ツボで不眠対策

どうにも寝付きが悪かったり、ぐっすり眠れなかったりするけれど、睡眠薬を使うのはちょっと怖い・・・という方、ツボ押しは試してみましたか?

 

不眠に良い、即効で眠くなるツボがあります。

でもツボ押しってうさんくさい、効果があるの?と思う方もいるかもしれませんが、実はツボの効果はWHOも認めて現在でも研究が進められている科学的根拠があるものとなっています。

 

ツボで本当に眠れるのか、科学的根拠はあるのか、眠れないときにおすすめの眠れるツボはどこか、押し方をこの記事で紹介していきます。

寝れない時に良いツボってある? どうしてツボ押しで眠くなるの?

最近寝付きが悪い、ぐっすり眠れないときふとツボ押しは不眠に効果があるのかな?と思うこともあるかもしれません。

結論からいうと眠れないときに特定のツボを押すことで不眠をやわらげることができます

 

ただ東洋医学ってうさんくさい、ツボ押しに本当に効果なんてあるの?と疑問に思う方もいるでしょう。

ですが実は現在ツボに科学的根拠があることが認められているのです。

 

2006年に茨城県つくば市でWHO(世界保健機関)が「経穴部位国際標準化公式会議」というものを開き、体の361の箇所を国際標準の経穴(ツボ)として認定しました。

現在の日本でも使える分野は限られていますが鍼灸(しんきゅう)治療は健康保険を適用させることもできます。

 

ツボ押しが体調不良に良いのは、ツボを刺激すると自律神経が活発になって血流を改善したりできるからです。

 

 血流が改善するとカチカチにこわばってた体がリラックスしたり、栄養が血に乗せられてしっかり全身にまわって疲労回復しやすくなるんです。 

 

 

不眠を解消するツボ10選+押し方 寝れない時に即効でリラックス

百会(ひゃくえ)

眠れるツボ 百会 天柱 完骨

耳たぶから頭の上の方に沿った線と顔の中心線が頭のてっぺんで交わる場所にあります。

周りと比べてちょっとやわらかくなっています。

自律神経の乱れを整えてリラックス作用が得られます。

両方の中指で、ゆっくり押しては離すを何回か繰り返しましょう。

 

 

失眠(しつみん)

不眠 ツボ 湧泉 失眠

かかとのちょうど真ん中にあるツボです。

直接不眠に効果があります。

少し強く刺激しないと効果がないので、ボールペンの頭などを使って少し強めに押しましょう。

 

安眠(あんみん)

ツボ 安眠

耳たぶの後ろに少しくぼんだところがあると思います。

そこから少し斜め上にあるツボです。

失眠と同じく直接不眠に効果があります。少し強めに10秒くらい指圧しましょう。

 

合谷(ごうこく)

ツボ 少衝 合谷

人差し指と親指の間から少し手の甲に向かったところにあります。

万能のツボと言われていて頭痛、目の痛み、歯痛、眠れない、肩こり、耳鳴りなどとても多くの症状に効果的です。

3秒押して、3秒離してを繰り返しましょう。

 

労宮(ろうきゅう)

ツボ 労宮

手のひらのちょうど中央に位置するツボです。

ストレスやいらいらを抑えて不眠に効果があります。

1回5秒押すのを5回やりましょう。

 

少衝(しょうしょう)

ツボ 少衝 合谷

小指の爪の生え際で、薬指よりの場所にあるツボです。

下半身のむくみを解消するほか、イライラやストレスをやわらげます。

動悸や胸痛など心臓が原因の体調不良にも効果的です。

 

完骨(かんこつ)

眠れるツボ 百会 天柱 完骨

頭を後ろからみたときに、頭から首にかけてくびれる部分のところにあるツボです。

頭痛、めまい、首こり、目の疲れ、不眠に効果的です。

両手で後頭部をおさえるようなポーズで、親指で押しましょう。

 

天柱(てんちゅう)

眠れるツボ 百会 天柱 完骨

首の後ろ側にあるツボで、完骨よりも内側の部分にあります。

頭痛、目の疲れ、ストレスをやわらげるのに有効です。

両手で後頭部をおさえるようなポーズで、親指で押しましょう。

 

湧泉(ゆうせん)

不眠 ツボ 湧泉 失眠

足の平の中央よりやや上にあるツボです。

下半身の冷えや不眠に有効です。

 

太陽(たいよう)

眠くなるツボ 太陽

こめかみからやや目尻よりにあるツボです。

目の疲れや頭痛に効果的です。

人差し指に中指を添えてゆっくり押しましょう。

 

 

ツボを押すことによる不眠解消、リラックスや疲労回復は薬のようにびっくりするほどばしっとすぐに感じられるわけではないので注意が必要です。

ただ、手軽にできるものなので不眠で悩んでいる方はすぐにでも実践してみましょう。

 

 

ツボ押し以外にもある! 眠れないときに薬を使わないでできる簡単対策

布団に入ってもなかなか眠れない・・・

熟睡できない・・・

こうやって悩んでいてもできれば薬は使いたくないですよね。

 

そんなときに良い不眠に効くツボ以外にも薬を使わない簡単な対策法を3つ紹介いたします。

 

寝る1~2時間前に入浴する

人はゆっくりと深部体温が下がってくると眠くなってきます。

 じっくり入浴すると深部体温がじわじわ上がって、寝るころには段々と下がってきて寝つきが良くなります。 

熱いお湯につかると逆に神経が興奮してしまうので、38~39度くらいのぬるま湯につかりましょう。

 

寝る1~2時間前から明かりを弱くする、スマホやPCをひかえる

人は夜になって周りが暗くなるとメラトニンという眠くなるホルモンを体内で放出します。

ですが 目に光を浴びるとこのメラトニンの働きが邪魔されてしまい、寝る時間になっても眠気が起きにくくなります。 

部屋の明かりを調節できるなら、弱くしたり、スマホやPCは寝る前は控えて自然な眠気を邪魔しないようにしましょう。

 

睡眠サプリを使う

睡眠サプリは身体をリラックスさせてくれたり、ストレスをやわらげてくれる栄養を補給して眠れない悩みをサポートしてくれます。

 薬と違って副作用はないですし、毎日飲むだけで良いからお手軽 です。

 

毎日なかなか眠れなくて疲れがとれない、朝だるいと困っていた妻が使ってみて良かったグッドナイト27000がおすすめですよ。

初日から実感できましたし、2週間もたつと布団に入ると気づかないうちに眠れるように。

毎日よく眠れるから、毎朝すっきり起きられて体も軽くて快適になりましたよ。

 

1日あたり170円くらいですし、なんとなくだるい毎日から解放されると思ったら手放せません。

使ってみたレビューも書きましたので、こちらもぜひ見てみてください。

不眠の妻がグッドナイト27000を使った口コミレビュー

 

 

まとめ

ツボを刺激すると自律神経が活発になって、血液循環が良くなるので

  • 疲労回復が促進
  • 体のこりがほぐれてリラックス

などの効果が得られます。

 WHO(世界保健機関)もツボの国際標準を決めたので、ツボ押しには科学的根拠もあります。 

 

寝れない時に、「眠れない」を即効で解消できるツボはこの10個です。

  • 百会・・・頭のてっぺん
  • 失眠・・・かかとの中央
  • 安眠・・・耳たぶの後ろ側
  • 合谷・・・手の親指と人差し指の間、根元の部分
  • 労宮・・・手のひらの中央
  • 少衝・・・小指の爪の根本(薬指側)
  • 完骨・・・頭と首の間のくびれあたり
  • 天柱・・・首の後ろ側
  • 湧泉・・・足の平の中央
  • 太陽・・・こめかみあたり

 

薬を使わないで簡単にできる不眠対策は他にも

  • 寝る1~2時間前にお風呂にじっくり入る
  • 寝る1~2時間前から明かりを弱くする、スマホ・PCは控える
  • 睡眠サプリを使う

などがあります。

 

おすすめは睡眠サプリです。

なかなか眠れないせいで、毎朝起きたらもう疲れてて困っていた妻がグッドナイト27000という睡眠サプリを使ったら良かったですよ。

初日からスッと眠れるのを実感できて、2週間使い続けたら毎日よく眠れるから疲れも残らないし、毎朝すっきり起きられるように。

薬みたいな副作用もないし、1日170円くらいでこんなに体が軽くて快適になるならもう手放せません。

グッドナイト27000について詳しくはこちら