不眠にアルコールは悪影響

なかなか寝付けないときにお酒を飲んで寝ていませんか? お酒を飲むと眠くなるからてっとり早いと思うかもしれませんが、アルコールは睡眠に悪影響を与えます。

 

お酒を飲んで眠ることが習慣化すると、お酒なしでは眠りにくくなったり、飲むお酒の量がどんどん増えるなどの弊害もあります。お酒が睡眠に与える影響やお酒を飲む以外の寝付けない対策法をこちらで紹介していきます。

お酒が不眠に悪影響の理由

寝付きは良くなっても、熟睡を邪魔される。

アルコールを摂取すると人は酔っぱらい、覚醒レベルが落ちてきます。酔っ払うのはアルコールが人の鎮静系のシステムに働きかけるからです。

 

そのためお酒を飲むことで眠くなって寝付きが良くなるのは確かです。しかし、アルコールは体のなかで分解されていく過程でアセトアルデヒドという物質になり、それが神経を刺激して体を興奮させてしまいます。

 

さらにアルコールが分解されることで酔いが覚めてきて、落ちていた覚醒レベルがだんだんと上がっていきます。さらにはアセトアルデヒドの効果で神経が刺激され、夜中に目が覚めたり熟睡できなくなってしまいます。その結果次の日に眠気やだるさを感じてしまいます。

 

寝酒をしたらトイレに行きたくなったことはありませんか?

人は寝ている間、起きているときよりも尿が作られる量を少なくするホルモンの働きがあるためトイレで起きることが少ないのですが、アルコールはこの働きも妨げてしまい寝ている間に尿意を催してしまいます。その結果夜中にトイレで何度も起きたり、一度起きてそのあとまた眠れなくなったりしてしまいます。

 

段々と酔いにくくなるので飲む量が増え、お酒なしで眠りにくくなる。

普段からお酒をよく飲んでいる人とお酒を普段あまり飲まない人では酔いやすさが違います。普段からお酒をよく飲んでいる方がお酒に強いのです。

 

そのため寝付けないからといって寝るときに毎度お酒を飲んでいると、段々酔いにくくなるのでどんどん飲むお酒の量が増えてしまいます。さらに、お酒には依存性もありますのでお酒なしでは余計に眠りにくくなってしまいます。

 

でもお酒を飲まなきゃ眠れないよ! 代わりの対策法

お酒が不眠に悪いとはいえ、お酒がないと眠れないよ・・・という方もいらっしゃると思います。お酒がなくても眠りにつきやすくなる、すぐできる方法を紹介します。

 

ストレスをやわらげる。

不眠の原因で多いのは精神的ストレスですよね。職場、学校、友人、家族関係など特に人間関係のストレスが多いと思います。

 

ストレスをやわらげる簡単な方法は、感動したり、感情的になったりして涙を流すことです。このようにして涙を流すことはストレスをやわらげることが科学的に証明されています。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

→ストレスが原因の不眠に対処しよう! すぐできる対策法(近日公開予定です)

 

日中にしっかり太陽の光を浴びる。

太陽の光を浴びると、体のなかでセロトニンという睡眠の質を高めるホルモンが作られます。さらに、太陽光は睡眠リズムをリセットして夜になると自然に眠くなる体内リズムを作り出しますので、寝付きが良くなります。

 

仕事が休みの日など外が晴れていればぜひ散歩などで外に出ましょう。軽く体を動かすのも適度に疲労するので寝付きが良くなります。

太陽の光を浴びれば眠れる? 光と睡眠の関係

 

 

不眠に効くツボを押す。

不眠に効くツボがあります。ツボを押すことで自律神経を刺激して、ストレスをやわらげたり、体のこりをほぐすことができます。

 

おすすめは、顔の中心線と耳から上に沿った線が交わる頭のてっぺん、かかとの中央、手のひらの中心の3箇所です。他にも不眠に効くツボをこちらの記事で紹介していますので良かったらご覧ください。

不眠に効く即効性抜群の5つのツボ

 

最後に、寝る前に酒を飲むくらいなら、睡眠薬を飲んだ方が安全

睡眠薬を飲むのは重度の不眠症を抱えている人だけで、普通の人が飲むのは危ないと思っていないでしょうか? 眠れないからといってお酒を飲むよりも、一時的に睡眠薬を飲んで寝る方が体には良いです。

 

寝酒をしていると段々とお酒が飲む量が増えていきますし、その過程でアルコール依存症になってしまうおそれもあります。睡眠薬にも耐性が作られる、依存性のリスクもありますがアルコールのように酔いが覚めて眠りが浅くなったり、分解された物質が神経を刺激することはありません。

 

さらに、睡眠薬と比べてアルコールは、脂肪肝や逆流性食道炎、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、痛風のような恐ろしい他の病気を引き起こす原因となってしまいます。

 

睡眠薬は心療内科、精神科、または内科でも処方してもらえるところがあります。どうしても睡眠薬に抵抗がある方はまずは市販のものから使ってみてはいかがでしょうか?

 

または、不眠に効く漢方やサプリメントなどもドラッグストアで販売されているので、そちらを利用されるのも良いでしょう。

 

 

まとめ

このように、眠れないからといって寝酒をすることは睡眠の質を下げるうえに、体に他の悪影響まで与えてしまうことがご理解いただけたと思います。

 

でもお酒がないと寝付きにくい・・・という方はストレスをやわらげる方法を試したり、太陽の光をしっかり浴びたり、即効性のある不眠に効くツボを押してみてください。

 

それでもどうしても眠れないときは、一時的に市販や病院でもらった睡眠薬を使っていただく方がよほど体に良いのです。

 

ただし、睡眠薬の使用も1~2週間などの短期間にとどめ、それを超えても不眠症が続くようであれば、病気の可能性を疑って病院で専門的な助言を受けた方が良いでしょう。