冷え性

冬場になると手足が氷のように冷たくなって寝つきが悪かったり、よく眠れなかったりしていませんか?

靴下を履いて布団や毛布をかぶってもなかなか温まりませんよね。

 

そんな冷えを根本的に対策するには、 散歩やストレッチをして身体を動かす、食事やサプリメントで必要な栄養をとることなどが大切 です。

 

冷え性は冷え自体も辛いし、眠りが悪くなったりするだけじゃなくて、 肌荒れ、頭痛・憂うつ・生理不順などいろいろな体調不良の元にもなりますから、しっかりと対策しましょう。 

 

手足ポカポカで毎日一生懸命暖めなくてすむようになるには、サプリから必要な栄養をとるのが一番お手軽ですよ。

冷え対策のサプリには、有名メーカー グリコの「αGヘスペリジン」が良いです。

(ヘスペリジンはテレビでも話題のあったか成分です)

グリコのαGヘスペリジンについて詳しくはこちら

 

この記事で冷えがどうして起こるのか、冷え性と不眠の関係や原因と対策について詳しく見ていきましょう。

手足の冷えってどうして起こるの? 女性に多い理由は?

手足がよく冷えるのは、血行が悪いことと関係しています。

体内の熱は血に乗せられて全身にめぐっているので、血行が悪いとうまく手足の先まで熱が届かなくなって冷えを感じてしまうのです。

特に足先は心臓から一番遠い場所なので、冷えを感じやすい場所です。

 

 手足がよく冷えているということは血行が悪いということなので、そのままにしておくと肌が荒れやすくなったり、頭痛、めまい、肩こり、生理不順などいろいろな体調不良が起きやすくなってしまいます。 

 

冷え性は男性よりも女性に多いと言われていますが、その理由は女性の方が体質的に脂肪が多くて筋肉が少ないからです。

脂肪は熱を通しにくくて、しかもいったん冷えてしまうと暖まりにくいのです。

筋肉の方は発熱量が大きいので、筋肉が少ないとそれだけで冷え性になりやすくなってしまいます。

 

 

冷えと不眠の関係 手足が冷えて眠れないのはなぜ?

単純に足先が氷のように冷たいだけで、それが気になってなかなか寝つけないですよね。

しかも実は人の睡眠には、体温がゆっくり下がっていくことで眠気を感じるというメカニズムがあります。

 

「冷え性は寒がりなのになんで?」と思いますよね。

人は寝るときに体温を下げるために体内の熱を血液に乗せて体にめぐらせて、体のはじっこの手足から熱を放出します。

これが上手くできている人は 熱が手足から放出されているので、寝るときに手足がぽかぽかで冷え性にはならない のです。

 

冷え性の方の場合は、うまく血液が末端の手足に行き渡らないので体内の熱を放出しづらくなり、眠気を感じにくくなったり眠りの質が落ちてしまいます。

 

 

冷え性の原因はなに?

冷え性の原因は遺伝的なものもありますが、多くの場合は血行が悪いことです。

上手く体内を血液がめぐらないと熱が手足まで届かなくて冷えてしまうのです。

血行が悪くなってしまうのは次のような理由が考えられます。

 

運動不足

運動量が足りないと脂肪がつきやすくなり、筋肉量も増えません。

脂肪は温まりにくく冷めやすい、筋肉は熱を生み出すので運動不足だと身体が冷えやすくなります。

血行を良くするためには心臓の働きも大切ですが、運動不足だと心臓の働きも弱ってしまいます。

 

睡眠不足

睡眠不足は自律神経の働きを乱してしまいます。

自律神経の働きが乱れるとよけいに血行が悪くなるので、

手足の冷えでよく眠れない→睡眠の質が悪化する→よけいに冷え性が悪化する・・・という負の連鎖が起きてしまう可能性もあります。

 

栄養不足、体を冷やす物を多く取っている

ダイエットのために極端に食事を減らしてはいませんか?

炭水化物やたんぱく質、脂質は人が活動するためのエネルギー(熱)となっているので、ある程度の量はとらないと冷え性に繋がってしまいます。

それから冷たい飲み物を多くとると体が冷えやすくなってしまいます。

 

ストレス

ストレスはそれ自体が寝つきが悪くなったり、熟睡できなくなる原因にもなりますし、自律神経の働きを乱して血行が悪くなる原因にもなるので、冷えに繋がってしまいます。

 

タバコを吸っている

タバコには、血管を収縮させる作用があります。

血管が収縮するとそれだけ全身に行き渡る血液の量が減ってしまい熱が手足に届きにくくなってしまいます。

 

 

【簡単】冷え性を改善! 手足の冷え対策7選 夜はぽかぽかぐっすり

冷え性は手足が冷たいのも嫌だし、不眠にもなるし、そのままにすると肌荒れや頭痛、憂うつ、生理不順などいろいろな体調不良につながってしまいます。

こちらで血行を良くしたり、身体を温める簡単な方法を紹介するのでぜひやってみましょう。

手足がいつもぽかぽかしてれば、冬場に毎日一生懸命手足を暖めなくて良いからとっても楽ですよ。

 

食べ物で身体を温める

冷たい飲み物を夏でも飲みすぎないようにして(冷房で冷える原因になります)、身体を温める食べ物や飲み物を積極的にとりましょう。

白湯(お湯)飲むのがお手軽で良いですよ~。

なにもなくてもポットさえあればすぐ飲めますし、他のものが一切入っていないのでダイエット中でも安心です。

 

【体を温める食べ物や飲み物】

  • しょうが
  • にんにく
  • ニンジン
  • ニラ
  • シャケ
  • サバ
  • 納豆
  • チーズ
  • 温かい飲み物(白湯、ホットココア、ホットミルク) など

 

15分くらいでも散歩したり、寝る前にストレッチする

「運動不足が冷えの原因なら運動すれば良い」って簡単に言っても、忙しくてなかなか時間が取れないし、そもそも運動するのも大変ですよね(私が運動嫌いなので・・・)。

でも15分くらい散歩したり、寝る前にストレッチするだけでも全然違いますよ。

休みの日の早朝とかほとんど人がいなくて、空気も気持ちよくて家の周りをふらっと歩くだけで気持ちいいです。

 

体を動かすこと自体がストレス解消に効果的だと科学的に証明されていますから一石二鳥です。

 

寝る1~2時間前に40度以下のぬるま湯につかる

夜湯船にじっくり浸かると体温がじわじわと上がって、寝る頃にはゆっくりと体温を下げることができます。

寝るまでぽかぽかで、寝る頃には体の内側の温度が下がって寝つきがよくなります。

 

寝る1時間前ぐらいに入って、30分くらいゆっくり入りましょう。

39℃~40℃ぐらいのぬるま湯につかるのがポイントです

熱い湯に入ると深部体温が上がりすぎてしまったり、神経が興奮して寝つきが悪くなってしまいます。

 

靴下は寝る前まではいて、寝るときには脱ぐ

寝るときに足が冷えるからと靴下をはいてませんか?

一枚では足りないと二枚重ねばきしてませんか?

実は逆効果になってしまうことがあります。

 

靴下が足首をしめつけてしまい血行を悪くする可能性があるのと靴下をはいていると熱がこもって余分な汗をかいてしまい、汗で熱が奪われてしまうからです(靴下の二枚履きは特に汗をかきやすいです)。

靴下は寝る直前まではいておいて、布団に入ったら脱いじゃいましょう。

 

漢方薬を使う

漢方薬には冷え性を改善するものがたくさんあります。

今はドラッグストアや通販でも買えるのでぜひ試してみてくださいね。

 

全身が冷えている、平熱も低い

 

下半身は冷えているけど、頭はのぼせてしまうなら

 

冷えがあって関節痛や神経痛も感じるなら

 

冷えに良いサプリを使って対策する

サプリは忙しい毎日でも飲むだけで良いからお手軽だし、副作用もないので安心です(漢方薬は少し副作用があります)。

 手足の冷えがなくなれば毎日毎日手足が冷たくて暖めなくちゃいけない辛さからも解放されますよ。 

 

冷えの対策サプリなら、あの有名なグリコから販売されている「αGヘスペリジン」が良いですね。

ヘスペリジンはTVでも話題のあったか成分。

WEB限定で初回1ヶ月分が半額1,080円になりますからお得ですよ。

グリコのαGヘスペリジンを半額で購入するにはこちら

 

 

まとめ

冬場になると手足が氷のように冷たくなって、毎日暖めるのも一苦労ですよね。

一回温めてもすぐにまた冷たくなる・・・。

そんな冷えは身体の内側の体温が下がりにくい証拠です。

寝つきも悪くなりますし、肌荒れや頭痛、肩こり、憂うつ、生理不順などいろいろな体調不良につながってしまいます。

 

そんな冷え性を根本的に対策するには、 軽くでも身体を動かす、食事やサプリメントで必要な栄養をとることなどが大切 です。

 

手足ポカポカで毎日一生懸命暖めなくてすむようになるには、サプリから必要な栄養をとるのが一番お手軽ですよ。

グリコのαGヘスペリジンが有名メーカーで安心だし、月1,000円で冷え対策できるから良いですね。

グリコのαGヘスペリジンの公式サイト