お酒を飲まないと眠れない

寝つきが悪いから毎日お酒を飲んで寝ている方、やめたいと思っていませんか?

仕事でも家でも、ストレスが多くて酒を飲んで忘れたい、「飲まなきゃやってられない」そんな気持ちでどうしてもお酒に頼ってしまうことってありますよね。

 

お酒は確かに一時的に寝つきを良くしますが、眠りの質を悪くしてしまいますので、不眠にお酒で対処するのはいけません。

いざやめたいと思ってもアルコールに依存してしまって、簡単にはやめられなくなってしまうおそれがあります。

 

毎日お酒を飲むと段々お酒に耐性がついていってどんどん飲む量も増えていき、アルコール依存症になってしまったり、病気になってしまったりします。

 

「そんなことわかってる!」

「もうお酒がないと寝付きが悪くてしょうがない・・・」

お酒をなるべく苦しまずにやめる方法は、 お酒がなくても眠れるようになるための対策をすることとお酒を飲みたい気持ちを抑えてくれる薬を使うこと です。

 

 

眠れないからお酒を飲む習慣をやめたいと思っているあなたへ、お酒が睡眠に与える影響やどうしてお酒を飲まないと眠れなくなってしまうのか、アルコール依存症の判別法やなるべく苦しまないでお酒をやめる方法について詳しく書いていきますので、ぜひご覧になってください。

お酒が睡眠に与える影響

仕事で、家庭で、いろいろなストレスを受けたり、そんなストレスが原因で寝つきが悪くなるとお酒を飲んで忘れたいときもあると思います。

 

確かにお酒に含まれるアルコールには不安や体のこりをやわらげる作用があり、寝付きを良くします。

ですが酔いが覚めてくると睡眠作用も弱くなりますし、アルコールが分解されて発生するアセトアルデヒドは、神経を刺激するので睡眠の質を悪化させます。

 

さらにアルコールはトイレが近くなるので、トイレに行きたくなって夜に目が覚めてしまうこともあります。

お酒は飲み続けていると耐性ができてどんどん飲む量が増えて、肝臓が受ける負担もどんどん大きくなっていきます。

お酒を飲んで寝ることにメリットはまったくと言って良いほどありません。

 

 

お酒を飲まないと眠れなくなってしまう理由

寝付けないからと毎日お酒を飲んで寝ていると、そのうちお酒を飲まないと眠れなくなってしまいます。

それはアルコールに依存してしまうからですが、依存してしまうとは詳しく分けると2つの意味があります。

 

身体的依存

身体的依存は、人の体が体内の様々なバランスを保とうとする働きによって起きます。

アルコールは、筋肉のこりをほぐしたり、不安をやわらげたりしてリラックスさせますが、それに対して体はバランスを保とうとして無理矢理体の神経を興奮させようとします。

 

お酒を飲む前の体のバランスに戻そうとするのです。

そうするとそれまでのお酒の量だと体の働きと相殺されてしまい、アルコールが効きにくくなってきます。

そうなると今までと同じお酒の効果を得るために、どんどんお酒の量が増えてしまいます。

 

その状態でお酒をやめるとアルコールの睡眠作用やリラックス効果はないのに、体が神経を興奮させようとするのは変わらないのでお酒がないと眠れない状態になってしまい、余計に不眠が酷くなってしまうのです。

だからお酒がやめられなくなってしまう、これが身体的依存です。

 

精神的依存

精神的依存は、「これがないと眠れない・・・」と思い込んで実際に眠れなくなってしまうことです。

脳の学習力は思っている以上に強力で、「一度お酒を飲んだら眠れる!」ということを学習すると逆にそれがないと眠れなくなってしまいます。

 

お酒を飲んで寝る習慣がついてしまうと、いざお酒をやめようとすると「お酒を飲まなくても眠れるだろうか?」、「お酒がないと不安だ」という気持ちが沸いてきて、お酒がやめられない。

これが精神的依存です。

 

 

お酒を飲まないと眠れない・・・もうアルコール依存症?

お酒を飲まないと今まで以上に寝付きが悪くなっていたり、お酒を飲まないと眠れないんじゃないかと思うようになると、もうアルコール依存症に足を踏み入れています。

 

アルコール依存症には、世界で共通の診断基準があります。

たとえば、WHO(世界保健機関)が定めている基準では以下のようなものがあります。

 

以下の6項目のうち、3項目以上が過去1年間のある時期に認められるとアルコール依存症と診断します。

①飲酒の強い願望または強迫的欲求

②飲酒の開始、終了あるいは飲酒量を制御することの困難

③飲酒の中断あるいは減少による退薬症状の出現、あるいは退薬症状を軽減、回避するための飲酒

④初期と同等の効果を得るための飲酒量の増大

⑤飲酒のために、他の楽しみや興味が薄れ、アルコールの入手や摂取や酔いざましにかける時間の増大

⑥有害な結果が明確なことを無視した飲酒の継続(過飲による肝障害、過飲期間のあとに続く抑うつ状態、アルコールに関連した認知障害などの有害な結果など)

引用元:アルコール依存症 症状、治療、原因など

 

ちょっと内容が難しいので簡単に言うと、

  • お酒が飲みたくて他のことに手がつかない
  • 一度飲みはじめたらほどほどで止められない
  • 前と同じ量だと酔えないから飲む量がどんどん増えている
  • これ以上飲んではいけないと医者に言われてるのに飲んでしまう
  • お酒を飲まないと体調が悪くなる、だから飲んでしまう

 

このなかのうち3つに当てはまったことがあればアルコール依存症ということになります。

そのほかにもアルコール依存症になると、お酒を飲むために家族に嘘をついたり、借金したり、お酒を飲むことを止めようとする人に暴力をふるうなどしてしまいます。

 

 

アルコール依存症になると、お酒がないと体調が悪くなる

依存している物質が体から抜けたあとに、またその物質が体内に入るまでに起きる様々な症状を離脱症状と言います。

アルコール依存症の場合は、アルコールが離脱症状の原因ということになります。

 

お酒を飲まないと現れる症状は不眠、悪夢、高血圧、動悸、吐き気、手の震え、筋肉がかたまる、頭痛、胃痛など本当に様々です。

さらに離脱症状が進むと、常にいらいらしている、不安に包まれている、理由もなくそわそわするなどの症状も起きます。

 

もしここまではなっていないけど、夜寝付きが悪いからお酒を飲んでいるという方は依存しきってしまう前に今すぐやめましょう。

そしてこれから紹介する適切な方法で不眠に対処しましょう。

「もうやめるのが難しくなってきた・・・」という方向けの対処法も書いていきますのでぜひご覧ください。

 

 

お酒に頼らない不眠対策はこれ! お酒を飲まずに眠れれば必要ない

お酒以外にも寝つきを良くする方法はたくさんあります。

少し時間がかかりますが確実なのは、バランスの良い食事を取って、適度に運動をして生活習慣を見直し、ストレスを減らすことです。

でも忙しくてなかなかそういった時間が取れないこともありますよね。

そんなときには毎日飲むだけで睡眠のサポートができる睡眠サプリが良いですよ。

 

食事バランスを見直す

忙しいとつい出来合いのものばかり口にしてしまいがちですが、ジャンクフードやインスタントフードを控えて、良い食べ物をとるのが不眠対策にもなるので見直してみましょう。

卵や大豆製品は安くて手軽に食べられてしかも睡眠をサポートする栄養素がたっぷり含まれています。

食事を見直せば不眠も治る こんな食事に気をつけよう

 

軽く運動をする

運動も社会人になると時間が取れないし、疲れているしでなかなかできなくなってくるものだと思います。

ですが、軽く家のまわりを散歩したり、寝る前にストレッチするだけでもまったく運動しないのと比べたら全然違います。

不眠にもしっかり効果があるのでここからぜひやってみてください。

不眠に効く運動はこの程度で十分! 忙しい方にもおすすめの適度な運動

 

ストレスを科学的に効果がある方法で解消する

また、お酒以外でストレスが解消できれば、自然とお酒の量も減ってくると思います。

ストレスからお酒を・・・となった方ならなおさらです。

ストレス自体が不眠の原因にもなるので、正しいストレス解消法を知れば一石二鳥です。

ストレスを解消して不眠を解消 6つの方法+α

 

睡眠サプリを使う

 睡眠サプリは忙しくても毎日飲むだけで良いのでお手軽だし、副作用もありません。 

 

寝つきが悪かった妻がグッドナイト27000というのを使ったら初日から実感できて2週間もたつころには、布団に入ったら自然に眠れて朝からすっきりスタートできるようになりました。

 

グッドナイト27000は国に認められた機能性表示食品で、楽天デイリーランキングで1位をとるくらい評判も良いからおすすめですよ。

妻がグッドナイト27000を使ったら2週間でスッキリ眠れた体験談

 

 

ここまでの対策をやってみても「やっぱりお酒がないと眠れない・・・」という場合は、お酒を飲むよりも睡眠薬を使うのをおすすめします。

 

「睡眠薬の方が依存したり、副作用が危ないんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、実は違います。

最近使われている多くの睡眠薬の依存性は、アルコールと同じぐらいかむしろアルコールより低いとまで言われています。

 

睡眠薬の副作用には、翌日に眠気やだるさを持ち越したり、朝起きたときに一時的に足元がふらつくなどがあります。

ですが、お酒にも同じ副作用はありますよね。

 

睡眠薬は、お酒を飲んだときみたいに暴れたり、吐いたり、気が大きくなるということは基本的にありません。

アルコールを飲み続けると胃炎、膵炎、肝硬変、心筋症などの様々な合併症を引き起こしてしまうことはありますが、睡眠薬にはありません。

 

ですが睡眠薬にも副作用や依存性がないわけではないので、使う場合は1ヶ月以内の短期間にしましょう。

睡眠薬はドラッグストアで買うこともできますし、病院では精神科や心療内科、メンタルクリニックとかの診療科で処方してもらうことができます。

 

 

なるべく苦しまずにアルコール依存から抜け出す方法

自分でやめたい、なんとかしたいという意思があるならまずはアルコール依存症の治療を行っている病院に行きましょう。

自分がアルコール依存症であることを認めて、やめる決意をして専門の医療機関にかかることが治療の第一歩です。

 

いきなり辛いことを言ってしまいますが、アルコール依存症から抜け出すにはとにかくお酒を断つしかありません。

ですが先ほど書いたような離脱症状や精神的依存があまりにも辛いので、多くの人が挫折してしまいます。どのようにその症状に対処していくかがポイントです。

 

離脱症状に対処する

不眠、悪夢、不安、いらいらなどの様々な離脱症状には抗不安薬(不安をやわらげる薬)や睡眠薬を使って対処されることがあります。

 

お酒を抜いた離脱症状があまりにも辛くてお酒を飲んでしまいそうなのであれば、医師に話して抗不安薬や睡眠薬を処方してもらいましょう。先ほども書いたとおり使うのは1ヶ月以内の短期間だけにします。

 

精神的依存に対処する

お酒がなくても大丈夫! これを脳に刷り込む

精神的依存から抜け出すためには、「お酒がなくても眠れるんだ」ということを体と脳に刷り込ませなければいけません。

食事、運動、生活習慣を正すことなどを通じて不眠治療を並行して行いましょう。

睡眠が少しでも改善されれば「お酒がなくてもなんとかなるかも」と脳が覚えてくれます。

 

お酒を飲むシーンを避ける

自分が強い意志を持ってお酒をやめようとしても、同僚との飲み、会社の飲み会などお酒を飲まざるを得ないような場に行ってしまえば、今までの努力が無駄になってしまいます。

 

飲み会を断るのは勇気がいりますが、ドクターストップがかかっていてアルコール断ちしていることを周りに言って断固拒否してください。

アルコールからあなたを守れるのはあなただけです。

飲み会に行ってアルコール依存症に逆戻りして体を壊しても、周りの人は責任を取ってくれません。

 

 

お酒に弱くなる薬を使う:シアナマイド、ジスルフィラム

シアナマイドとジスルフィラムはどちらも体をアルコールに弱くする薬です。

 

この薬を飲むとほんの少しのお酒を飲んだだけでも悪酔いしたときみたいに頭痛、吐き気、めまい、動悸などのを起こします。

お酒を飲んでもすぐに嫌な気持ちになるので、何度もくりかえすと脳が自動的にお酒を嫌がるようになります。

ただ、「お酒を飲みたい」という気持ちを抑えてくれるわけではないですし、いつもの勢いでお酒を飲んでしまうと酷い悪酔いをして危険なので注意が必要です。

 

副作用は、だるい、吐き気、頭痛などがありますが、飲んでいるうちに慣れて軽くなることが多いようです。

 

「お酒が飲みたい!」という気持ちを抑えてくれる薬を使う:レグテクト

レグテクトは、脳の欲求をコントロールする部分に作用して「お酒が飲みたい!」という気持ちそのものを抑えてくれます。

副作用は下痢や吐き気などがありますが、軽い場合が多いようです。

 

どの薬もメンタルクリニックや精神科、心療内科、もしくはアルコール依存症の治療をやっている病院で処方してもらうことができます。

 

自分ひとりで戦わない! アルコール依存と戦っている人は他にもいる

自分ひとりだけでアルコール依存症に立ち向かうのではなく、アルコール依存症から抜け出した先輩たちや同じくアルコール依存症を抜け出そうと頑張っている人たちと交流することも大切な治療法のひとつです。

 

彼らはお酒でいかに自分の人生がひどい目にあったか、お酒を飲みたくなったときにどうやって耐えたかあなたのためになる情報をたくさん教えてくれます。

 

アルコール依存症患者・元患者の集まりはAA(アルコホリックス・アノニマス)と言われています。

インターネットで検索すれば近くのAAが見つかると思います。

気恥ずかしいかもしれませんが、同じ気持ちを持ってアルコールを断とうとしている人たちの集まりなのできっと力になりますからぜひ声をかけてみてください。

 

 

まとめ

お酒は確かに寝付きを良くする効果があります。

ただしそれは一時的なもので酔いが覚めれば目が覚めやすくなってしまううえに、睡眠の質も下げてしまいます。

お酒をたくさん飲み続けていると、身体的にも精神的にも依存し、最終的にはお酒がないと眠れないどころか生活できないアルコール依存症になります。

 

アルコール依存症になればお酒をやめることはかなり難しくなり、お酒の飲みすぎて胃腸や肝臓なども壊してしまいます。

不眠に対してはお酒以外の方法で対処しましょう。

遠いようで確実な近道は、食事バランスの見直し、適度な運動、生活習慣を正すことです。

 

アルコール依存症になりそう、なってしまった方は、まず専門の医療機関に向かってください。

そこで治療の意思を確固たるものとしてお酒を断ってください。

断酒をサポートする薬もあるのでそれを使うのも良いですし、離脱症状でお酒に戻ってしまいそうなときは医師から処方される抗不安薬や睡眠薬を使ってなんとかしのぎましょう。

 

精神的な依存から抜け出すためには、上に書いたお酒以外の方法で不眠症対策をして体と脳に「お酒がなくても眠れる」経験を覚えさせます。

すでにアルコール依存症から回復した先輩やいっしょにアルコール依存症を治療しようとしている人と励ますあうのも効果的です。