アスペルガーと不眠

アスペルガー症候群と診断された方や可能性がある方で、寝つきが悪い、夜ぐっすり眠れないせいで疲れが取れない、だるいと不眠症状に悩んでいませんか?

 

アスペルガー症候群の方で睡眠に問題を抱えている人は少なくなくありません。

実は、アスペルガー症候群と不眠には関係があるのです。

アスペルガー症候群の方が不眠で悩みやすいのは、対人関係で生まれるストレスや脳内ホルモンバランスの乱れによるものが原因と考えられています。

 

こちらの記事でアスペルガー症候群の方が悩む不眠の問題の解決法やアスペルガーかと思っていたら実は間違えやすい他の病気だったりしないか、なぜアスペルガー症候群で不眠になるのかなどを詳しくこちらで見ていきましょう。

アスペルガー症候群の人が不眠にもなりやすい理由 よく眠れない原因は?

アスペルガー症候群と睡眠障害の関係性についてはまだ詳しくは分かっていませんが、アスペルガー症候群の方で寝付きが悪い、ぐっすり眠れないといった不眠症を併発している方は多いです。

 

その原因として考えられているのは、 睡眠にも関係している脳内ホルモンの働きのバランスが崩れたり、対人関係で日常生活に強いストレスを感じたり、二次的にうつ病などの精神疾患を発症してしまう ことです。

 

脳内ホルモンにはたとえばセロトニンやノルアドレナリンなどがありますが、アスペルガー症候群の人はこういったホルモンの働きが部分的に不足したり、過剰になることが多いことが分かっています。

 

セロトニンの働きが不足すると憂うつ感や理由のない不安感を感じやすくなったり不眠症になりやすくなりますし、ノルアドレナリンの働きが過剰になっても不安やいらいらを感じやすくなったり、不眠症になりやすくなります。

 

また、アスペルガー症候群の方は、日常的に人とのコミュニケーションに難しさを感じていたり、周りの人に腫れ物扱いされることで日々強いストレスを抱えています。

この強いストレスで結果的にうつ病を発症してしまう場合もあります。

ストレスやうつ病もまた不眠症の原因になるんです。

 

 

アスペルガー症候群の人に向いている不眠対策 夜なかなか眠れないときに

脳内ホルモンのバランスが崩れているときには薬で対処するのが一番ですが、脳内ホルモンに働きかける薬や睡眠薬はできれば使いたくないですよね。

薬を使う不眠対策も紹介しますが、まずはそれ以外の方法を試してみてください。

 

夜にスッと寝つけてぐっすり眠れるようになれば、寝る前にぐるぐる嫌なことを考えて気持ちが沈んでしまうこともなくなりますし、毎朝スッキリとした気分でスタートできますよ。

 

ストレスをしっかり発散する

アスペルガー症候群の方は、対人関係でストレスを感じてしまうことが多く、ストレスが原因で寝つきが悪くなったり、ぐっすり眠れなくなってしまうこともあります。

 

ストレス発散のためには軽く運動したり、好きな本を読んだり、好きな音楽に没頭したりするのが科学的に効果的な方法です。

詳しくは別の記事でまとめていますのでぜひご覧ください。

ストレスが原因で眠れないなら、これで眠れる6つの方法+α

 

あなたに適性のある仕事に転職する

アスペルガー症候群の方で会社で働いている方は、仕事が合わないせいで辛い思いをして、強いストレスを感じている場合があります。

そういったときは、仕事を自分に合ったものに変えることでストレスを大きく減らすことができるかもしれません。

 

アスペルガー症候群の方に向いていない仕事

アスペルガー症候群の方に向いていない仕事は、相手の表情を読んで臨機応変に動いたり、先を予測して行動するなどが多く求められる仕事です。

たとえば飲食やお店の店員などのサービス業や相手のニーズを読み取って提案を行う営業マンなどです。

 

アスペルガー症候群の方に向いている仕事

逆にアスペルガー症候群の方に向いている仕事は、突発的な対応が少ない、目の前のことにじっくり集中できる、規則性や法則性を学んで活かせる、対人関係の少ない仕事です。

たとえば、研究職、プログラマー、法律関係の仕事などです。

 

寝る前に「478呼吸法」をやってみる

478呼吸法は、4秒かけて息を吸って、7秒間息を止めて、8秒かけて息をゆっくり吐く呼吸法です。

これを寝る前に布団のなかで3セット繰り返すだけでリラックスして、眠りにつきやすくなります。

 

寝つきが悪くなってしまう原因のひとつに、寝る前の考え事があります。

電気を消して真っ暗になって、静かになると頭のなかでぐるぐると思考がめぐって目が冴えてしまいやすいんですね。

そんなときに478呼吸法をやると秒数もカウントしなくちゃいけないので自然と意識が呼吸にいって、嫌なこととかも考えなくてすむからリラックスして寝つきやすくなるんです。

 

睡眠サプリを使ってみる

478呼吸法は今夜からでもできますが効かないときもありますし、仕事を変える、ストレス発散とかはなかなか時間がないとか色々な理由ですぐには難しいですよね。

そこでよく眠れないときには睡眠サプリを使うと良いですよ。

 

忙しくて時間がなくても毎日飲むだけで良いですし、薬じゃないので副作用もないし。

おすすめは国に力が認められた機能性表示食品で、楽天デイリーランキング1位と評判も良いグッドナイト27000です。

 実際に不眠だった妻も使ってみましたが2週間でぐっすり眠れるようになって、毎日楽になりましたよ。 

 

毎月先着500名限定で初回1ヶ月分1,080円(税込)になりますからお得ですよ。

グッドナイト27000を最安値で購入できるのはこちら

 

最終手段:脳内ホルモンバランスを薬で整える、睡眠薬を使う

アスペルガー症候群の方は、脳内ホルモンの働きのバランスが崩れてしまい寝つきが悪くなったり、ぐっすり眠れなくなってしまうことがあります。

 

不眠以外にも憂うつや不安になりやすかったり、やる気がまったく出ない、だるくて動けないというときにはこちらで紹介する薬がよく効きます。

 

こちらで紹介する薬は、メンタルクリニックや精神科などで処方してもらえます。

抵抗があるかもしれませんが、薬以外の不眠対策をやってもダメだったときには薬を使えばびっくりするくらい毎日が楽になることもありますよ。

 

脳内ホルモンバランスを整える薬1:抗うつ薬

  • ジェイゾロフト
  • デジレル、レスリン
  • リフレックス など

 

これらの薬は脳内のセロトニンやノルアドレナリンといった脳内ホルモンの働きを高めて、不安感や憂うつ感を少なくしてリラックスさせてくれたり、アスペルガー症候群の方のもっている強いこだわりをやわらげてくれる効果があります。

 

脳内ホルモンバランスを整える薬2:気分安定薬

  • デパケン
  • ラミクタール など

 

これらの薬は脳に作用して、怒りやすい、衝動的に行動しやすいといった症状を抑えたり、落ち込みやすい、興奮しやすいといった気分の波を抑える働きがあります。

 

ですが、あくまで抗うつ薬や気分安定薬はアスペルガー症候群によって起きる二次的な症状をやわらげるだけであって、対人コミュニケーションの難しさを改善できるわけではないので、注意が必要です。

 

睡眠薬

  • マイスリー
  • ルネスタ
  • ロゼレム
  • レンドルミン
  • ロヒプノール
  • ベルソムラ など

 

睡眠薬はストレスや不安、二次的に起きるうつ症状でに起きる不眠にも即効で効きます。

ただし、睡眠薬は無理やり眠らせてくれるだけで根本的な解決法にはなりませんので、「毎日よく眠れなくて辛い・・・」という時にだけ一時的に病院で処方をお願いするようにしましょう。

 

 

まとめ

アスペルガー症候群の方は不眠で悩んでいる方も多いです。

 原因は脳内ホルモンのバランスの乱れや日常生活で抱えるストレスやストレスによって二次的に発症してしまううつ病 です。

 

不眠対策には、しっかりストレス発散をしたり、もしあなたが自分に合わない仕事をしていれば合った仕事に変えたり、最終手段としては薬を使うことが必要です。

ですが、忙しくて時間がないとか、なかなか転職も難しいとか色々事情があると思いますので毎日飲むだけで睡眠サポートができる睡眠サプリが良いですよ。

 

おすすめは国に力が認められた機能性表示食品で、楽天デイリーランキング1位と評判も良いグッドナイト27000です。

実際に不眠だった妻も使ってみましたが2週間でぐっすり眠れるようになって、毎日楽になりましたよ。

 

毎月先着500名様限定で初回1ヶ月分990円(税込)になりますからお得ですよ。

グッドナイト27000を最安値で購入できるのはこちら