統合失調症の治療薬と不眠

前に不眠を引き起こす原因のひとつとして統合失調症という病気を紹介いたしました。

統合失調症が起こす不眠の対策法

 

統合失調症で起きる不眠は、統合失調症の治療を行うことが一番の対策です。

そのためには生活習慣の改善なども重要ですが、薬による治療が一番大切です。

こちらの記事では統合失調症の治療に使われる薬にはどういったものがあるか、統合失調症の薬が睡眠とどう関係しているのか、それぞれの薬の特徴や副作用について紹介していきます。

統合失調症の薬「抗精神病薬」ってどういうもの?

統合失調症の主な治療薬として使われる薬は抗精神病薬(メジャートランキライザー)と言います。

精神の高ぶりを抑える力がとても強く、やる気や覚醒状態を維持したり、精神を興奮させる作用を持っているドーパミンというホルモンの働きを弱める効果を持っています。

 

抗精神病薬は統合失調症以外にもいろいろな精神病や強い精神の高ぶりがある人に使われます。

あまり強くない精神の高ぶりや日々のストレスをやわらげるときは抗不安薬という不安を抑える作用がある薬が使われますが、抗不安薬はマイナートランキライザーとも呼ばれています。

抗不安薬よりも抗精神病薬の方ががつんと興奮を抑えつける力が強いです。

 

 

抗精神病薬は不眠に効く? 睡眠に与える影響

ほとんどの抗精神病薬は副作用として眠気を持っています。

その理由は抗精神病薬の主な作用が覚醒状態を維持するドーパミンの働きを弱めることだからです。

 

統合失調症の陽性症状といわれている妄想や幻覚、幻聴といった症状はドーパミンの働きが過剰なために起こると考えられていて、統合失調症の薬はドーパミンの働きを抑える作用を持っています。

そのため統合失調症の薬は不眠を改善する効果もあるのです。

 

抗精神病薬のなかにはドーパミン以外にも、集中力を高めたり覚醒状態を維持したり、不安やいらいらを起こしたりするノルアドレナリンというホルモンやリラックス作用のセロトニン、覚醒状態を維持するホルモンヒスタミンなどに作用するものもあります。

 

 

抗精神病薬の種類どんなものがある?

抗精神病薬には古いタイプの定型抗精神病薬と新しいタイプの非定型抗精神病薬の2種類があります。

違いは副作用の多さで、新しいタイプの非定型抗精神病薬の方が副作用が少ないです。

 

また、古い抗精神病薬は陽性症状にはとても効果的ですが、陰性症状にあまり効果的ではありません。

新しい抗精神病薬はこの点も改良されていて、陽性症状にも陰性症状にも有効です。

 

その理由は、古い抗精神病薬はただドーパミンの作用を強力に抑えつけてしまうため、そのことで起きる副作用が多かったのに対して、新しい抗精神病薬ではドーパミンの作用を抑えすぎないようにする作用があるからです。

 

新しい抗精神病薬は、セロトニンの働く場所のひとつ5-HT2Aという部位の働きを弱めます。

ここを弱めると一部のドーパミンの働きを高めたり、そわそわ感や不安感を減らして睡眠の質を高める作用があります。

 

ドーパミンを抑えすぎずにセロトニンにも作用することで、新しい抗精神病薬は統合失調症の陽性症状と陰性症状の両方に効きつつ、副作用も減らしているのです。

 

だからといって古い定型抗精神病薬がまったくダメなわけではなくて、新しい抗精神病薬では陽性症状を抑えるパワーが足りないときにはやはり古いタイプのものが使われます。

 

 

それぞれの抗精神病薬の特徴

ここで主な抗精神病薬を特徴別に紹介いたします。

抗精神病薬の種類は多いので、特徴に合わせて自分にあったものを使う必要があります。

薬の名前(有効成分名)といった形で紹介します。

 

古い抗精神病薬

コントミン、ウインタミン(クロルプロマジン)

初めて世界で用いられた最初の抗精神病薬です。

ドーパミンの作用を抑える効果が高く、さらにノルアドレナリンやアドレナリン、ヒスタミンの作用を強力に抑えます。

 

そのため興奮やそわそわ感、不安を抑える効果も強く、眠気もかなりあります。

作用時間は約12時間なので、寝る前に飲んでも翌朝に眠気やだるさが残ってしまいがちです。

 

レボトミン、ヒルナミン(レボメプロマジン)

コントミンと同じタイプの抗精神病薬です。

統合失調症の陽性症状によく効き、幻覚、幻聴、妄想、混乱、興奮などをかなり強力に抑えます。

 

あまりにも強力なため翌日も眠気やだるさが治まらなかったりふらふらになってしまうこともあります。

作用時間は約15~30時間とかなり幅があり、陽性症状が重い方以外が使うと日常生活に支障をきたしてしまう可能性があります。

 

セレネース(ハロペリドール)

コントミンやレボトミンと比べてアドレナリンやノルアドレナリンを抑える作用は少なく、その分眠気の副作用も弱くなります。

興奮や混乱よりも妄想、幻覚、幻聴に効果的です。

錠剤の他に、注射薬があり、妄想や幻覚の症状が激しい方には即効で効果を発揮することができます。

 

 

新しい抗精神病薬

リスパダール(リスペリドン)

ドーパミンだけでなくセロトニンにも働きかけます。

いらいら、落ち着かない、妄想、幻覚、幻聴を抑えつつ、何事にも興味が持てなくなる、感情が鈍くなるなどの陰性症状にも効果的です。

 

セロクエル(クエチアピン)

ドーパミンに加えて、アドレナリン、ノルアドレナリン、ヒスタミン、セロトニンなど非常に様々なホルモンに働きかけます。

ドーパミンに作用する力が適度なために、抗精神病薬にありがちな副作用は古い薬と比べて少ないです。

 

さ陰性症状にも非常に有効で、セロトニンにも働きかけるほかにもセロクエルが体の中で分解されて代謝される過程で生まれるノルクエチアピンという物質がノルアドレナリンを活性化させて集中力ややる気をアップさせてくれるからです。

 

眠気の強い薬でもあり、統合失調症の方の不眠にかなり有効です。

作用時間も約7時間と寝る前に服用するとちょうど良い感じです。

 

ジプレキサ(オランザピン)

ジプレキサもセロクエルと同じく脳内の様々な部位に働いて陽性症状と陰性症状の両方に効果的です。

セロクエルのように強い眠気も起こすので、統合失調症で起きる不眠に効果的です。

ただし、作用時間が約29時間ということで非常に長いため注意が必要です。

 

最近ジェネリックが発売されましたが、この薬は非常に価格が高いのが難点です。

オリジナルの場合は、5mgで258.3円もします。

1日1回でも1ヶ月でこれだけで7,749円+薬局での調剤料その他もかかってしまうことになります(健康保険適用でも2,583円)。

 

エビリファイ(アリピプラゾール)

2006年に発売された新しめの抗精神病薬です。

他の新しい抗精神病薬と違って、ドーパミンをただ抑えるのではなく、ドーパミンの放出量をコントロールする作用があります。

ドーパミンの量が過剰なときには抑えて、不足しているときはそれを補う効果があるのです。

 

ドーパミンをコントロールする働きがあるので、うつ病や躁うつ病(双極性障害)という病気の治療にも使われることがあります。

 

 

抗精神病薬の副作用について

抗精神病薬の副作用には共通して起きやすいものがあります。

それはドーパミンの作用をブロックすることで起きる錐体外路症状と呼ばれる副作用です。

具体的には、以下のようなものがあります。

 

急性・遅発性ジストニア

顔の一部やあごなど体の一部がこわばって動かしにくくなります。

 

パーキンソン症状

手足がふるえたり、体が固くなって歩きづらくなります。

 

アカシジア、むずむず脚症候群>

下半身がむずむずして座っていられなくなったり、足を無性に動かしたくなります。

 

高プロラクチン血症

生理が止まってしまったり、妊娠していないのに母乳が出るようになってしまったり、勃起不全になるなど性に関わる機能にトラブルが起きます。

 

こういった錐体外路症状はドーパミンをただ強力に抑える古いタイプの薬に多く、それと比べると新しい非定型抗精神病薬には少なめです。

 

錐体外路症状が出てしまった場合でも別途副作用止めの薬を使えば、抗精神病薬を使い続けることができます。

抗精神病薬の副作用止めには、アキネトン・タスモリン、アーテンという薬があります。

 

そのほかに多い副作用は貧血や眠気、食欲の増加、目のかすみ、口の渇き、便秘などです。

特にセロクエルとジプレキサは体重増加の副作用が多いので注意が必要です。

 

その理由はヒスタミンをブロックすると食欲が増えてしまうのですが、この2つの薬はその効果がとても強いうえに、体内でのエネルギー代謝を抑制してしまう効果まであるのです。

新しい抗精神病薬のなかでは、比較的エビリファイには体重増加の副作用が起きることが少ないです。

 

 

まとめ

統合失調症の薬は、主にドーパミンの過剰な働きを抑えることで陽性症状を治療します。

古いタイプの定型抗精神病薬は、ドーパミンを強力に抑えるため陽性症状には効果的ですが、陰性症状には効果がほとんどありませんでした。

妄想、興奮、幻覚、幻聴などを抑える効果は強いので医療の現場ではまだ使われることがあります。

 

新しいタイプの非定型抗精神病薬は、ドーパミンだけでなくセロトニンにも働きかけることで抗精神病薬に特徴的な錐体外路症状といわれる副作用が少なくなっており、陰性症状にも効果的です。

定型抗精神病薬と比べると陽性症状を抑えるパワーはやや少なめで、体重増加の副作用が多めです。

 

古い薬も新しい薬も共通して覚醒作用のあるドーパミンやアドレナリン、ノルアドレナリン、ヒスタミンなどの作用を抑えるため眠気を引き起こします。

セロトニンの一部の部位をブロックすることで睡眠の質を高めることができるので、より不眠への効果があるのは新しいタイプの非定型抗精神病薬です。

 

陽性症状でも特に興奮や混乱が激しいのか、それとも妄想、幻覚、幻聴が強いのか、陰性症状が辛いのかなど本人の方の症状に合わせて医師の助言のもと治療薬を選びましょう。