不快な耳鳴り

最近耳鳴りが気になる、耳鳴りがずっと続いて夜も寝つきが悪くなってしまった、ぐっすり眠れなくなったという方いませんか?

耳鳴りは一時的なものの場合もあれば、病気などが原因でそのままにしていると危険な場合もあります

 

耳鳴りの原因で多いのは ストレスや疲労、耳へのダメージ、加齢、病気など です。

耳鳴りを治すにはストレスを溜め込まないようにして生活習慣を見直すことも大切ですが、薬を使わなければいけないときもあります。

 

こちらの記事で耳鳴りの正体はなにか、原因と治療法について詳しく見ていきましょう。

耳鳴りを詳しく知る メカニズムなど

耳鳴りはみなさんご存知かと思いますが、周りから音は出ていないはずなのに耳の中にキーンとかジーとか音が聞こえてくる症状です。

静かな場所に行くと気になったり、一日中気になって眠れなくなったり症状の強さは個人差があります。

 

まだ完全に判明しているわけではないですが耳鳴りのメカニズムは、脳の神経細胞が耳からキャッチした音を過剰に増幅させてしまい、普段は感じない音まで拾ってしまっているのです。

 

人間が音を感じるメカニズムは次のとおりです。

まず普段私たちが耳と呼んでいる耳介(じかい)と呼ばれる場所で音=振動をキャッチして振動が耳の穴(外耳道)を通って鼓膜を震わせます。

 

鼓膜が受けた振動は耳小骨(じしょうこつ)という部分に伝わって何十倍にも増幅された後、さらに奥にある蝸牛(かぎゅう)を通してようやく感覚細胞と呼ばれる場所に伝わります。

 

感覚細胞が受け取った振動を脳が理解できる形に変換して、脳の神経細胞が受け取ることで、私たちはどんな高さか、大きさか、音色か、どれくらい続いてるのかなど音の情報を感じ取ることができます。

 

なんらかの原因で音を感じ取って脳に伝える部分に異常が発生すると、脳は神経をとがらせて感度を高めて音を拾おうとします。

その結果普段聞き取れないような音まで増幅して耳鳴りとして聞こえてしまうのです。

 

 

耳鳴りの原因はなに? ストレス?

耳鳴りは上に書いたようになんらかの原因で難聴が起きているときに感じやすい症状です。

難聴を引き起こす原因には、ストレスや疲れ、不眠、加齢、耳へのダメージ、病気、薬の離脱症状などがあります。

 

ストレス、疲労、不眠

強いストレスを受け続けたり、疲労や不眠症が続くと人は身体の自律神経が狂ってしまい、興奮系のシステムである交感神経だけが働きやすくなってしまいます。

そうなると血圧が上昇し、耳の中の血流に問題が起きて、耳鳴りが発生してしまうことがあります。

耳鳴りが気になって眠れなくなるとよけいに疲れが取れなくなって、耳鳴りも悪化するという悪いループが起きてしまいます。

 

加齢

歳を取ると耳の細胞が老化して、音を受け取っても振動を感じ取りづらくなってしまいます。

その結果脳が聴覚に関わる神経の感度を高めることで上に書いたように耳鳴りが起きてしまいます。

 

耳へのダメージ

一定レベル以上の大きさを超えた音を聞き続けると、人の耳がダメージを受けて難聴を起こします。

これを音響外傷と言います。

コンサートなどで大音量を聞くと、一時的に音が聞こえにくくなったり、耳に痛みを感じることがありますよね。

 

これも音響外傷ですが、一時的なものであればある程度自分で回復することができます。

ですが、毎日のようにヘッドホンやイヤホンを使って大音量で音を聞き続けると再生能力の限界を超えてしまい、難聴が回復しなくなってしまうことがあるのです。

 

難聴を起こす病気

難聴を起こす病気には原因不明の突発性難聴やストレスが原因で難聴やめまいが起こるメニエール病・急性低音障害型感音難聴、風邪などウイルスや細菌が原因で起こる外耳炎・中耳炎・内耳炎などがあります。

 

また、動脈硬化など血管に関する病気も耳の中の血流を乱してしまうので間接的に耳鳴りを起こすことがあります。

 

薬を急にやめた反動:離脱症状 うつ病の薬や睡眠薬など

SSRIと呼ばれるうつ病の薬やベンゾジアゼピン系と呼ばれる睡眠薬などを長期間(1ヶ月以上)服用していて、急に薬の量をゼロにしたり、一気に減らしてしまうと耳鳴りが起こることがあります(離脱症状と言います)。

 

これは人の身体が、薬が外から体内に入ってくることを前提に体内のバランスを調節するように変化しているために起こります。

 

たとえば睡眠薬なら、脳は「毎日この薬の鎮静作用がこれだけあるから、その分興奮作用を強くしよう」と動いていて、そこで急に薬をやめたり一気に量を減らすと興奮作用だけが残ってしまって血圧の上昇、血流トラブルが起きて耳鳴りが起きるのです。

 

 

耳鳴りの治療法 原因の耳のダメージやストレスを避けて疲れを取る

耳鳴りの対策をするには、まずは難聴を防ぐ・回復させることが大切です。

加齢による難聴はある程度は仕方がないですが、ストレスや疲労はためこまないように注意して、もし薬の離脱症状で耳鳴りが起きているときは一旦薬を元に戻してみることが必要です。

 

耳へのダメージを抑える

耳へのダメージを抑えれば難聴になりにくくなって、結果的に耳鳴りも起きにくくなります。

耳へのダメージを抑えるにはヘッドホンやイヤホンをなるべく使わないのが一番です。

どうしても使わないといけない、使いたい場合は、音量をできる限り小さくしましょう。

 

ストレスを効果的に解消する

ストレスはメニエール病や動脈硬化など難聴を起こしやすい病気の原因にもなりますし、単純にストレスで寝つきが悪くなったり、ぐっすり眠れなくなってしまいます。

 

ストレス発散といえば美味しいものを食べる、友達と遊ぶ、カラオケなどをイメージするかもしれませんが、運動をしたり、感情的になって涙を流すことなどは科学的にストレス発散効果があると証明されていますので、ぜひ試してみてください。

ストレスが原因で眠れないときはこの6つの方法に科学的効果有り!

 

原因が薬の離脱症状なら、薬を一旦戻す

もしも耳鳴りの原因が、抗うつ薬や睡眠薬を急にやめたり、減らしたことだと思われるときは、まずは一旦薬を元の量に戻すか、近づけてみましょう。

薬をやめるときは急にやめたり、一気に減らさないで、先生に相談しながらゆっくり減らしたり、薬を変えてもらうことが必要です。

睡眠薬をやめると不眠症が悪化!反動で体調不良を起こさないための方法

 

ぐっすり眠るために睡眠サプリを使う

ぐっすり眠れてないと疲れやストレスが回復できなくて耳鳴りが悪化する、耳鳴りのせいで不眠が悪化するという負の連鎖が起きてしまいます。

 

なので、ぐっすり眠るためには睡眠サプリを使ってみるのも一つの手です。

 薬とは違って副作用もないですし、依存する危険性もありませんし、忙しくても毎日飲むだけで良いのでお手軽です。 

 

オススメは実際に不眠だった妻が使ってみて良かったグッドナイト27000です。

使ってみたレビューも書きましたので、こちらも合わせて見てみてください。

不眠の妻がグッドナイト27000を使った口コミレビュー

 

ここまでの耳鳴りを治す方法をやっても耳鳴りの症状が辛いときは迷わず耳鼻咽頭科に行きましょう。

ビタミン剤や漢方を使ったり、補聴器を使って逆に音を増幅してあげることで過剰になった脳の感覚を元に戻すといった治療が行われることがあります。

 

 

まとめ

耳鳴りは、なんらかの原因によって難聴が起きている時に発生しやすい症状です。

その理由は、難聴が起きたときに脳の神経が音への感度を高めてしまうことで普段聞き取る必要のないわずかな音まで増幅して聞こえてしまうからです。

 

難聴を防ぐことが耳鳴りの治療法としては大切で、難聴を起こすものにはストレス・疲労・不眠や耳へのダメージ、薬の離脱症状、病気などがあります。

耳鳴りの治療のためにまずは耳へのダメージを避けて難聴を防ぎ、ストレスや疲労をしっかり解消しましょう。

 

もしも薬を急にやめた反動で耳鳴りが起きていると思われるときは、一旦薬を戻すか増やしてみて、薬を急にやめないで先生に相談して薬はゆっくり減らしてもらいましょう。

ここまでの治療法をやってみても効果がなければ迷わず耳鼻咽頭科に行って、専門的な治療を受けてください。