夜に不安で眠れない

「仕事で疲れているのに不安で眠れない・・・」

と悩んでいませんか?

  • 自分の発言や態度で相手に変な思いさせたり、嫌われてないか
  • あの仕事の責任が重い・・・ミスしたらどうしよう

とか寝る前にどうしても考え出してしまって、ついネットで同じ悩みを持っている人がいないかを探してしまう。

気づいたら2時、3時・・・このまま眠れなかったら寝不足でもっと大変なことになる・・

早く寝なきゃと思うほどよけいに眠れなくなる・・・こんなことってありますよね。

 

寝る前にどうしてもぐるぐる考え出して不安になったり、怖くなったりして眠れない原因は

  • ストレス
  • 病気
  • 不眠・睡眠不足(眠れない→夜眠れないのが怖い、不安→さらに眠れない・・・)

です。

 

 夜になったらスッと眠って朝までぐっすりになるためには、まずは考え事を強制的に止めてリラックスする、ストレスをしっかり解消する、不安や眠れない時に良い薬やサプリを使う ことなどです。

 

こちらの記事で夜になると会社・仕事や人間関係のことで不安になったり、怖くなって眠れなくなってしまう原因や対処法について詳しく見ていきましょう。

不安で眠れなくなる原因は? 会社、人間関係など考え事が止まらない

ストレス

寝る前に、ずっと考えてても仕方ないと分かっているのにぐるぐる考えて不安になってしまう大きな原因はストレスです。

人はストレスを受けると、血圧を上げたり、神経を刺激して脳を興奮させて目の前の問題を解決しようとするんですね。

 

でも仕事とか人間関係のストレスって、夜自分の部屋で考えていても解決できないもの。

 分かってても脳が無理やり考えてしまう・・・これが考え事が止まらなくなって不安で眠れなくなる原因 なんです。

 

昔だったらストレスを受ける時は、危険な動物と出会って命の危険がせまったときでした。

危険な生き物を目の前にして「どうすれば助かる? どう逃げればおそわれない?」と考えて、体が動くようにできているんです。

必死に戦ったり、なんとか逃げられればそこでストレスから解放されます。

 

でも現代だとストレスの元は仕事とか人間関係が多いですよね。

人間の体は昔と変わってないから、ストレスを受けたら必死に問題を解決しようと頭を働かせます。

 

「嫌われてたらどうしよう? どうすれば良い?」

「仕事行くのが嫌・・・」

ただ、どれだけ考えても解決しない=ストレスから解放されないんです。

解決しない→考える→やっぱり解決しない→考える→それでも解決しない・・・

どうしよう不安、怖い・・・

 

あなたが夜考え事がバーっと思い浮かんできて不安になって眠れないときはこういうことが起きてるんです。

 

病気

夜不安になって眠れない大きな原因はストレスですが、もっと強い不安を感じるようになってしまう病気もあります。

いくつか紹介するので、もし心当たりがあるものがあれば、ぜひメンタルクリニックに行ってみてください。

メンタルクリニックといっても今は普通のサラリーマンとか主婦とか学生さんがちょっと精神的に疲れてしまった時にも通ってますから、心配しなくても大丈夫ですよ。

 

うつ病

寝る前に不安になって考え事を色々することがあるのはもちろんですが他にも

  • こんなに辛いなら死にたい、死んで楽になりたいと思う
  • 体に重りがついているみたいに重くて、トイレにいくのも苦労する
  • 趣味もやる気がしない

などの症状があります。

こんなことが会社のことを考えた時とか、職場や学校にいるときとかにだけ起こるなら「適応障害」という病気の可能性も。

 

全般性不安障害

名前のとおりで会社や学校、体の健康、お金のこと、将来のことなどとにかくいろいろなことが不安で仕方がなくなります。

不安を感じるのは普通のことですけど、

  • これが半年以上続いている
  • 1日中そのことを考えている
  • 不安を感じていない日の方が少ない

とか、

  • 体がだるい
  • めまいがする
  • 頭痛や肩こりが強い

とか他の症状も一緒に出ていると診断されることがあります。

 

不眠、睡眠不足

にわとりが先か、卵が先かという話にはなりますが、 眠れないのがよけいに不安になって眠れない原因に なります。

 

一度眠れないのがクセになると、

  • 今日もまた考え事で眠れないかも
  • 明日は大事な日なのにまた眠れなかったらどうしよう

とかが頭に浮かんできます。そんな経験ありませんか?

 

不安で眠れなくなる→今日も眠れないかもと不安になる→よけいに眠れなくなると悪循環が起きてしまうんです。

 

 

夜眠れない 人生、仕事・・・いろいろ考えて不安になるときの対処法

478呼吸法

まずは今すぐにでもできる478呼吸法をやってみましょう。

やり方は簡単。

 

4秒かけて息を吸う

7秒間、息を止める

8秒かけて息を吐く

 

これを3セット、寝る前に布団のなかでやるだけです。

これだけでスーッとリラックスして寝つきが良くなります。

ぜひ今日からやってみてください。

 

 リラックスできる理由は、考え事を強制的に止められるから なんです。

呼吸に意識を向ければ、ぐるぐるぐるぐる嫌なことを考えなくて済むんです。

嫌なことを考えないから不安にならない、怖い思いも感じない、神経が落ち着きます。

 

ストレス解消

478呼吸法でダメならやっぱりストレス解消をしっかりやりましょう。

夜いろいろと考えて不安になってしまうのはストレスが大きな原因です。

研究で効果が証明されているストレス解消方法は次のとおりです。

 

  • 感情的に涙を流す
  • 体を動かす
  • 好きな本を読んだり、好きな音楽を聞く など

詳しくはこちらもあわせて見てみてください。

ストレスで眠れないときの6つの解消法

 

【即効】不安で眠れないときに効く薬を使う

実は夜不安で眠れない時に、即効で不安を抑えて寝つきを良くしてくれる薬があります。

抗不安薬と言われていて、精神科やメンタルクリニック、内科などでも処方してもらえます。

 

飲んだら1~2時間くらいでスッと気持ちが落ち着いてきて、リラックスして眠れるようになりますが薬なので副作用もあります。

抗不安薬の副作用は、飲んでから寝るまでの記憶がなくなる、朝に体がだるい、眠気が残る、足元がふらつくなどです。

1ヶ月以上の長期間飲み続けると依存してしまう危険性もあります。

 

薬の力が強くて、効いてる時間が短いほど依存しやすいです。

もし薬を使うなら量は少なめで、長く効く薬を使いましょう。

(例)ソラナックス、ワイパックス、レキソタンなど

※デパスという薬がよく処方されますが、依存性が高いので注意してください。

 

睡眠サプリを使う

「薬は怖い・・・」

やっぱり薬を使うのって副作用も依存性も怖いですよね。

病院に行くのも不安だし、人にも知られたくない・・・こんなときは睡眠サプリが良いです。

 

 薬じゃないから副作用も依存性もないし、通販で買えて家族が受け取っても大丈夫なように送ってくれます。 

 

妻も考え事が多くて、寝る時になっても頭のなかが心配事でいっぱいで眠れない毎日でした。

グッドナイト27000という睡眠サプリを使ったら、初日から実感できて2週間もする頃には布団に入ったらスッと眠れるようになりました。

 悩み事がぐるぐる回らなくなったせいか疲れもよくとれて、毎日朝からすっきり一日をスタートできるように。 

よく眠れるとこんなに毎日楽なんだって感動しています。

グッドナイト27000について詳しくはこちら

 

 

まとめ

  • 疲れてるのに考え事ばかりしてしまって眠れない
  • 次の日のこと、仕事のことを考えると不安で眠れない

不安で眠れない大きな原因はストレスと気持ちが不安定になる病気です。

 

こんな不眠の悩みを解決するには、

  • 478呼吸法で無理にでも思考停止
  • 涙を流したり、好きな本を読む・好きな音楽を聞いてストレス解消
  • 不安を抑えてリラックスする薬を使う
  • 睡眠サプリを使う

と良いでしょう。

 

まずは今からでもできる478呼吸法を寝る前に布団のなかでやってみてください。

それでもダメなら睡眠サプリを使うのがおすすめです。

 

薬みたいに副作用もないし、毎日飲むだけで良いからお手軽です。

通販で買えるから恥ずかしい思いもないし、家族が受け取ってもわからないように梱包してくれますよ。

妻もよく考え事で頭がいっぱいになって眠れないことが多かったですが、

 グッドナイト27000という睡眠サプリを使ったら、初日から実感できて2週間もする頃には布団に入ったらスッと眠れるようになりました。 

 

あなたも嫌なこと、考え続けても仕方ないこと、心配事を寝る前に考えてしまう毎日から解放されましょう!

グッドナイト27000について詳しくはこちら