不眠に効果的な漢方薬

ぐっすり眠れなくて疲れが取れない・・・

寝つきが悪くて睡眠時間が少ない・・・

と困っている方、漢方薬が気になっていますか?

 

漢方薬は今や研究でいろいろな効果があることが証明されていて、病院で保険処方されるぐらいメジャーになってきています(市販のドラッグストアやAmazonや楽天といった通販でも買うことができるようになりました)。

 

でも漢方薬って種類が多いし、なにが違うのかよく分からない、自分に合うものがどれか分からないということもあると思います。

こちらで睡眠に良い眠れる漢方薬とその効果やどんな人に向いているかを詳しく紹介していきます。

 

寝つきが悪い、眠りが浅い そんな睡眠を助けてくれる眠れる漢方薬6選

眠れる漢方1:柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

その名のとおり柴胡(さいこ)、竜骨(りゅうこつ)、牡蛎(ぼれい)の3つの生薬が特徴的な漢方薬で、神経の高ぶりを静めてくれて不安、ストレス性のイライラ、不眠に有効なほか、高血圧や動脈硬化、胸が苦しい感じにも効果的です。

体力が多めな人に向いています。

 

眠れる漢方2:柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

柴胡加竜骨牡蛎湯と似た名前の漢方ですが、こちらは神経症気味で動悸や息切れが起きる、貧血、冷え性がある不眠の人に有効です。

こちらは体力が少なめな方、不安や少しの物音が気になって眠れない人に向いています。

 

 

眠れる漢方3:抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

不安やイライラで眠れない人、ストレスで食欲が落ちてしまいがちな人に有効です。

体力が少ない、胃腸があまり強くない人向け。

別の記事でもっと詳しく書いているので、ぜひご覧ください。

最近いらいらしやすくて眠れないときは抑肝散加陳皮半夏が良い

 

眠れる漢方4:半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

気分の落ち込み(憂うつ)、不安を感じたり、喉に毛が絡まっているような異物感(ヒステリー球と言います)による不眠が出ている人によく使われます。

体力が多くもなく、少なくもない普通の方向けです。

 

眠れる漢方5:酸棗仁湯(さんそうにんとう)

不安やイライラで眠れない人、疲れているのに疲れすぎて眠れないときに使われます。

体力が少ない方向けの漢方薬です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

疲れすぎて眠れないときは酸棗仁湯 睡眠薬が怖い方へ

 

眠れる漢方6:加味逍遥散(かみしょうようさん)

イライラ、頭痛、下半身の冷えなど原因がよく分からない体調不良があって寝つきが悪い人、ぐっすり眠れない人に有効です。

ホルモンバランスの崩れにも良いので、生理前などの不眠にも良いです。

体力が少ない、冷え性や肩こりがある女性向けの漢方薬です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

女性の体調不良と不眠に合う加味逍遥散

 

漢方薬以外にもある 簡単な不眠対策 睡眠の質を上げよう

より効果的に不眠解消をするために漢方薬を使う以外の不眠対策も紹介しますので、こちらもあわせてやってみてください。

 

睡眠サプリを使う

実はサプリメントのなかには、睡眠をサポートしてくれるものがあります。

身体をリラックスさせてくれたり、ストレスをやわらげるために必要な栄養素を補給して寝付きの悪さやぐっすり眠れないといった睡眠の問題を助けてくれます。

 

漢方薬も副作用が少ないですが、こちらはサプリなのでありません。

オススメは実際に不眠だった妻が使ってみて良かったグッドナイト27000です。

使ってみたレビューも書きましたので、こちらも合わせて見てみてください。

不眠の妻がグッドナイト27000を使った口コミレビュー

 

寝る1~2時間前に入浴する

人はゆっくりと深部体温が下がってくると眠くなってきます。

じっくり入浴すると深部体温がじわじわ上がって、寝るころには段々と下がってきて寝付きが良くなります。

熱いお湯につかると逆に神経が興奮してしまうので、38~39度くらいのぬるま湯につかりましょう。

 

寝る1~2時間前から照明を弱くする、光を浴びないようにする

人は夜になって周りが暗くなるとメラトニンという眠くなるホルモンを体内で放出します。

ですが強い光を浴びるとこのメラトニンの放出が邪魔されてしまい、不眠になりやすくなってしまいます。

部屋の明かりを調節できるなら、弱くしたり、スマホやパソコンの明るさを抑えて自然な眠気を邪魔しないようにしましょう。

 

478呼吸法でリラックスする

寝る前にベッドの上でできる即効不眠対策のひとつに、478呼吸法というものがあります。
4秒息を吸って、7秒息を止めて、8秒息を吐く、これを3セットもやるとリラックスして眠りにつきやすくなります。

寝る前にいろいろ考えごとをしやすいときは効果的ですよ。

 

 

まとめ

不眠に効く漢方薬はいくつもありますが、症状やあなたの体質にあったものを選ぶと一番効果が出るのでこちらの記事を参考にして選んでみてください。

 

+αの不眠対策も一緒にやれば寝つきの悪さや眠りの浅さにも悩まず、すっきりとした朝と疲れを残さない毎日が送れますよ。

 

今は漢方薬はドラッグストアや通販でも買えますから、「病院に行くのはちょっと・・・」というときは、とりあえず買ってみて試してみてはいかがでしょうか。