うつ病の薬と不眠

うつ病に使われる薬(抗うつ薬)が、不眠を引き起こしたり、逆に眠気を引き起こすものの2パターンがあることをご存知でしょうか?

 

うつ病の薬は主にセロトニンノルアドレナリンという脳内ホルモンの働きを活性化させることで効果を発揮します。

脳内ホルモンの働きを活性化させることが副作用として不眠や眠気を引き起こすのです。

 

こちらの記事では、うつ病に使われる薬はどのようなものがあり、どんな作用をするか、睡眠に与える影響を詳しく書いていきます。

うつ病に使われる薬はどんなものがある? 特徴別紹介

抗うつ薬は時代の流れとともに副作用は減らして、効果は高めるという方向に進化してきています。

だからといって古い薬が使えないわけではなく、場合によっては強力な古い世代の薬が必要なときがあります。

それぞれの世代ごとの抗うつ薬の特徴について見ていきましょう。

 

一番古い三環系抗うつ薬

最も古い世代の抗うつ薬は三環系抗うつ薬と言われています。

三環系の意味は、分子の構造でベンゼン環という形を3つ持っていることです。

 

イメージ図

三環系抗うつ薬の構造

  • トフラニール
  • アナフラニール
  • トリプタノール
  • アモキサン
  • アンプリット

 

特徴

うつに対する効果が強力ですが、副作用も多いのが三環系抗うつ薬の特徴です。

具体的には、便秘、目のかすみ、口の渇き、眠気、ふらつき、動悸、性機能障害など副作用はたくさんあって、副作用が起きる確率も高いです。

 

抗うつ効果を発揮するのはセロトニンやノルアドレナリンの働きを高めるためですが、それ以外にもヒスタミンアセチルコリンアドレナリンなど様々なホルモンの働きを邪魔してしまうため副作用が起きてしまいます。

さらに処方された量を大幅に上回る大量服薬をすると、心臓に悪影響もあります。

 

第二世代の四環系抗うつ薬

四環系抗うつ薬は三環系に対して分子の構造中にベンゼン環という構造が4つある薬です。

 

  • ルジオミール
  • テトラミド

 

特徴

三環系抗うつ薬と同じような副作用がありますが、起きる確率は大幅に減って、大量服薬で心臓に悪影響がある危険な副作用も減っています。

三環系と比べると眠気の副作用がとても多いです。

どちらもセロトニンよりもノルアドレナリンに集中的に働くのが四環系抗うつ薬の特徴です。

 

 

第三世代抗うつ薬SSRI

今治療の現場でよく使われているのは、1990年代頃から世に出始めたこのSSRIという分類の薬です。

 

  • ルボックス、デプロメール
  • パキシル
  • ジェイゾロフト
  • レクサプロ

 

特徴

これまでの抗うつ薬がセロトニンとノルアドレナリンの作用を高めることでうつ病への効果を発揮していたのに対して、SSRIはセロトニンの作用を集中的に高めます

 

三環系・四環系抗うつ薬にある目のかすみ、口のかわき、便秘、眠気といった副作用を大きく減らしています。

ただし、性欲が落ちたり、吐き気が起きるといった副作用があります。

 

その他の抗うつ薬

トレドミン

サインバルタ

リフレックス、レメロン(ミルタザピン)

デジレル、レスリン(トラゾドン)

 

特徴

トレドミン、サインバルタは、SSRIがセロトニンだけに集中して作用するのに対してノルアドレナリンにも作用します。

これでは昔の三環系や四環系抗うつ薬と変わらなくなってしまいますが、セロトニンとノルアドレナリン以外の場所へ作用しにくいので副作用は減らしつつ、うつへの効果をSSRIより高めています。

 

リフレックス、レメロンはノルアドレナリンへの効果を持っていて、やる気や集中力が落ちる症状に効果的です。

ただし、副作用にものすごく強力な眠気と鮮明な悪夢などがあります。

 

デジレル、レスリンはうつへの効果が弱い代わりに睡眠の質を高めて、深い睡眠を増やして夢を抑制する効果があります。

 

 

うつ病の薬が睡眠にあたえる影響 眠気、不眠

これまでに出てきた抗うつ薬は、様々な脳内ホルモンに働きかけることで睡眠に影響を与えます。

眠気を引き起こすものが多いですが、逆に不眠をもたらす抗うつ薬もあるので、下に分類します。

 

不眠を起こすうつ病の薬:ジェイゾロフト、レクサプロなど

第三世代の抗うつ薬SSRI全般です。

SSRIは他の抗うつ薬に対して、不眠を引き起こす可能性が高いです。

 

というのもセロトニンの働きを集中的に活性化させるからです。

セロトニンはよく睡眠の質を高める良いものだと言われていますが、脳内で作用する場所によっては逆の効果になってしまうことがあるのです。

 

セロトニンには、5-HT1Aと5-HT2Aという受容体があり、そこにくっつくことで体への効果を発揮します。

1Aにくっつくと不安や寂しさをやわらげてリラックス効果やストレスをやわらげる効果をもたらします。

 

逆に2Aにくっつくとそわそわしたり、不安になったり、寂しさを感じて神経が興奮してしまうのです。

SSRIは1Aと2Aどちらにくっつくかを選ばないでセロトニンの作用を高めるので2Aにたくさんくっついた結果逆に不眠になってしまうことがあります。

 

特にジェイゾロフトという薬は少しではありますが、やる気や楽しさを与える快感のホルモンドーパミンも活性化します

ドーパミンは覚醒作用もあるので、ジェイゾロフトは不眠になる可能性がそれなりにあります。

 

睡眠作用、眠気があるうつ病の薬

三環系、四環系抗うつ薬全般

リフレックス、レメロン

デジレル、レスリン

古い世代の三環系や四環系の抗うつ薬は、ヒスタミンという覚醒物質の働きを邪魔する力が強いため、飲むと眠気を引き起こすものが多いです。

ですがヒスタミンをブロックする作用は耐性ができるのも早いので飲んでいるうちに眠気はあまり感じなくなってきます。

 

それに対してリフレックス、レメロンやデジレル、レスリンはセロトニンが5-HT2Aという場所にくっつくことを強力に防ぐ効果があり、強い眠気を引き起こします。

 

こちらはヒスタミンブロックに対して耐性がつきにくいので、長期的に服用しても眠気を起こしたり、睡眠の質を上げる効果は少なくなりません。

 

 

まとめ

うつ病の薬は、ものによっては不眠を引き起こしたり、逆に強烈な眠気を引き起こすものもあります。

抗うつ薬がセロトニンやノルアドレナリン、ヒスタミン、アセチルコリンなど様々な脳内ホルモンに働きかけるからです。

 

一般的にリラックス効果を与えたり、睡眠の質を高める効果のあるセロトニンですが、脳内で働きかける場所によってはその逆の効果を発揮してしまうこともあります。

セロトニンに集中的に働きかけるSSRIと呼ばれるルボックス、デプロメール、ジェイゾロフト、パキシル、レクサプロといった抗うつ薬は、副作用として不眠を引き起こしてしまう可能性があります。

 

それに対して、三環系や四環系といわれる古い抗うつ薬は、覚醒物質ヒスタミンの働きを邪魔するので眠気を起こすものが多いです。

ただし、この作用は耐性が作られるのが早いため飲んでいるうちに慣れてきてしまいます。

 

リフレックス、レメロンやデジレル、レスリンはセロトニンが悪影響を与える方に作用するのを防ぐことで、よりセロトニンのプラスの効果を強調して眠りの質を高めます。

そのため耐性が作られにくく飲んでいるうちに眠気が弱くなってくるということは少ないです。

 

うつ病の方で特に不眠がきつい方には、うつ病に対して効果がありながら深い睡眠を増やす効果のあるデジレル、レスリンがおすすめです。

 

リフレックス、レメロンも強力な眠気を起こしますが、作用時間が長いほか鮮明な悪夢を見やすくなってしまう副作用が報告されているので、デジレル、レスリンの方をおすすめします。