリン

タウリンといえば1,000mg配合!のCMでお馴染みですね。

肝機能や心機能をサポートしてくれたり、中性脂肪の燃焼などの効果があります。

不足するとイライラ、不安になりやすくなったり、筋肉が疲れやすくなったり、太りやすくなったりします。

 

簡単なまとめ

ビタミンB系→疲れにくくなる

ビタミンE→アンチエイジング、生活習慣病の予防、肩こり改善

ナイアシン→気持ちを安定、口内炎予防

パンテノール(パントテン酸)→免疫力アップ、風邪などにかかりにくくなる

タウリン→疲れにくくなる、代謝アップ

 

 

よく眠れない、疲れが取れない方におすすめの疲労回復ドリンク4選

ここまでの情報を踏まえたうえで、おすすめの栄養ドリンク4選を紹介します。

どれもノンカフェイン、ノンアルコールで睡眠に悪影響を与えませんし、疲労回復にばっちりです。

 

ユンケル黄帝液DCF

分類 第二類医薬品
価格 税込1,048円
成分
反鼻チンキ 100mg
シベットチンキ 250mg
ニンジン流エキス 600mg
西洋サンザシ乾燥エキス 30mg
ジオウ乾燥エキス 120mg
ローヤルゼリー 100mg
ビタミンB1 10mg
ビタミンB2 5mg
ビタミンB6 10mg
ビタミンE 10mg
ナイアシン 25mg
パンテノール 10mg
コンドロイチン 120mg

価格は少し高めですが、第二類医薬品なので効果は一番信頼できます。

疲労回復や血流改善に効果的なビタミン類がバランス良く配合されているほか、反鼻チンキや西洋サンザシといった生薬も配合されています。

これらの生薬も同じく疲労回復効果や血流改善の働きがあるので、ハイパワーな栄養ドリンクです。

 

ファンテユンケル3Bドリンク

分類 第三類医薬品
価格 税込162円
成分
ビタミンB1 10mg
ビタミンB2 5mg
ビタミンB6 30mg
ナイアシン 30mg
パンテノール 10mg
コンドロイチン 180mg

 

ユンケル黄帝液DCFと比べるとぐっと飲みやすい価格ですが、医薬品として認められているので効果も安心。

疲労回復に良いビタミン類はしっかりとバランス良く配合されています。

 

アリナミンR

分類 医薬部外品
価格 税込324円
成分
フルスルチアミン 5mg
ビタミンB2 2mg
ビタミンB6 10mg
L-バリン 80mg
L-ロイシン 160mg
L-イソロイシン 80mg
カルニチン 50mg

 

医薬部外品なので効果は落ちますが、そのぶん副作用の危険性が少ない疲労回復ドリンクです。

疲労回復に良いビタミンB類とバリン、ロイシンといった人間の体に必須のアミノ酸が配合されています。

バリン、イソロイシンは筋肉を作るために必要で、イソロイシンは筋肉のアフターケアをしてくれます。

カルニチンは免疫力を高めてくれたり、エネルギーを効率よく生み出してくれるのでこれも疲労回復に効果的です。

 

リポビタンノンカフェ

分類 医薬部外品
価格 税込157円
成分
タウリン 1,000mg
イノシトール 50mg
ナイアシン 20mg
ビタミンB1 5mg
ビタミンB2 15mg
ビタミンB6 5mg

 

 

タウリン1,000mg配合!でおなじみのリポビタンシリーズです。

タウリンは肝臓の機能をサポートしてくれる働きがあります。

肝臓は体の中で有害な物質を無害な物質に変えてくれる仕事をしていて、肝臓の機能が弱まると疲れやすくなったり、体調不良になりやすくなります。

なのでタウリンは肝臓をサポートすることで体の疲労回復の効率を上げてくれるんです。

 

 

栄養ドリンク+α! 睡眠の質を改善して効率よく疲労回復しよう

栄養ドリンクは疲労回復に良い栄養を補給することで体の疲労回復の働きをパワーアップさせるものですが、やっぱり疲れを取るには良い睡眠を取るのが一番です。

仕事が忙しくてなかなか睡眠時間がたくさん取れないという方こそ睡眠の質を改善して、いつもの睡眠時間でいつもより元気になりましょう!

こちらで簡単に睡眠の質を改善できる方法を紹介していきます。

 

寝る前にストレッチをする

寝る前にストレッチをすると体のこりがよくほぐれて、朝起きたときの疲労度が全然違います。

軽く体を動かすだけでもストレス解消に良いですので、ぜひ寝る前にやってみてください。

おすすめは首まわし、腰を左右にひねる、足を折りたたんで後ろに倒れるの3つです。

どれもデスクワーカーの方ですとこったり、普段あまり動かさなくて血流が悪くなりやすい場所ですよ。

 

寝る前に478呼吸をする

478呼吸って聞いたことありますか?

4秒息を吸って、7秒間息を止めて、8秒間かけて息を吐き出す、これを3セット繰り返すものです。
試しに今ぜひやってみてください。

 

リラックスできましたでしょうか?

これをやってる間、脳がよけいなことを考えないので、普段から悩んだり、考えこんだりしてしまいがちな人に効果ばつぐんです。

寝る前にベッドの上でやれば寝付きも良くなって一石二鳥です。

寝付きが悪い時に今すぐできる簡単不眠対策「478呼吸法」

 

寝る1時間くらい前にスマホやパソコンをやめて読書をするか、好きな音楽を聴く

スマホやパソコンの画面を長時間見ていると睡眠の質が悪化してしまうと聞いたことはありませんか?

画面の光の明るさはたいしたことないですが、それでも長時間見ていると眠気が覚めてきてしまいますから、できるだけ寝る1時間くらい前にスマホやパソコンはやめましょう。

 

代わりに読書したり、好きな音楽を聞いてリラックスするのが良いです。

イギリスのサセックス大学の研究では読書したり、好きな音楽を聞いてそれに集中するとストレスが6~7割も減少するという結果が出ています。

 

睡眠サプリを使う

実はサプリメントのなかには、睡眠をサポートしてくれるものがあります。

身体をリラックスさせてくれたり、ストレスをやわらげるために必要な栄養素を補給して寝付きの悪さやぐっすり眠れないといった睡眠の問題を助けてくれます。

 

薬と違って副作用もないですし、依存する危険性もありません。

栄養ドリンクを毎日のように飲んでいるなら、睡眠サプリに変えてみるのも手です。

おすすめは実際に不眠だった妻が使ってみて良かったグッドナイト27000です。

使ってみたレビューも別の記事で詳しく書きましたので、ぜひご覧ください。

眠れた? 不眠の妻がグッドナイト27000を使ったレビュー+成分や副作用は?

 

 

まとめ

栄養ドリンクは、疲労を回復させる効果がありますがカフェインやアルコールが入っているものを選んで寝る前に飲んでしまうと睡眠の質が悪化して、疲労が取れなくなってしまうおそれがあります。

カフェインとアルコールは一時的に疲れを忘れさせてくれる働きはありますが、疲労を回復してくれるわけではないので根本的な解決にはなりません。

 

疲労回復に本当におすすめの栄養ドリンクはノンカフェイン・ノンアルコールのものです。

効果が高いのは第二類医薬品で、効果はやや弱めだけど価格が安くて使いやすいのが第三類医薬品か指定医薬部外品の疲労回復ドリンクです。

自分の疲労度とお財布事情と相談して選びましょう。