アダルトチルドレンと不眠の関係

アダルトチルドレン(AC)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

子どものような大人のことではなくて、むしろその逆、子どものときに子どもらしくいることができなかった人々のことです。

 

そんなアダルトチルドレンの方々は、 理由が分からないけれど、いつも心に寂しさや不安を持っていて、友達や恋人といつもいっしょにいても満たされない、自分の好きなことが分からない、なんだか息苦しいという生きづらさを持っています。 

 

そんな寂しさや不安が原因で、うつのようにやる気がなくなったり、体が重くなったり、不眠になってしまうといった症状も起きます。

アダルトチルドレンの原因は、小さいころから心に受けてきた傷が関係しています。

 

アダルトチルドレンとはなにか、眠れなくなってしまうこととの関わり、いつも寂しい、不安な気持ちをどうにかする方法についてこちらで詳しく見ていきましょう。

アダルトチルドレンってなに? まとわりつく孤独感、不安定な感じの原因

アダルトチルドレン(AC)は愛情がなかったり、少ない家庭で育ってきたため、自分の存在に自信がなかったり、自分自身が分からないまま大人になってしまった人たちのことです。

 

たとえば、こんな家庭で育った人はアダルトチルドレンになりやすいと言われています。

  • 親が日常的に子どもに暴力をふるったり、暴言を浴びせる。
  • 親がアルコール依存症やギャンブル依存症で生活に問題があった。
  • 親(どちらか片方だけでも)が子どもに対してまったく無関心、もしくは逆に過保護でやることなすこと口を挟んできた。

こういった家庭で育った方は、親から日常生活で与えられた心のダメージや親の愛情不足によって大人になってからも生きづらさを感じているのです。

 

そんなアダルトチルドレンの方は、次のような特徴を複数持っています。

  • 自分の意見を言うのが怖い。
  • 自分が好きなこと、したいことが分からない。
  • 自分は生きていてはいけない、自分はいつも必死で努力していなければ生きる価値がないと思っている。
  • なにかあったときは、いつも自分が悪いと思う。
  • 完璧主義(今日は寝坊したから、もう今日は1日全部おしまいだ、など)。
  • 友達や恋人を必要以上にお世話をしたり、面倒を見ようとする。自分はどんなに辛い思いをしても相手に嫌われたくない。
  • いつも友達や恋人といても、孤独や寂しさを感じる。
  • 自分のことを嫌いなんじゃないかと友達や恋人にわざといじわるや嫌がらせをしてみて、自分のもとから離れないかを確認する(「試し行為」)。

 

親から無条件の愛情を受けて育ってきていないので、アダルトチルドレンの方々は自分に価値がない、相手にとってなにか有益なことをしなければ相手に嫌われてしまうといった考えを持ってしまいます。

 

アダルトチルドレンの方々は、小さいころから素直な子、まじめな子、責任感が強い、優等生など周りの人に評価されることが少なくありませんが、それは自分を抑えて周りの人の顔を伺って生きてきたからなのです。

 

 

アダルトチルドレンと不眠の関係 消えない寂しさや孤独感が神経を興奮させる

ここでタイトルに戻りますが、アダルトチルドレンの方は不眠の症状を持つ方が多いです。

なぜならアダルトチルドレンの方々は日常生活で常にストレスを感じ、不安につつまれているからです。

 

あなたは悪くないのに自分を責めてしまったり、他の人のために本当は自分がやりたくないことも進んでやってしまいます。

自分の行動や発言が他の人を不快にさせてないか? 私は嫌われてないか? といつも気を使っています。

 

そういった行動や気の張りでいつも神経は興奮して、心が疲れているので夜になっても眠れない、気持ちはいつも晴れない・・・といったことになってしまうのです。

 

 

眠れない時の対策 寂しさや孤独感、不安から解放される方法

それではアダルトチルドレンが原因の不眠はどのように対処をすれば良いのでしょうか。

アダルトチルドレンは考え方のゆがみが生きづらさを作っているので、基本は自分の持っている考え方のゆがみに気づく→修正するのが一番です。

 

できれば専門のカウンセラーのもとで考え方のゆがみを修正していくべきですが、自分で修正する方法も紹介していきます。

 

1.親元を離れる

もしあなたが親と同居しているのであれば、まずは引っ越しをしてください。

親からの電話やメッセージを着信拒否します。

アダルトチルドレンの生きづらさは、小さいころから親から浴びせ続けられた毒のようなものです。

 

まずは毒を出す親から離れなければ毒を抜くことはできません。

「そんなことできない・・・」

と思いましたか? とても難しいことだと思います。

まだ学生であったり、親がかわいそう、親の面倒を見る義務がある、など色々思うところがあったりすると思います。

 

ですが、あなたが楽に生きることができるようになるためにはどうしても必要なんです。

親を優先しなくても良いんです、あなたの人生はあなたのためにあるんです。

もしあなたが学生なら、本当に辛いと思いますが、なんとかアルバイトできる年齢まで待って親から離れられるだけの資お金をなんとか集めるか、相談できる場所に頼りましょう。

 

2.あなたは悪くなかったことに気づいて、それを認める

まずは、自分がアダルトチルドレンかなと思ったらこれから書くような考え方をしていないかチェックしてみてください。

 

小さいころ親に暴力をふるわれたり、暴言を言われたのを自分が悪いから、と思っていませんか?

  • 食べ物の好き嫌いをした。
  • テストで100点を取れなかった。
  • 家事を完璧にやらなかった。
  • 風邪を引いてしまい、親に面倒をかけた。

こういったことで暴力や暴言が出る家庭は普通じゃないんです。

ドラマや映画、アニメで他の家族の生活を見たことがあれば、こういった家庭が普通じゃないのかも、と思うきっかけになったと思います。

 

自分の家が普通じゃない、おかしかったと認めるのって苦しいとは思いますが、少しずつでも認めてみましょう。

あなたのせいだと思っていたことは全部あなたのせいではありませんし、あなたは悪いことなどしていなかったのです。

 

3.自分を責めるくせに気づく。

アダルトチルドレンの方はことあるごとに自分を責めてしまいがちです。

その理由は、自分への肯定感がとても低いからです。

自分に価値がないと思っているから、悪いことが起きたら自分の責任だと思ってしまいます。

 

いきなり自分を責めることをやめるのは難しいです。

小さいころから習慣になっているからというのもありますし、自分を責めることで一種の安心感を感じていたりするからです(「自分を責めるのは苦しいけど、責めないと不安になってしまう、私は悪いはずなのに・・・!」)。

 

自分で自分を責めていることに気づいたときには、声に出して「あ、今自分を責めた」と言いましょう。

いったんそこで自分を延々と責めるループの思考が停止します。

これを繰り返すと段々となんでもかんでも自分を責めるくせが治まってきます。

 

4.自分の感情を表現する

自分の親が他の家庭と違うこと、自分は悪くなかったことに気づいたら、もしかすると色々な感情が沸き起こってくるかもしれません。

昔の後悔、悲しみや親への怒りなどです。

それを感じたときにノートに書きましょう。

 

アダルトチルドレンの方々は自分の感情を表すのが苦手という側面も持っているので、ノートに書いて表現することで発散することができます。

 

5.自分を癒す

アダルトチルドレンの方々の心のなかには、昔の傷ついた自分が大人になっても存在していて、これをインナーチャイルドといいます。

 

過去を変えることはできませんが、あなたのインナーチャイルドを癒すことで、今の自分がぐっと生きやすくなります。

 

具体的な方法は、静かな場所で目を閉じて、小さかったころの自分に今の自分が話しかけるようなイメージをします。

 

小さかったころの自分に、本当は親にどうしてほしかったのかを聞いてみてください。

もっと優しくしてほしかった、褒めてほしかった、ぎゅっとただ抱きしめてほしかった、こんな言葉が返ってくるかもしれません。

 

そのときは、自分が代わりにその子にそれをやってあげましょう。

今まで辛かったね、よく頑張ったねとその子を褒めてあげてください。

 

6.自分にポジティブなイメージを持つ

アダルトチルドレンの方は小さいころから親にネガティブな洗脳を受けています。

お前はなにをやってもダメだ、お前は迷惑ばかりかけるやつだ

などとても辛く悲しい言葉を浴びせられた人もいると思います。

 

それは大人になっても自分を無価値だと思わせる呪いのようなものです。

親から受けたネガティブイメージの刷り込みをポジティブなイメージで上書きすることで、生きる辛さが楽になります。

 

まずは寝る前に鏡にうつった自分を見て、にっこり笑って今日は一日お疲れ様と言ってみてください。

慣れてきたら今度は自分を褒めましょう。

私はいつも頑張っている、いつも頑張っている私をみんなは評価してくれている、などです。

 

最初はとても辛いと思います。

自分が昔から信じてきた「私は生きている価値がない」、「私はダメな人間だ」という価値観や生き方をひっくり返すようなことを自分自身に言い聞かせるからです。

 

辛くなってしまうときは、やめてください。

またしばらくして、気持ちが落ち着いたら再開しましょう。

 

 

+αの不眠対策でぐっすり眠れるように 簡単にスッと寝付く方法

アダルトチルドレンの方が不眠に悩むことが多いのはいつも抱えている強い不安のせいで、ここまではあなた自身の心を癒やしてアダルトチルドレンから回復する方法を紹介してきました。

 

こちらではそのほかにもできる簡単な不眠対策を紹介します。

夜ぐっすり眠れるようになって、ぼーっとしてしまう、疲れが抜けない、そんな日々から抜け出しましょう!

 

寝る1~2時間前に入浴する

人はゆっくりと深部体温が下がってくると眠くなってきます。

じっくり入浴すると深部体温がじわじわ上がって、寝るころには段々と下がってきて寝付きが良くなります。

熱いお湯につかると逆に神経が興奮してしまうので、38~39度くらいのぬるま湯につかりましょう。

 

寝る前にストレッチする

身体のこりは眠りの質を下げてしまいます。

お風呂から上がったあとに日頃こりやすい首や肩、手足をストレッチすると眠りにも良いですし、朝起きたときに疲れもよく取れますよ。

 

寝る1~2時間前から照明を弱くする、光を浴びないようにする

人は夜になって周りが暗くなるとメラトニンという眠くなるホルモンを体内で放出します。

ですが強い光を浴びるとこのメラトニンの放出が邪魔されてしまい、不眠になりやすくなってしまいます。

部屋の明かりを調節できるなら、弱くしたり、スマホやパソコンの明るさを抑えて自然な眠気を邪魔しないようにしましょう。

 

478呼吸法でリラックスする

寝る前にベッドの上でできる即効不眠対策のひとつに、478呼吸法というものがあります。
4秒息を吸って、7秒息を止めて、8秒息を吐く、ただこれだけです。

 

これを3セットもやるとリラックスして眠りにつきやすくなります。

寝る前に考えごとをしてしまう、不安な気持ちでいっぱいなら特に効果的です。

寝付きが悪いなら今すぐやろう即効478呼吸法

 

睡眠サプリを使う

サプリメントといえばビタミンとかを思い浮かべるかもしれませんが、実は質の良い睡眠をサポートしてくれる睡眠サプリというものもあります。

 

普通のサプリと比べると値段が少し高いですが、じっくりと眠れない体質に働きかけてくれます。

しかも睡眠薬のような副作用や依存性もありません。

 

不眠で悩んでいる私の妻も実際に睡眠サプリを使って快適な休日を送れるようになりました。

実際に使ったものもふくめておすすめの睡眠サプリを別の記事で紹介しているので、良かったらご覧ください。

あなたにぴったりあうおすすめ睡眠サプリはこれ!

 

 

まとめ

アダルトチルドレンは、小さいころ親から受けた心の傷が原因で大人になっても生きづらさを感じています。

常に周りの顔色を見たり、自分に罪悪感を持っているので、生活が常にストレスいっぱいになり、不眠や憂うつ感などが起きてしまいます。

 

アダルトチルドレンの生きづらさを解消するには、自分の考え方のゆがみに気づいて、修正をしていくことが必要です。

自分でやることもできますが、専門のカウンセラーの指導のもと行うことをおすすめします。